私の職場紹介

7年目の職場/職場で信頼をつくる大変さ/初めて有休がとれた先輩

私はいまの職場(医療)で働いて7年目になりました。
先輩2人がいて、労働者は私を含めて全員で3人しかいません。と言っても午前中しかいない人と毎週水曜の午後しかいない限られた時間のなかでしか一緒に仕事ができないという状況……
団結をどうやって作ろうかと、とても悩みました。個人病院なので院長も実際には一緒に仕事をしているし、一人の先輩は20年以上も働き続けているベテランさんで、院長とも仲が良く、どこから入っていこうかと考えてばかりでした。
まずは、仕事をきっちりとして先輩からの信頼を得ることだ! と思い、なるべく休まずに職場にいきました。
最初はあいさつくらいしか会話がなかったのが、だんだんと話せるようになり、些細な会話や、先輩の家庭の話などを聞きながら、その人の生活状況とか世の中に対して思っていることを知れるようになりました。
そしてそこで分かったのが、一度も有給休暇をとったことがないということでした。
20年以上も働いているのに、一度もとっていないと聞いた時は驚きました。でも「とっていないんじゃなく、とれないと思っているんだ」と私は思いました。話してみると先輩はパート労働者なので、有休があるとは思っていなかったそうです。
具合が悪くても休まずに来ていたので、思い切って有休はとれるんだと話したら、驚きと同時に怒っていました。
そして、2人で一緒に院長のところに行って有休をとります、と言いに行き、先輩は有休をとることができました。そこから、信頼を得ることができ、職場の外で会うこともできました。
そんな中で起きたのが東日本大震災と原発事故でした。
原発事故で明らかになったこと、安全神話はウソで、まったく安全ではなかった! 今まで騙されていたんだ! と先輩は怒り、反原発集会に参加できないからと、どんな集会になったかを聞いてくれるようになりました。
国に対する疑問や怒りと、院長に対しての疑問と怒りを一つにしていけるように、これからも職場でがんばりたいと思います。(M)