団結して闘うことを労働者の選択肢に

組合員のみなさん。共に闘う仲間のみなさん。
ちば合同労組は節目となる第10回大会を開催しました。結成から9年、地域の合同労組として組合作りに取り組み、10月2日には4労組を集めての労働者集会をかちとるなど、一定の前進をかちとった地平の上に第10回定期大会を開催しました。
この1年間の闘いの中で、ユニオン習志野に続き、介護職場での分会や地域の病院での新労組の設立は、ちば合同労組の建設にとって本当に決定的なことです。職場分会の成否は地域合同労組運動の今後に関わるテーマです。
職場の状況を変えるためには、なんといっても労働組合を自分たちで作って、団結して会社と闘うこと、行動を開始することです。この精神と実践を復権させることが私たちの使命です。
これから第20回大会を目指して新たな闘いを開始したいと思います。成果としては本当にささやかですが、これまでの方向性に確信を持ちつつ、今後の課題は、これを量に転化することではないかと考えています。
n0076_01_01a 誰でも加入できる身近な地域の合同労組という特質を活かし、より広範な労働者の中に入ってゆき、労働組合をつくって団結して闘うことが労働者の選択肢になるような存在を目指します。
多くの闘いは、一人から始まりますが、ここから職場の仲間の団結をつくりだし、地域的な団結へと結びつけ、やがては全国の団結へと拡大してゆけば、韓国・民主労総のよう闘いは可能です。
11月6日の全国労働者集会に結集し、労働者の団結の力を示そう。
(委員長)

ちば合同労組ニュース 第76号(2016年11月1日発行)より