編集後記

2月は、館山集会・国鉄集会・習志野裁判と、ご参加のお願いが多いですがよろしくお願いいたします。ちば合同労組の分会や動労千葉では、春闘に向かって準備が始まっています。春闘集会の計画されています。2017年、ちば合同労組の飛躍をかけてがんばってきましょう。(S)

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

国鉄分割・民営化で不当解雇から30年

2・12国鉄集会

国鉄分割・民営化による不当解雇から30年を前にした2月12日、すみだ産業会館で国鉄1047名解雇撤回の集会が開催されます。
動労千葉と国鉄1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)は、JR採用差別裁判において一昨年6月30日、最高裁をして不当労働行為を明確に認めさせ、「相当程度において(JR東日本に)採用されていた可能性があった」と認定させました。
国鉄1047名解雇撤回闘争は戦後最大の労組破壊攻撃と30年間にわたり闘ってきました。日本の労働運動の歴史において国家をあげた攻撃に対しこれほど長期に非妥協的に闘争を貫いた歴史はありません。今こそ労働運動を再生させる努力を国鉄1047名解雇撤回闘争のもとに結集させることは本当に大きな意味があります。ぜひ集会へのご参加を!

日時 2月12日(日)午後6時(開場5時半)

場所 すみだ産業会館8階サンライズホール/東京都墨田区江東橋3―9―10
(JR錦糸町駅前の丸井錦糸町店8階)

ちば合同労組ニュース 第79号 2017年2月1日発行より