習志野市障がい者解雇撤回裁判 さらなるご支援を

習志野市役所における障がい者不当解雇撤回を求める第一回裁判(12月9日)は、報道陣も含めると約100人が集まり、傍聴券は抽選となりました。多数の結集ありがとうございました。千葉テレビのニュースとなり、各紙も取り上げました。
障がい者枠で採用しながら、「能力不足の障がい者はいらない」という習志野市長に対して、私たちはAさんの解雇を撤回し、Aさんに謝罪させ、職場に復帰させることを求めます。

次回の裁判は2月17日(金)午後1時半から千葉地裁で行われます。平日で寒い時期とは思いますが、傍聴へのご参加をお願いいたします。

ちば合同労組ニュース 第78号(2017年1月1発行)より