習志野市障がい者解雇撤回裁判

2・17千葉地裁に大結集を

習志野市の障がい者解雇事件の昨年12月9日の第1回裁判の傍聴には百人以上が集まりました。ちば合同労組は、ユニオン習志野と共に裁判支援を進めていきます。
習志野市民を中心に「習志野市障がい者雇用を求める会」の準備会が結成され、ウェブサイトも公開されています。http://mayday.sub.jp/n.koyou/
ウェブから署名用紙もダウンロードできます。組合員の皆さんのご協力をお願いいたします。
次回の裁判は2月17日(金)午後1時30分からですが、11時30分頃から市内デモが計画されています。多くの方のご参加をお願いします。

ちば合同労組ニュース 第79号 2017年2月1日発行より