日比谷野音4800人

労働運動の力 取り戻せ

 関西生コン支部・港合同・動労千葉の3労組が呼びかける全国労働者総決起集会は、今回で20年の節目を迎えました。東京・日比谷野外音楽堂に11月5日、米トランプ大統領来日の戒厳体制の中で4800人が全国から集まり、労働運動の復権に向けた決意を固めました。韓米独の海外代表団も参加しました。
 今年の集会は、2部構成として改憲阻止に向けた大行動として開催されました。入場行進やコール、歌や律動、寸劇など例年とは違った企画もたくさんあり、雰囲気も変わり、「来年は、もっと職場で声を掛けて一緒に来よう」との声も

ちば合同労組ニュース 第88号 2017年12月1日発行より