【編集後記】2015/10

【編集後記】

介護施設Sアミーユ川崎幸町での度重なる事故に関連してテレビでは介護職員に対するバッシングが連日報道された。マスコミのやり方は嫌いだが、あの映像を繰り返し見せられて職員を擁護する気も起こらなかった。そんな中、東京北部ユニオン・アミーユ支部が「事故の一切の責任は会社にある」との声明を出した。動労千葉の反合・安全闘争路線に貫かれた素晴らしい内容に感動。介護をする者にとっては誰も明日は我が身である。「これで闘える」と思った。(A)

n0063_04_01b

安保関連法案の参院本会議で強行採決された9月19日。大阪駅前に、全日建連帯労組関西生コン支部のミキサー車10数台が登場した(写真)。集まっていた6千人のプロテスターたちからは拍手喝采! サスガ!(K)

ちば合同労組ニュース 第63号(2015年10月1日発行)より

労働学校へご参加を2015/10

労働学校へご参加を

基礎編

戦後労働運動史①
戦後労働運動の再建期に労働者はどう闘ったか
講師 伊藤 晃(日本近代史研究家)
『無産政党と労働運動』(社会評論社)
10月17日(土)13時~ DC会館2階(JR東千葉駅前)

実践編

韓国民主労総―結成から20年をふりかえって
講師 金 元重(千葉商科大学教授)
10月24日(土) 13:00~ DC会館2階(JR東千葉駅)

ちば合同労組ニュース 第63号(2015年10月1日発行)より

また一人 退職 この現実を闘いに転化するには

職場でまた一人 退職した

この現実を闘いに転化するには?

n0062_01_01a マイケル・ムーア監督の『シッコ』を観た。米国における医療制度と諸外国の「社会主義的な」医療制度とを対比し、米医療制度がいかに歪められているのかを描く。
ふと気付かされたのは、医療制度の充実した英仏の人間ではなく、米国人の視点で映画を観ている自分である。

薬局で「日用品、置いてないの?」と訊くシーンには苦笑した。日本もすでに営利目的の医療が忍び込んでいる。
介護もそうだ。介護保険制度で「介護の社会化」と言いながら、同時に「営利目的の介護」を生み出した。その毒がじわじわと社会を深淵に追い込んでいる。
映画で印象に残ったのは、ある人の発言だ。「戦時中は完全雇用が実現した。人を殺すためにできることが、人を
救うためにできないはずはない――」
職場ではまた一人職員が辞めた。人員不足で無理なシフトを組まれ、睡眠障害になって仕事に穴をあけ、自主退職
に追い込まれた。

職場はますます人員不足になり、まともにシフトを組めない。残業込みが当たり前、充分な休息を確保できずに次の勤務。さらには他部署の応援のために夜勤明けで働け、と言う。それを〝有志〟の体裁をとって利用者を人質に迫ってくるのだ。
決まって聞く言い訳は「募集しても人が来ない」。しかし、それは違法残業させてよい理由にはならない。人を減
らして経営はボロ儲けしている。

このままでは事業所閉鎖の危機だ。従業員全員解雇もあり得なくはない。その前にどうやったら増員させ、事業所を存続させ、仲間の雇用を守ることができるのか、現実的に闘いの方針を出さなければならない。

資本主義の論理がいかにデタラメであるか、私たちがいかに簡単に騙されているかを考えながら映画を見終えた。

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

連載・介護労働の現場から 〈28〉貧乏人の嫁

 貧乏人の嫁

仕事がなくなったので、長らく会っていない友人と会ったり、家族と向き合う日々が続いた。
家族は「介護はやめなよ。何一つ良いことがないでしょ。給料が安い。身体は酷使する。プライドはズタズタ。労基法違反ばかり。何か人の役にたつことをやりたけりゃ、まともな仕事について空いた時間にやれば?」

一緒にコールセンターをやめた友人たちは、介護職からそれぞれコールセンターと派遣の事務職に転職し、いきいきしていた。
「あらかんちゃん、正社員はその歳じゃ無理だけど、パートなら紹介してあげるよ。パソコンと英語ができれば派遣でもなんでもあるよ。介護は絶対やめなよ。顔つきも性格も悪くなるよ」
同じ職場で働いていた和田さんも介護の仕事は辞めるという。
「あらかんさんが辞めて、大変だったよ。利用者さんにはなんで辞めたと責められるし、言うこと聞いてくれなくなったし、力石さんが排泄でも入浴でも力づくでやるので、そのうち虐待が起きるんじゃないかと心配だし、仕事に行くのが嫌で嫌で、やめちゃった」
ハローワークや求人誌には、できそうな職種や条件にあうのはいっぱいあるが「定年60歳」という条件にひっかかる。結局、警備・管理人・介護なのか。
労働相談では「清掃」もありますよと言う。清掃もいいが、一日の労働時間が長い清掃は若い人が対象だ。
「若い人も最近は仕事ないんで、清掃・介護・警備なんかにどんどん食い込んでいますからね。やっぱり介護ですかね。資格も経験もあるので、条件のいいところをじっくり探したらどうですか?」
と、バイトらしき相談員が言い、介護に特化した「介護相談窓口」を紹介してくれ、そこに登録した。

わたしは介護の仕事が嫌いではない。お年寄りと話すことは楽しい。以前、日雇い労働者の支援活動をしていたときに、たき火を囲みながら、老人になった労働者たちと話をするのは最高に楽しかった。彼らが怒鳴ったり、ひねくれていても気持ちは通じ合う。
その老人たちがないがしろにされてたり、自由を奪われている社会状況が嫌だ。

n0062_03_01a今の、介護保険制度下での介護労働というのは、老人たちを差別し排除している労働だからなおさら辛いのだ。
まともな給料や労働条件なくして、まともな介護はない。
これまでの民家を改造した貧乏くさい施設じゃだめだ。冷暖房は効かないし、バリアフリーもない。食費も足りない。何か不足しても買ってくれないので自腹を切る。…そんな貧乏人の嫁みたいな境遇はみじめだ。今度はもっと金持ちに嫁ぐ。おなじ差別を受けてる嫁なら、ラクできるとこがいい。
(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

映画 『二十四の瞳』を紹介

『二十四の瞳』(松下奈緒主演・2013年版)

n0062_03_01b 安倍の70年談話や安保法案など物騒な雰囲気ですが、戦後70年ということで『二十四の瞳』を紹介します。
原作は坪井栄。作者の故郷・小豆島が舞台と思われます。1928年から敗戦翌年までの18年間が描かれ、新任女性教師・大石先生の赴任から始まる。12人の教え子たちはみな大石先生を慕い、彼女もまた「この子たちの美しい瞳をにごしてよいものか」と願う。しかし戦争の波は否応なく子どもたち運命を翻ほんろう弄する。戦地へ赴く教え子に「名誉の戦死などするな、必ず生きて帰れ」。声をひそめて伝える大石先生。

大石先生は敗戦後、再び教壇に復帰する。ラストは教え子たちとの再会シーン。12人の教え子は7人に。貧しく遊郭()ゆうかくに売られた者、消息を絶った者、病死した者、戦死した者、戦場で失明した者……大人になった彼らは、大石先生を囲み、小学1年のあの日一緒に撮った写真を見る。

心の奥にズシリと来る。この映画が反戦映画か否かなんて議論もあるが、どうでも解釈できる。大石先生自身は戦時教育を厭いとい教師を辞した。しかし教え子の多くが戦争で傷つき死んだ。個人の生き方や良心を超えた問題にも思える。
小林秀夫は「この戦争は一部の人たちの無智と野心とから起こったか、それさえなければ、起こらなかったか。どうも僕にはそんなおめでたい歴史観は持てない。僕は歴史の必然性というものをもっと恐ろしいものと考えている」と言った。
確かに資本主義には戦争を引き起こす歴史の必然性がある。しかし、これを覆す力もまたある、と私は思う。〝運命〟や〝歴史の必然性〟に立ち向かうことが労働運動に求められているように思う。

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

労働学校・武谷新吾さん講演

 「人の痛みを己の痛み」

関生型労働運動の実践

労働学校・武谷新吾さん講演

〝労働運動に夢を〟

8月22日、動労千葉の労働学校実践編は、関生の武谷新吾書記次長が講師でした。
全日本運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生、かんなま)は、関西の労働組合では通称「連帯」の名で、知る人ぞ知る有名な労働組合。
動労千葉や港合同とともに3労組共闘をつくり、毎年11月に日比谷野外音楽堂で全国労働者集会を開催している。
関生は、その強力な闘いによって高水準の労働条件をかちとっている。
特筆すべきは、資本に対し、運んだセメントの1立方㍍(リューベ)あたり100円を「生コン基金に入れる」ことを約束させることを要求して闘っている。これを労働組合の事業にしている。
「関生は脅して、もろてるだけやろ」と言われることもあるらしいが、「敵の武器をとって米軍と闘う」というベトナム戦争でのヴォー・グェン・ザップ将軍の思想がルーツとのこと。
これで、年金保障や総合レジャーセンターや介護施設、心療内科など色々な施設をつくるのだという。
「労働運動には夢がなかったらあきまへんから」と武谷さんは意気込む。

n0062_04_01a

かちとった条件

2千人を超える組合の幹部を務める武谷さん。しかし、はじめは日雇いの生コンの運転手、一労働者だった。生コン会社から受け取った額は一日2万円。普通の運輸産業であれば日給で1万円くらいだった。
「こんなにもらっていいんですか」と会社側に話そうとしたら、分会長がやってきて「ややこしいこと言うな。関生がかちとってきたんや」とストップがかけられた。そして2時間半、「労働組合とは何か」「関生の歴史」をこんこんと教えられたという。
「先輩らがすごいんです。僕なんかバブルの頃は遊んでただけですわ」
労働条件がいかにつくられてきたのか。それは闘ってかちとるべきものだということだ。武谷さんも、執行部とな
り警察の弾圧やヤクザとのやり合いを闘って、その労働条件を守ってきた。

労働者教育の意義

関生では、ある組合員が不当労働行為や権利侵害が発生したら、仕事中でも動員をかけてただちに駆けつけて抗議して撤回させる。50人くらい組合員がすぐに集まるそうだ。強力な仲間意識であり連帯が背景にある。
そして、コツコツとした日々の労働者教育、学習会活動、「人の痛みを己の痛みと感じるような労働運動」という武委員長の労働運動哲学がある。
関生は来年度から大阪労働学校を開講し、歴史や哲学も含む講座を展開するという。関生の運動はますます勢いがつきそうだ。(組合員K)

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

【編集後記】ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

【編集後記】

n0062_02_01a安保法案に反対する8月30日の国会デモに参加しました。12万人が集まりました。国会議事堂正門側は警察の規制が瓦解し、人、人、人で埋め尽くされました。60年安保闘争の写真のようでした。大勢の人びとの気持ちと行動力を実感しました。(S)

ジブリの『火垂るの墓』を久しぶりにテレビでみた。高畑勲監督は「この映画では、こういう目に遭わないためには戦争が必要という論理には勝てない」という趣旨のことを言っていました。ちょっと考えさせられます。(T)

関西生コン支部の武谷さんの講義は勉強になった。労働組合には〈モノの見方・考え方〉が必要なのだと思いました。労働者全体に影響力を及ぼす構想と闘いが労働運動には必要です。関生は確かにすごいけれども、それはただ労働者の団結によって生まれているのです。(M)

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

職場で労働組合を結成

職場で労働組合を結成

同じ職場で働く仲間の労働条件の不利益変更を撤回させた。合同労組にありがちな駆け込み寺的な団交スタイルではなく、職場で分会を結成し、職場から多くの仲間が団交に参加した。この力でもぎ取った勝利だった。
いくら法律を駆使しても、正義を振りかざしても、仲間をつくらなければ勝てないし、たまたま勝ててもその勝利の地平を保つこともできない。

n0061_01_02aどんなに小さな職場でもいい。合同労組に結集するすべての労働者の職場に分会を、団結をつくろう。
労働組合が現場で当たり前の組合活動をしていれば自ずと見えてくるものがあるはずです。(副委員長)

ちば合同労組ニュース 第61号 (2015年8月1日発行)より

不当労働行為を認めさせた-28年闘う解雇撤回闘争

不当労働行為を認めさせた

28年闘い続けてきた解雇撤回闘争

動労千葉は、1987年の国鉄分割・民営化に反対して全国で唯一2波のストライキを闘いました。
そして1989年の段階で1047名の労働者が不当解雇され、以来28年間、闘い抜いて来ました。いわゆるJR採用差別事件をめぐり最高裁判所は6月30日、動労千葉の上告を棄却しました。

判決は、JRへの採用基準の策定に際し、分割・民営化に反対する組合に所属する組合員を不当に排除する目的で不採用の規準をつくったことは、不当労働行為だと明確に認定しました。

ところが判決は、解雇撤回もJR復帰も認めず、ただ慰謝料の支払いを命じただけです。労働運動をしている者にとって、不当労働行為を認めた以上、原状回復=解雇撤回は〝常識〟です。最高裁決定は、労働運動の常識を覆す反動判決であり、これで闘いの旗を降ろすわけにはいきません。

とはいえ国鉄分割・民営化が国家的な不当労働行為であったことを裁判所に認めさせたことは、労働運動の歴史において、ある種の大事件です。国鉄分割・民営化と国鉄改革法は違法・不当であり、間違っていたことを裁判所に認定させたのです。
社会保険庁の民営化→年金機構の時も、国鉄分割・民営化と同じ手口で、年金機構へは新規採用という仕組みで500人を超える労働者が解雇されました。これも不服申し立てをした二十数人が解雇撤回になっています。

今回の判決や社保庁での解雇撤回は、国や自治体による別組織の新設→選別新規採用の方式で労働者を解雇する仕組み自体が不当労働行為であることがほぼハッキリしたということです。これは本当に大きなことです。
いま動労千葉は、JRの職場では外注化(アウトソーシング)と非正規雇用化に反対し、清掃職場などにも組合加入を呼びかけて闘っています。ちば合同労組も共に闘います。8月23日の報告・決起集会に多くの組合員が参加されることを呼びかけます。

————————————————-

集会案内

最高裁棄却決定弾劾!/1047名解雇撤回!

8・23総決起集会

日時 8月23日(日)午後1時30開始(開場13時)

場所 星陵会館(東京都千代田区永田町2ー16ー2)
有楽町線・半蔵門線・南北線永田町駅6番出口
千代田線国会議事堂前駅5番出口
銀座線・丸の内線赤坂見附駅11番出口

主催 動労千葉/国鉄闘争全国運動

ちば合同労組ニュース 第61号 (2015年8月1日発行)より

千葉労働組合交流センターが総会

職場で組合結成とストを

千葉労働組合交流センターが総会

n0061_02_02a

7月25日に千葉労働組合交流センターは26回目の総会を迎えることができました。

合同労組から委員長や青年部長を始め、多くの皆さんがかけつけてくれました。
今回は、国会における戦争法案の強行採決と、動労千葉への「国鉄1047名解雇撤回裁判」の最高裁決定(6月30日)という、労働運動にとって重大な情勢の中で千葉県における反撃のゴングを鳴らせた総会だったと思っています。

冒頭で、この前日に県内の自治体関連労組が結成されたことを報告すると、会場が感動に包まれました。40年にわたって職場で闘ってきたことと、動労千葉の物販支援運動をベースにして、闘いを放棄する既存の御用組合をしのぐ単組結成へつながったことは、感慨深いものがあります。
もう一つ、大事な議論は、〈安保・戦争法案に反対して職場でストライキで闘うべきではないか?〉という提起が出され、これをめぐって活発な討論になりました。
結論としては、「ストを闘うためにも組合権力に挑戦しよう」「動労千葉のストライキのときは、みんなも年休をとって支援に行こう」という話になりました。ここに至るまでの有意義な議論ができたと思っています。

それぞれの会員の職場闘争の前進と、動労千葉、ちば合同労組、労組交流センターの3団体みんなの力で総会が成功しました。
この団結と力を拡大させて10月の千葉県労働者集会(予定)、11・1全国労働者総決起集会の成功へがんばっていきましょう。
全国労組交流センターは1989年、総評が解散し連合が結成される状況の中でに国鉄闘争勝利と労働運動の再生を訴えて動労千葉の中野洋委員長と、中立労連元議長の佐藤芳夫さんの呼びかけで結成されました。
ちば合同労組は、単組として千葉労組交流センターに入っています。JRや自治体、学校や郵便局、そして民間などあらゆる職場で労働組合運動を推進するのが労組交流センターの運動です。

ちば合同労組の皆さん、ぜひ労組交流センターの運動にどんどん加わって、いろんな産別の仲間と交流・団結していきましょう。また機関誌『月刊労働運動』は、組合事務所に置いてあるのでぜひ手に取ってみてください。
(W)

ちば合同労組ニュース 第61号 (2015年8月1日発行)より

1 14 15 16 17 18 21