映画紹介『わが谷は緑なりき』

映画紹介『わが谷は緑なりき』

 『駅馬車』『荒野の決闘』のジョン・フォード監督。舞台は1870年代の英国ウェールズの炭坑町。名作です。
 故郷の谷を去ることとなった主人公ヒューが少年時代を回想。モーガン家の男たちは末っ子ヒューを除きみな炭坑夫。父と5人の兄はその日の稼ぎを母に渡し、姉アンハードが用意したお湯で身体を洗い、食事につくのが日課だった。アンハードは長男の結婚式で、新たに赴任してきたグリュフィード牧師と出会う。
 数日後、会社の賃金カットに反対して息子たちは組合結成を決意する。だが父の反対にあい家を出る。やがてストライキとなり父は仲間から非難を浴びる。集会で反論した母は帰り道、真冬の川へ落ち、助けようとしたヒューが重度の凍傷に。絶望するヒューの力となったのが牧師だった。姉と牧師は互いに惹かれてゆく。だがアンハードに炭坑主の息子との縁談話が持ち上がりグリュフィードは身を引く。
 やがてヒューは隣町の学校に。貧しい炭坑夫の息子とからかわれケンカに。谷の人びとは憤慨しヒューにボクシングを教える。ガキ大将からも一目置かれ、首席で学校を卒業。
 ストライキは終わったが炭坑の仕事は激減。兄たちは新天地を求めて谷を去る。長男が事故死し、ヒューは進学をあきらめて炭坑で働き始める。姉は結婚生活が破綻し谷へ帰ってくるが牧師との心ない噂を立てられる。牧師は谷を去ることに。その時、炭坑から落盤事故を知らせる警笛が鳴り響く…
 そして冒頭シーン。「今はボタ山となったこの谷も、かつて人の心は清く美しい緑の谷だった」。『天空の城ラピュタ』のモチーフの一つとされる映画です。

ちば合同労組ニュース 第87号 2017年10月1日発行より

映画紹介『国際市場で逢いましょう』

映画紹介『国際市場で逢いましょう』

 戦後の韓国の歴史を生き抜いた人間の一生を描き、非常に濃密な物語だ。韓国では歴代動員2位の大ヒット作。
 朝鮮戦争、中国軍参戦で米軍が一般市民1万7千人と共に興南港から撤収した有名な作戦がある。冒頭シーンは迫力映像。まだ幼い主人公は背負っていた妹を見失う。父が「今日からお前が家族を守れ」と言い残して妹を探しに下船する。
 父と再会を約束した釜山の国際市場で主人公は母と2人の弟妹と共に育つ。やがて成長した主人公は、弟の学費や家計のため西ドイツの炭鉱への出稼ぎに。さらにはベトナム戦争に民間技術者として従軍。危険な炭坑や戦場で何度も死線をさまよって…という話。映画は、現代から過去を回想する展開なのだが、国際市場で学生たちが外国人労働者に嫌がらせをするのをみて老人となった主人公が激怒し、学生とつかみ合いになる場面が印象的で、重要な伏線になっている。
 60~70年代、韓国からは大勢の炭鉱労働者・看護師が西ドイツに出稼ぎに行った。危険で過酷な労働。韓国はベトナム戦争には延べ30万人もの兵士を送った。これにより朴正煕政権は米国から巨額のドルを獲得し、ベトナム特需で韓国の財閥は生まれた。韓国労働者には日本とは違う歴史がある。
 終盤、生き別れの妹と再会する。韓国の放送局が83年に特別番組「離散家族を探しています」を企画。当初100分の放送予定が大勢の離散家族が押し寄せて138日453時間余の生放送が続いた実話に基づく。ただ圧倒される。
 韓国の歴史における重要な出来事と1人の人間の歴史を1本の映画にした力作。『3丁目の夕日』より断然おすすめ。

ちば合同労組ニュース 第86号 2017年9月1日発行より

映画紹介『リフ・ラフ』/ケン・ローチ監督-1990年制作

映画紹介『リフ・ラフ』

 労働者階級を描くイギリス映画は何本も観たが、労働者の連帯感や暖かみを感じる、そんな思いを強くさせる映画だ。ケン・ローチ監督で1990年制作の映画。サッチャー政権時代の最後あたりのロンドンが舞台。
 主人公スティーヴは刑務所を出た後、建設現場の仕事に就く。そこでは雇用保険も払わない雇用主がムショ帰りや偽名などワケありの労働者を日雇いしている。現場責任者の口癖が「毎週木曜日は給料日。しょーもない奴はクビになる日だ」。
 映画は主人公が路上で寝袋で寝ているシーンから始まるのだが、新入りに住む所がないことを知ると、みんなで「空きビル」へ引っ越し作業。スクワットと言い、空きビルや空き家を占拠して住むことは欧州ではよくあるらしい。
 建設現場では、互いにからかったり、助け合ったり。かと思えば、賭博や、偽名のため賃金の小切手を換金できない労働者から手数料をぼったくろうとしてケンカになったり…
 ある日、スティーヴは現場で忘れ物のバッグを見つけ、歌手志望のスーザンと知り合う。彼女が歌う酒場のステージに仲間と出かけるが、ちょっとした「騒動」が起き、スーザンが『With A Little Help From My Friends』を歌う。「自分は歌うのが下手だけど、君のような友達がいればなんとかやっていける」という歌詞。かつてなくビートルズの曲がイカした感じに聞こえた。
 映画は、スーザンともハッピーエンドにならず、組合活動家ラリーの解雇や仲間の転落死と続く。主演は『トレインスポッティング』に出演したロバート・カーライル。彼の軽快な感じが映画を成り立たせる。最終シーンはトレスポのノリだ。

ちば合同労組ニュース 第85号 2017年8月1日発行より

映画紹介 『サンドラの週末』

映画紹介『サンドラの週末』

 ソーラーパネル工場で働くサンドラ。体調を崩して休職していたが復帰のメドが立った矢先の金曜日、上司からの電話で解雇を告げられる。臨時ボーナスかサンドラの解雇かの職場投票で16人中14人が賛成したというのだ。同僚のとりなしで、週明けの月曜日に再投票を行い、過半数がボーナスの放棄に賛成すれば解雇を撤回することに。仲間を取るかボーナスを取るか――週末、サンドラは家族と仲間に支えられながら、同僚たちを説得するため奔走する……という話。
 念のため、労働組合の実務においても法律においても絶対に認めることができない不当解雇であることは付記しておきますが、それでも興味深い設定の映画だった。

 ある同僚は配偶者が失業し、ボーナスがなければ生活できないと訴える。ある者は生活費が足りず週末も別の仕事。移民の非正規労働者は今度は自分がクビになると苦悩。仲間を裏切ったことに罪悪感を持ち、サンドラの訪問に涙を流す者。ある女性労働者は夫とサンドラの間にはさまれ葛藤。この町では転職しようにも仕事はほとんどない。ようやくありついた仕事を簡単に手放すことはできない。ボーナスも切実だ。
 サンドラは何度もあきらめ泣きわめく。「自分は必要ない人間なのか」「会社に残れたとして仕事を続けられるのか」。彼女が生きる自信を取り戻すため必死で支える夫や仲間。

 解雇投票は極端でずいぶん後退したラインでの労働者の闘いという印象もある。でも外注化や非正規労働者の導入など同じ状況はどんな職場にもある。職場の労働者全員と向き合い、討論する――ここに普遍性と可能性を見た思いがする。

ちば合同労組ニュース 第84号 2017年7月1日発行より

映画紹介『 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』

映画紹介

『 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』

 地方鉄道を舞台にしたシリーズ第2弾。富山地方鉄道運転士のドラマを描く。三浦友和が演ずる主人公は、富山県の地方鉄道に勤務する実直一筋の運転士。1か月後に定年を控え、退職後は妻と海外旅行に行こうと計画していた。ところが妻(余貴美子)は、「(夫の退職後は今度は自分が)終末医療の看護師として働きたい」と話す。妻は若い頃、看護師だったのだ。退職後は夫婦でのんびり過ごそうと考えていた夫は「そんなことは認めない」と口論になり、妻は家を出て行く。
 妻の気持ちを理解できないまま退職までの残りの日々を運転手として過ごす夫。会社から頼まれ、乗り気ではないが新人の研修を担当。彼女とけんかして遅刻した新人に「運転士になる資格がない」……。家に戻ってきた妻に理解を示すつもりで「気が済むまで仕事をすれば良い。ある程度働けば気が済むだろう」。夫が自分のことを何も理解していないことを知り、妻は離婚届けを突き付ける。映画はずっと夫の目線で進み、妻の気持ちは理解できない展開になっている。
 実は、妻はがん検診で再検査となり死を意識、自分の人生がこのままで良いのか悩み、がんで亡くした母親が家に戻りたかったのに病院に入院させたまま何もしてやれなかったことを後悔していたのだ……
 思いのほか緊張感のある展開が続く。最後はある事件をきっかけに大団円に向かいます。定年を目前にした実直な運転士とその妻が人生の節目を迎え揺れ動くさまを描く。西武鉄道で活躍したレッドアロー号が物語を進める役回りですが、鉄道映画というよりお仕事ムービーです。

ちば合同労組ニュース 第83号 2017年6月1日発行より

映画紹介 『大臣と影の男』

映画紹介『大臣と影の男』
 フランス国鉄の民営化をめぐる運輸大臣の苦悩を描いた映画。日本では劇場非公開。権力闘争の中で渦巻く人間模様を描く。少々地味で難解な雰囲気の映画。でも印象が残る映画でした。日本でも同じような映画があれば面白い。
 深夜、バス転落事故で多数の犠牲者が出たとの報告を受け、ヘリで現場に向かう運輸大臣ベルトラン。緊急事態に迅速に対応する大臣の日常の一コマが描かれる。派閥に属さず政界で孤立するベルトランを、秘書官のジルや報道官ら有能な側近チームが支える。
 事故を報じるニュース番組に出演し、その場で国鉄の民営化に関して質問されたベルトランは「民営化はしない」と断言した。ところが他のテレビ局に出演していた財務大臣は民営化を表明。財務省は、民営化を拒むベルトランの切り崩しにかかる。国鉄の赤字キャンペーンが功を奏し世論も過半が民営化に賛成に。
 大統領の信任を得ていたベルトランだったが、大統領も民営化に舵を切る。気づけばまわりは民営化推進の布陣に。このままでは大臣を辞職するしかない。結局、民営化の旗振り役に祭り上げられるベルトラン。それも束の間、大統領に雇用連帯省(日本の厚生労働省)への異動を告げられる。民営化の指揮を執らないで済み、大臣の椅子も守った。だが最も信頼する側近であり親友であった秘書官ジルを失う……
 秘書官が政策を考え、ライターが演説原稿を考える。大臣は演じるだけ。携帯電話の4千件の電話帳に友人は一人もいない。陳腐で孤独な運輸大臣役のオリヴィエ・グルメの演技はなかなか良かった。

ちば合同労組ニュース 第82号 2017年05月1日発行より

映画紹介『十字架』

映画紹介『十字架』

 重松清原作。リアルで重い。他人事ではなく、自分の周りでもどこにも起きるいじめ自殺。全編を通じて号泣シーンが続く。スクリーンからは観ている者へ容赦ない問いが発せられ、うちのめされる。商業映画としてよく制作できたと思う。
 中学2年生のフジシュンはいじめを苦にして自殺。遺書には加害者の氏名と共に同級生のユウ、ひそかに恋心を寄せたサユの名も。「助けを求めるフジシュンに何もできなかった」――重い十字架を背負い、ユウとサユは家族を訪れる。 「お前たちは親友のくせに、息子を見殺しにしたのか!」と迫る家族に戸惑い続ける。
 「あのとき」の真実を家族に伝えるも、より傷つき、慟哭する。最後までハッピーエンドも「正解」も示されず、「十字架」から背を向けずに向き合う厳しさと激しさを示唆している。ラストシーンでフジシュンがサッカーのゴールを決めた時のとまどった表情。誇張せず等身大に描かれている。
 今回は自殺防止と命を守るキャンペーンの一環でこの作品を紹介された。映画の舞台は教室だが、職員室の勤務評定や雇い止めは「いじめ」ではないのか? 職場の中のいじめ・過労死・パワハラ・仕事はずし・スキル評価……さらには国鉄分割・民営化のときに抗議自殺をした200人のこと、最近では電通の過労自殺… …映画と現実の思いは交錯するが労働現場で起きていることは、経営による「虐殺」ではないか?
 組合として学ぶことは職場の中に生きる紐帯をつくること、それは労働組合の重要な役目だと思う。両親役の永瀬正敏、富田靖子も好演。フジシュンの死の場面では本当に号泣したそうだ。(W)

ちば合同労組ニュース 第81号 2017年4月1日発行より

映画紹介 1968年公開『ドレイ工場』

映画紹介『ドレイ工場』

 1968年公開、半世紀前の映画です。前田吟や宇野重吉が出演。全国金属労働組合(全金)の、東京・江戸川区葛西に本社がある日本ロール闘争を描いた実話を映画化。
 同族経営会社で低賃金と劣悪な労働条件の工場で密かに進む組合結成の準備。生産量4割アップをめざす〝新体制運動〟で慣れない天井クレーンの操作に回された青年労働者が転落死。遊び人だった前田吟が演じる谷山も組合に加入して会社と闘う決意を固める。

 ついに支部結成を会社に通告、公然と組合加入の呼びかけが始まる。しかし急先鋒だったはずの副委員長が会社側に寝返り第2組合を結成。中心メンバーの解雇、守衛として雇われた暴力団のテロ、警官隊の弾圧。第2組合に走る者、中立を守る者、独自に会社と交渉する者…労働者も様々な動きを示す。闘争が長期化する中で脱落する組合員も。だが第2組合でも会社の合理化案に不満が高まる。最後のシーンは、日比谷野外音楽堂での支援集会。全国の仲間の激励、だが組合員を最も感激させたのは第2組合からの電報だった…

 実際の闘争でも第2組合の話は劇的だったようだ。全金日本ロール支部は「第2組合一般組合員を絶対に敵視しない。あいさつしよう。話しかけよう」を貫く。全金支部の共闘の呼びかけに対し、第2組合員は署名を執行部に叩きつけ、ついに302対43でスト権を確立。以後、第2組合は事実上の消滅に向かう。そして争議は全員の解雇撤回で勝利。
 けっこう生々しい。多少とも争議や組織化を経験したことのある者には観ていてしんどいシーンも多いのでは。初めて見ましたが非常に勉強になりました。

ちば合同労組ニュース 第80号 2017年3月1日発行より

映画紹介『仲間たち』

映画紹介『仲間たち』

 浜田光夫、松原智恵子、舟木一夫らが出演。1964年の日活映画、東京五輪の年である。舞台は川崎の工場街。浜田が演じるのはトラック運転手、特に将来の夢もないが頑張り屋だ。ある日、乗合バスの通る道で浜田のトラックが故障し、バスも立ち往生、車掌役の松原と言いあいに。
当時はバスにも車掌が乗っていたのだ。車体には「臨港バス」と書いてある。んっ? 川崎の臨港バス? そう、昨年12月に36年ぶりのスト決行で世間から支持を集めた川崎鶴見臨港バスなのである。お宝な映画を発掘した感じです。
映画は、東北から出てきた前向きな若者が恋人もでき独立しようと頑張るも事故を起こし夢が絶たれる、でも仲間や恋人の助けで立ち直る話。タイトルが『仲間たち』である。
松原の兄と結婚の約束をした同僚が妊娠して車掌の仕事を続けられない。兄の会社は争議中で結婚資金が準備できないのだ。そこで車掌仲間で会社に掛け合い事務の仕事に就くことに。浜田は、交通事故で手をケガし運転ができなくなり、会社から解雇を通告される。しかし、仲間が掛け合って、治るまで整備の仕事をすることに。
仲間に何か起きると、みんなで集まって議論し、大勢で社長や会社に掛け合うシーンが何度も出てくる。そういうのが映画になる時代もあったのだ。
2人がデートでライブや落語に行く。スパイダースや林家三平が出てくる。工業地帯のフレアスタック(煙突の炎)が象徴的に映る。臨港バスや営業所もおそらく本物を撮影。当時の川崎駅前や映画街も出てくる。レア映像が多い映画だ。

ちば合同労組ニュース 第79号 2017年2月1日発行より

画紹介『苦役列車』

映画紹介『苦役列車』

 2~3年前にDVDで観た。「中途半端に陳腐な青春ムービー」との原作者・西村賢太の酷評をネットで見かけて原作も読んでみた。言うほど悪くない映画だと思うけど…。私小説の映画化は難しい。主人公の北町貫多を演じた森山未來も、高良健吾や前田敦子も思いのほか良かった。
自分も、ごく短期間だが、晴海埠頭(東京都中央区)で日雇い労働者として倉庫作業をやっていたことがある。荷役作業や休憩時間、喫煙シーンなど、描かれた光景は活字だけでも頭に思い浮かぶ。
ただ自分は、西村が〝苦役列車〟と表現する境遇や必然性のもとで働いたわけではない。どちらかと言えば高良健吾が演じた日下部のような一過的な存在でしかない。だから、どうにも処理できない自尊心と劣等感、そしてその枠からは簡単に踏み出せない因縁と怠惰さがないまぜになり、世のすべてを恨むような感覚は、分かるといえばウソになる。
映画の筋はこんな感じ。1986年、北町貫多、19歳。父親が犯した性犯罪により一家離散。中学卒業以来、日雇い人足仕事でその日暮らし。楽しみは読書、稼いだ金はほぼ酒と風俗。ある日、移動バスで専門学校生の日下部に声をかけられ、初めて友達といえる存在が……やがて日下部から交友を拒絶され、ふて腐れた態度の仕事でケンカし、クビに。
ささいなことで周りへの優越感や嫉み、卑屈。日下部に対する嫉妬や羨望。小説ではダダ漏れな感じで書かれている。ちょっとばかり古風な文体で書かれているのが成功している。今時の文体ならただ嫌な感じになったかもしれない。映画も小説もお薦めです。

ば合同労組ニュース 第78号(2017年1月1発行)より

1 2 3