映画紹介 『1987、ある闘いの真実」

映画紹介「1987、ある闘いの真実」

 翌年のソウル五輪を前に1987年のソウルは、全斗換軍事政権に対する民主化闘争が爆発していた。「北のスパイ」容疑で秘密警察の連行や拷問が常態化していた。映画は87年の「6月民主抗争」を描く。ソウル大学生・朴鐘哲が特高警察に殺される。この死に不審を感じた公安部チェ検事は恫喝を受けながらも遺体の保存を求める。
 東亜日報が事件を報じ、延世大学では抗議デモ。白骨団(私服警察)が襲いかかる。女子大生ヨニはノンポリ学生だったが学生運動のリーダーに好意を寄せる。その学生も機動隊の兇弾に。映画のラストは群衆が路上やビルの窓から身を乗り出してソウルの街を埋め尽くす。明洞聖堂から「チョンテイル烈士をはじめ、あらゆる烈士に続こう」と群衆に呼びかけられる。明洞聖堂は初めてロケの許可が下りたそうだ。
 映画を見終わった最初の感想は重苦しい恐怖だ。秘密警察の容赦ない拷問や令状なしの襲撃。反共公安部の冷酷な組織がスクリーンから迫る。80年代、こうした白色テロルと対決して韓国の民主化は闘いとられた。忘れてはいけない。
 キャストの演技も秀逸。パク所長を演じたキム・ヨンソクは感情を捨てた警察官僚。北の秘密警察に家族を殺されている過去が語られ、観客の同情さえ寄せ付けない凄み。チェ検事役のハ・ジョンウは一匹狼を貫き、虐殺事件の真相の資料を新聞記者に渡す。映画で唯一「ほっとする」存在だった。学生リーダー役のカン・ドンウオン、彼に好意を持つ女子大生ヨニ役のキム・テリも良い。
 当時、高校年だった私はソウル五輪会場へ行き、学校交流の相手先の教員と日本の植民地支配について議論していた。(T)

ちば合同労組ニュース 第99号 2018年10月1日発行より

映画紹介 『リトルダンサー』

映画紹介『リトルダンサー』

 1984年の英国の炭坑町で暮らす11歳の少年ビリー・エリオット。母を幼い頃に亡くし、父と兄は炭鉱で働く。サッチャー政権による炭鉱閉鎖と解雇の厳しい時期が映画の舞台だ。父と兄もストに参加している。ビリーは父の勧めでボクシングジムに通うが殴り合いには馴染(なじ)めない。
 ある日、ジムの隅でバレエ教室が開かれることに。次第にバレエに魅せられるビリー。内緒のバレエ教室通いを知った父や兄は「バレエは女がするものだ」。ストが長引き、追い詰められていく労働者たち。リーダー格の兄は逮捕される。
 ビリーに才能を見いだしたコーチはビリーにオーディションを勧める。だが家族の苦境を前にビリーは躊躇する。ビリーの才能を訴え理解を求めるコーチに対し、父は「ビリーを暇つぶしのおもちゃにするな」と言い放つ。クリスマス、暖房代もなく暖を取るため母の形見のピアノを燃やすことに。弾圧・貧困・偏見…閉塞感に満ちた空気の中、家を飛び出したビリーは無心に踊る。その姿を初めて目にした父。
 翌日、父はスト破りの列に加わる。ビリーの兄は父を追い、その裏切りをなじる。このシーンは正直ツラい。でも映画が示す労働者の連帯感はさすが! 「解決はスト破りじゃない。違う方法を探そう」と父を連れ帰る仲間たち。炭鉱町をあげてビリーをロイヤル・バレエ学校の受験に送る資金集めが始まる。組合はストに敗北し、職場に戻る。炭鉱仲間の希望となったビリー。この辺は『ブラス』に重なる感じ。でも日本の『フラガール』とは何かが違う。英国の労働者階級には、そういう映画にさせるパワーと階級文化がまだあるのだ。もちろんかつての日本映画にもあったわけですが。(S)

ちば合同労組ニュース 第97号 2018年09月1日発行より

映画紹介 「ゲッペルスと私」

映画紹介 「ゲッペルスと私」

 「何も知らなかった。私に罪はない」。主人公のボムゼルはナチスの宣伝大臣ゲッペルスの秘書だった。撮影時103歳とは思えない記憶力と言葉で語り続ける。
 彼女は1933年にナチスが政権を握った時に党員となり、42年には宣伝省に入省、同年代の労働者より格段に高い収入を得る。ボムゼルは、与えられた仕事を従順にこなすだけでナチスが何をやっているか分からなかった。政府に反逆したユダヤ人を逮捕したり、強制収容所も拘置所程度の認識しかない。ホロコーストを知ったのは敗戦後だった。
 ゲッペルスの謦咳に接することはなかったが、彼は小柄で品がよく温和な紳士。大声で演説を始めると群衆は熱狂した。43年のスターリングラード攻防戦を境に物資の供給が減り、みんなの気持ちも変わり始めていたが「全体で何が起きているのか知ることはできなかった」と語る。
 ボムゼルは「今の若い子は、あの時代なら抵抗するだろうというが、誰も流れに逆らうことはできない」と断言し、「私に罪があるとは思わない。ただしドイツ国民全員に罪があるとすれば別よ」とうそぶく。
 ゲッペルス秘書に抜擢された才女が、第2次大戦や抵抗闘争、ホロコーストを「知らなかった」というのは不自然だ。検閲前の新聞を読むこともできた。だが画面からは「欺瞞」や「自己弁護」とは言い切れないものを感じる。戦争とは彼女のように「何も知らない」人たちの手によって担われていくのか。
 70年後の日本ではどうだろうか。問われる気がする。戦後70年を経てナチス中枢にいた人間が語る貴重なインタビュー。当時のニュース記録映画も興味深い。(W)

ちば合同労組ニュース 第97号 2018年08月1日発行より

映画紹介/「下町の太陽」

映画紹介「下町の太陽」

 倍賞千恵子主演、山田洋次監督の1963年の映画。同タイトルのヒット曲を映画化したもので東京都墨田区曳舟の近くにあった資生堂の工場とその周辺が舞台だ。
 寺島町子(倍賞)は石鹸工場で働き、同じ工場の事務職員の毛利と交際中。毛利は本社勤務を目指して正社員試験の勉強に励む。正社員になって下町を出て郊外の団地に住むのが夢だと語る毛利に町子は少し違和感。ある日、町子は同じ町の鉄工所で働く北良介から告白される。
 町子の住む長屋は、井戸端会議で笑い声が絶えず子どもたちが路地を駆け回る典型的な下町暮らし。ある日、中学生の弟が万引き事件を起こし母代わりの町子は思い悩む。弟と話すよう毛利に頼むが試験勉強を理由に断られ、弟を知る北に相談するため鉄工所を訪ねる。汗だくになって溶鉱炉に向き合う北の様子に感動する町子。弟のことを理解する北は「あいつは悪い子ではなくいい奴だ」。
 いよいよ試験。毛利は不合格となり、同じ工場で働く処世術に長けた金子が合格する。慰める町子に対し金子を悪く言う毛利。二人の間に空虚な空気が流れる。数日後、金子が交通事故を起こし、これ幸いと毛利は会社に密告し繰り上がりで正社員に。すっかり得意げな毛利は町子に求婚する。しかし町子は聞き返す。「もし試験に落ちても、あたしと結婚の約束するつもりだった?」「愛情だけじゃ結婚できないのかしら」。
 まるでプロパガンダ映画だと批判的な声もあるが、1時間半に満たない映画でステレオタイプな描き方になるのは仕方ない。〝自分の頭で考える〟主人公像は、現在的にも啓発的で面白かったです。

ちば合同労組ニュース 第96号 2018年07月1日発行より

映画紹介『我らの生活』

映画紹介

『我らの生活』

 ローマ近郊の建設現場監督のクラウディオ。愛する妻と2人の子ども。妻はまもなく3人目を出産だ。しかし出産時に妻が亡くなる。妻の死を受け容れられないまま3人の子どもを抱える主人公。ある日、クラウディオは現場で事故死したルーマニア人の警備員の死体を発見する。「工事がストップすれば全員が失業」「死んだのは家族もいない不法滞在者だ」と話す上司。主人公も半ば納得し、それどころか半ば脅してビル建設の仕事を請負う。裏稼業の友人から着工資金を借り、妻の死を忘れるかのようにビル建設にのめり込む。
 しかし、無理な工期、完成段階に応じて一部ずつしか下請代金が支払われず、完成しても赤字ギリギリ。どこまでも元請に有利な仕組みなのだ。結局、低賃金の不法移民労働者を雇わざるを得ない。
 現場作業が遅れ元請から責められクラウディオはいら立つ。労働者に賃金を払えず、欠陥設計で雨もりが。納期の延長を懇願するが拒絶され、追い詰められたクラウディオは妻の遺品を売って金に変え、わずかな資金を作業員に渡して一緒に会社を作ろうと持ちかけるが労働者は立ち去る。
 断崖絶壁に陥るが、息子たちに励まされ、兄姉たちも援助を申し出る。母の形見を渡す兄。すすり泣く主人公。通常の3倍の賃金を払って腕の良い職人を雇い、ついにビルは完成。なんとか兄姉には返済できたが自分は無一文に。母の遺品も売らずにすみ兄に返してゼロからやり直すことを誓う。
 周りの支えで失意の主人公が立ち直る月並みのストーリーですが、なかなかのリアリティ。欧州の下請けの仕組みと不法滞在労働者の実態を垣間見ることができる。

ちば合同労組ニュース 第95号 2017年06月1日発行より

映画紹介『鉄くず拾いの物語』

映画紹介『鉄くず拾いの物語』

 わずか230万円の資金、9日間で撮影された映画がベルリン国際映画祭で主演男優賞(銀熊賞)など3部門を受賞。ボスニア・ヘルツェゴヴィナに暮らすロマ一家を描く。
 ロマは中東欧に居住する約1200万人の移動型民族で欧州最大のマイノリティグループとされる。ボスニア戦争に従軍した夫ナジフは鉄くずを売って一家を支え、妻セナダと2人の娘の家族で貧しくも幸せに暮らしていた。
 ある日、車の解体作業を終え帰宅したナジフは妻の腹痛に気づく。病院へ急行した2人に告げられたのは流産と手術費用980マルク(約6万円)。「保険証がなければ手術はできない」。今すぐ手術をしなければ敗血症で妻の生命は危うい。「分割で払う」と懇願するが受け容れられない。やむなく帰宅するが体調が悪化し病院を再訪する。だが門前払いに。
 妻を救うため必死に鉄くずを集め、兄弟や隣人の助けを請い、国の組織に助けを求めるナジフ。組織の女性が一緒に病院に掛け合うことになるが病院に2度も拒否された妻は「行っても意味がない」と心を閉ざず。結局、その窮地を救ったのは妻セナダの妹が持つ「保険証」だった――
 息が詰まるような緊迫感が漂う映画。後で知ったのだが、実話がモデルで地元紙の記事を読み、村を訪れた監督が本人たちに演じることを提案したのだ。映画に登場する大半が実際の出来事で同じ役割を担った人びと。違うのは医者を演じた2人だけ。
 旧ユーゴを解体したボスニア戦争から約20年。「社会主義」が崩壊し、労働者階級の力が失われた現在の中東欧社会の深層断面を鋭く描く。何度も映り込む異形な巨大発電所は何を象徴するのだろうか?

ちば合同労組ニュース 第93号 2018年04月1日発行より

映画紹介 生きる』(1952年 黒澤明監督)

 映画紹介 『生きる』(1952年 黒澤明監督)

 有名な黒澤映画です。題名となった「生きる」という普遍的テーマを描いた映画ですが、喜劇であることを忘れて色々力説したくなるのが名作の持つ力なのかなという感じです。
 市役所で市民課長を務める渡辺は、かつての仕事への情熱を忘れ、書類に黙々と判子を押すだけの無気力な日々。市役所内は縄張り意識が強く、住民の陳情はたらい回し。
 渡辺は体調不良で医師の診察を受ける。医師から軽い胃潰瘍(いかいよう)と告げられるも胃ガンで余命わずかと悟る。不意に訪れた死の恐怖。彼はあと1か月で30年間無遅刻無欠勤だったが市役所を無断欠勤し、パチンコやダンスホール、ストリップショーを巡る。ある日、おもちゃ工場に転職した元部下と遭遇。渡辺は若い彼女の奔放な生き方、生命力に惹かれる。自分が胃ガンだと伝えると彼女は工場で作ったおもちゃを見せ「あなたも何か作ってみたら」。その言葉に心を動かされた渡辺は「まだできることがある」と市役所に復帰する。
 5か月後、渡辺は死ぬ。通夜の席で同僚たちが渡辺の様子を語り始める。渡辺は市役所に復帰後、保守的な役所の幹部らに粘り強く働きかけ、ヤクザの脅迫にも屈せず、住民の要望だった公園を完成させ、雪の降る夜、完成した公園のブランコに揺られて息を引き取ったのだった。
 事情を知った記者や焼香に来た住民を前に気まずくなった助役ら市幹部が通夜の席から退出すると同僚たちは口々に「お役所仕事」への疑問を語り、渡辺の功績を讃える。しかし翌日、市役所では新課長の下いつも通りの「お役所仕事」が続く。だが新しい公園では子どもたちの笑い声が…。主演の志村喬の爛々と光る眼差しは怪演で印象が強い。

ちば合同労組ニュース 第92号 2018年03月1日発行より

映画紹介 『ちょっと今から仕事やめてくる』

映画紹介 『ちょっと今から仕事やめてくる』

 いかにもネット小説を映画化みたいなタイトルで敬遠していたが意外に良かった。労働組合のニュースに掲載するにはやや複雑な心境ですが、こういう映画もありなのかも。
 そこそこの大学を卒業し、中堅の印刷会社に就職した主人公の青山隆。だがそこはブラック会社だった。部長から毎日の苛烈なパワハラ。150時間を超えるサービス残業、達成不可能なノルマ、無意味な朝礼や社訓。「遅刻は10分千円の罰金」「有休は身体がなまる」と毎日唱和。青山は疲れ果てて駅のホームで無意識に電車に……だが衝突の直前、小学校時代の同級生ヤマモトと名乗る男が彼の腕を引く。
 ヤマモトは、関西弁で爽やかな笑顔の謎の男。彼と出会い青山は次第に明るさを取り戻す。そんなある日、青山はヤマモトが3年前に自殺していたことを知る。あの男は一体何者なのか? やがてヤマモトのウソもばれるが〝おせっかいな関西人〟との友情も深まり、青山は仕事も順調に。ところがまさかの大失敗でまた元の状態に。パワハラ部長が「悪いと思ってるなら土下座ぐらいするもんだろ」と書類で頭をバンバン叩く場面は真に迫る演技。
 いくつか場面転換があり〝今から会社やめてくる〟の終盤に向かう。懲戒免職の脅しに青山は「それでもいい。3日前までは屋上から飛び降りようと思っていた」「部長もできれば休んで下さい」。実は、営業部で成績トップ、憧れの五十嵐先輩が成績ダウンの恐怖に追い詰められ、青山の発注書を書き換えて仕事を奪ったことが明らかになる。
 なぜヤマモトは青山を助けたのか真実が明かされるラスト。青山役の工藤阿須加はピッタリ。プロ野球の工藤投手の息子です。

ちば合同労組ニュース 第91号 2018年02月1日発行より

映画紹介 『学校』

映画紹介『学校』

 山田洋次監督の1993年の作品。東京下町の夜間中学を舞台とした教師と生徒たちの群像劇。焼肉店を営む在日朝鮮人のオモニや日本社会になじめない中国人、不登校や不良少女、昼間は働く勤労青年らと教師たちを描く。
 卒業式が近い冬の夜、国語の授業で生徒たちが卒業文集のための作文を書く。担任の黒井(西田敏行)は、生徒たちとの思い出を回想。療養のため故郷の山形に戻ったイノさん(田中邦衛)の「卒業式には出たい」という手紙を紹介する。
 イノさんは、父と妹が亡くなったことで幼い頃に家出し、以来、学校に通うことなく肉体労働の職を転々してきた50歳過ぎの初老男。ようやくメリヤス工場の社員となり、故郷の母の死を知って決心して夜間中学に通うことにしたのだ。
 競馬だけが楽しみで孤独に生きてきた初老男の初めての学校生活。字を書く喜びを実感し、修学旅行で級友とはしゃぐ。「ハガキを出す」という宿題では、1週間かけ、思いを寄せる中島先生(竹下景子)に恋文を送る。中島先生に相談を受けた黒井が間に入るが、2人に笑いものにされたと思い、酔って絡むイノさん。学校に登校しなくなった彼を心配して黒井はアパートを訪ねる。実はイノさんは長年の苦労で身体はボロボロ、すでに手の施しようのない状態だった。
 授業中に山形から訃報が入る。次の授業時間、教室では臨時のホームルーム、イノさんの死を通して「幸福とは何か」を問う。
 イノさんのモデルは実在の人物。映画のエピソードもほぼ事実。有馬記念のオグリキャップの勇姿を唾を飛ばしながら語る名場面、田中邦衛の芝居は唯一無比の存在感。お涙頂戴の映画とはひと味違うものにしている。

ちば合同労組ニュース 第90号 2018年01月1日発行より

映画紹介 『エリックを探して』

映画紹介『エリックを探して』

 先月に続きケン・ローチ監督の作品。荒唐無稽なストーリーですが彼の映画では一番好きかも。仲間と共に人生の危機を脱する郵便配達員の魂の再生物語。神は細部に宿る。仲間との軽妙なやり取りが非常に説得力ある映画にしています。
 主人公は、労働者とサッカーの街・マンチェスターの郵便配達員エリック。2度目の妻の連れ子である10代の少年2人との3人暮らし。失敗続きの人生で憂鬱なエリック。30年前に別れてから会わずにいる最初の妻と再会の機会。しかし気後れして姿を現すことができず動揺した帰路での交通事故。
 心配した配達仲間が励ますもますます自信喪失。エリックは寝室でマンチェスター・ユナイテッドのスーパースター選手エリック・カントナのポスターに向かって「一生後悔するような失敗をしたことは?」と話しかける。すると背後から「君はどうだ?」。振り向くとカントナ本人の姿。カントナは「ひげを剃って会いに行け」とアドバイス。エリックはようやく元妻に話しかけ、距離を縮めることができます。
 一方、息子のライアンはギャングとの関わりを断ち切れずに拳銃を預かる。エリックはギャングに銃を返しに行くが逆に脅され持ち帰る。窮地に追い込まれるエリック一家……
 カントナは人生をサッカーに例える。「すべてはパスから始まる」。彼のサッカー人生で最も輝やかしい一瞬は素晴らしいシュートではなく、仲間を信じてアシストしたパスこそが最も誇らしい、と。「君には仲間がいるじゃないか」
 仲間たちの大作戦でギャングを懲らしめる。「あの家族に手を出すな。逃げても無駄だ。絶対に見つける。なぜなら俺たちは郵便配達員だからだ」。実に痛快です。パブでのサッカー談義もしびれる。

ちば合同労組ニュース 第88号 2017年12月1日発行より

1 2 3 4