連載・介護労働の現場から〈働き方編11〉/仲間づくり(1)

連載・介護労働の現場から〈働き方編11〉

仲間づくり (1)立ち位置

▲お局さま
 介護職の離職理由の№1は、職場の人間関係である(最近は、施設の理念や運営に疑問という理由と拮抗している傾向にある)。
 働く前には、職場風土や人間関係はほとんど分からず、もう運命みたいなものだ。しかし、介護の現場には独特な特徴がある。
 まず、女性が多い。施設介護で女性の割合が75%、それも40歳以上が過半数。夜勤などきつい仕事を安い給料で、頑張っている中年女性というイメージ。
 はっきり言ってけっこう気の強い人が多い。「一回で覚えて!」「前に言ったよね!」と新人を鍛え、仕事に慣れてくると、いくらでも仕事を押しつけてくる。利用者の情報は教えず、わざと新人が失敗するように仕向けたりもする。
 オープン後経過している施設では、それが独特の施設内社会を形成し、「お局さま」(あるいは、その取り巻きグループ)という仕切り屋がマイ(アワ)ルールを押しつけてくる。ミーティングで決まったことなど平然と無視するし、施設長の忠告などどこ吹く風。最悪、こういう施設でどう働けばいいのか? 辞めちゃうほうが早いけど、あえて働き続けるなら、自分の立ち位置を決める必要がある。

▲おひとりさま
 なぜ働くか? 生活費を稼ぐだけの目的なら介護職は割に合わない。他の職種のほうが条件がいい。介護という仕事に貢献し、専門職として充実した日々を送るため。
 それが、いわばコンセプトだが、介護はチームワークなので一匹オオカミでは仕事ができない。まず、お局対策。お局さまは、頼られるのが大好き。かといって無理に媚びることはない。お局のプライドを壊さない程度に共感する。さりげなく「なるほど」と持ち上げておく。
 そして、お局だけでなく他の職員に対してもあいさつや笑顔をたやさない。仕事は100%確実にやる。できれば先輩に対してプラス10%のフォローをする。
 プライベートなことは、聞かれたことだけ控えめに答え、噂話や悪口に対しては、乗らないで、聞くだけにする。牙は隠しておく。団結の第一歩は、弱いもの同士、対立しないというのが鉄則。
 このような立ち位置は、他の職員には「ちょっと天然だけど、愛想は悪くないし、仕事ちゃんとできるから、まあいいか」と思えるかもしれない。適度な「おひとりさま」を保ちつつ次に備えるのだ。
 お局さまは、みんなで決めたことも守らないのだから、実は「裸の王様」。そのような施設内のヒエラルキーに、ほとんどの人は飽き飽きしている。利用者の情報は共有化し、仕事は平等に分担するという方向に変えていけばいいのだ。シフト制だから、お局さまがいない日は週の半分近くはある。その時にお局ルールではない方法に少しずつ変えていく。
 次回は、いよいよ仲間づくりについて。
(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第83号 2017年6月1日発行より

習志野市障がい者解雇撤回裁判 2・17千葉地裁に結集を

習志野市障がい者解雇撤回裁判

2・17千葉地裁に大結集を

習志野市の障がい者解雇事件の昨年12月9日の第1回裁判の傍聴には百人以上が集まりました。ちば合同労組は、ユニオン習志野と共に裁判支援を進めていきます。
習志野市民を中心に「習志野市障がい者雇用を求める会」の準備会が結成され、ウェブサイトも公開されています。http://mayday.sub.jp/n.koyou/
ウェブから署名用紙もダウンロードできます。組合員の皆さんのご協力をお願いいたします。
次回の裁判は2月17日(金)午後1時30分からですが、11時30分頃から市内デモが計画されています。多くの方のご参加をお願いします。

ちば合同労組ニュース 第79号 2017年2月1日発行より

紹介/習志野市障がい者雇用を求める会(準)

2016年2月末に「身体障がい者枠」で習志野市正規職員に採用されたAさんが不当に解雇されました。

ユニオン習志野をはじめ、市民と障がい者の団体や個人が、この解雇撤回を習志野市に求めてたちあがりました。

習志野市に解雇撤回を求め、千葉地裁に訴訟を行いました。2016年12月9日に第一回口頭弁論が行われ100人ちかい支援の仲間がかけつけました。各マスコミも訴訟以前からこの解雇問題を大きく報道しています。

このたび、「習志野市障がい者雇用を求める会(準)」のホームページが立ち上げられました。

署名活動を呼び掛けておられます。署名用紙(PDF)をダウンロードして会へ届けましょう。

ちば合同労組も支援をつづけます。

 

 

習志野市障がい者解雇撤回裁判 ご支援を

習志野市障がい者解雇撤回裁判 さらなるご支援を

習志野市役所における障がい者不当解雇撤回を求める第一回裁判(12月9日)は、報道陣も含めると約100人が集まり、傍聴券は抽選となりました。多数の結集ありがとうございました。千葉テレビのニュースとなり、各紙も取り上げました。
障がい者枠で採用しながら、「能力不足の障がい者はいらない」という習志野市長に対して、私たちはAさんの解雇を撤回し、Aさんに謝罪させ、職場に復帰させることを求めます。

次回の裁判は2月17日(金)午後1時半から千葉地裁で行われます。平日で寒い時期とは思いますが、傍聴へのご参加をお願いいたします。

ちば合同労組ニュース 第78号(2017年1月1発行)より

11・6日比谷野音集会に大結集を

11・6日比谷野音集会に大結集を

n0075_04_02a

動労千葉などの呼びかけで11月6日、東京日比谷野外音楽堂において全国労働者総決起集会が開催されます。ちば合同労組は組合として参加します。組合員以外の職場の仲間、友人・知人・家族を誘ってぜひともご参加ください。

ちば合同労組ニュース 第75号(2016年10月1日発行)より

11・6日比谷野音集会に大結集を

11・6日比谷野音集会に大結集を

n0074_04_02a

動労千葉などの呼びかけで11月6日、東京日比谷野外音楽堂において全国労働者総決起集会が開催されます。闘う労働組合の全国ネットワークをつくる集会です。ちば合同労組は組合として参加します。指定列車等は来月号でお知らせします。組合員以外の職場の仲間、友人・知人・家族を誘ってぜひともご参加ください。

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

習志野市 宮本市長は解雇撤回せよ!

習志野市 宮本市長は解雇撤回せよ!

n0071_01_01a

京成津田沼駅前で5月27日、習志野市役所で働いていた青年労働者Aさんの不当解雇撤回を求めて宣伝行動を行いました。
習志野市役所は現在、駅前ビルを仮庁舎としており、通勤通学の駅利用者と市役所の労働者の両方に訴えることができました。ユニオン習志野やちば合同労組のメンバーだけでなく市民の方も大勢集まり賑やかな訴えとなりました。

新聞報道もありチラシの受け取りも抜群でした。障がい者枠で採用しながら、一生懸命働くAさんに寄り添うことなく「能力不足」で解雇した宮本市長への抗議の声が次々と寄せられました。

ユニオン習志野:ホームページ フェイスブック

(2016年6月13日 習志野市役所包囲デモ 13時~ 京成津田沼駅前ロータリー集合。詳しくは上のフェイスブック参照)

ちば合同労組ニュース 第71号(2016年6月1日発行)より

第9回定期大会へ結集を-飛躍をかけた大会に

第9回定期大会へ結集を
ちば合同労組の飛躍をかけた大会に

来る9月13日、ちば合同労働組合の第9回定期大会を開催します。青年労働者の結集と団結の力でちば合同労組を盛り上げていくために、組合員のみなさまには万難を排してご参集くださるようお願いします。
ちば合同労組にとって、若い力で執行部を強化することが急務です。若い組合員が職場で仲間をつくり、労働相談や団体交渉に取り組み、争議を勝利させるための行動力を今の2倍、3倍に引き上げていくことが組合の飛躍の鍵だと考えています。
最近、青年部の組合員のいる職場で、パート労働者が一方的に就業時間を減らされたことで相談を受け、団体交渉を職場の中で行い不利益変更をもとに戻させる大勝利をかちとりました。
青年の行動力、職場の団結があれば鬼に金棒、ちば合同労組の飛躍はまちがいなしありません。
7月16日、安倍政権は戦争法案(安保関連法案)を衆院で可決しました。戦争は労働者の生きる権利を奪う最悪の攻撃です。
さらに安倍政権は、労基法改悪、派遣法改悪、残業代ゼロ法案などの労働者、労働組合に対する攻撃を矢継ぎ早にかけてきています。
時代は労働組合が闘うことを求めています。未来は青年のものです。若き労働者は、ちば合同労組に入ってともに闘いましょう。定期大会を成功させましょう。(委員長)

n0061_01_01a

(写真 7月15日~16日、政府・与党は安保関連法案を強行採決しました。国会前には10万人が反対の声を上げたと言われます。ちば合同労組も動労千葉と共に国会闘争に参加しました)

ちば合同労組ニュース 第61号 (2015年8月1日発行)より

安倍政権の改憲と戦争に反対の行動を

安倍政権の改憲と戦争に反対の行動を!

特定秘密保護法の制定(13年12月)、武器輸出三原則の撤廃(14年4月)、そして集団的自衛権行使容認の閣議決定(同年7月)と、安倍政権は改憲に一気に突き進んでいます。安保法案の審議も始まりました。
国会で安倍首相は「海外派兵は一般に禁止されている」と断言した直後に、ホルムズ海峡での機雷掃海は「例外的に認められる」と悪びれずに答弁しています。「米軍艦船が相手国の領海で襲われたら」と聞かれると自衛隊の武力行使の可能性を否定せず……という感じです。

安倍という人物は、ウソをついても罪悪感は一切もたない。自分の言動に責任をとる気がまったくない恐るべき人物です。そんな人間が目の前の支配の崩壊とその危機に衝動的に突き動かされて改憲や戦争に突き進んでいます。
日米戦争を始めた時の首相で東条英機という人がいます。きわめて真面目・几帳面な性格。他方で反対者にはきわめて狭量。現状把握もできず憲兵を使って反対派を抑え込み戦争に突き進んだ。
もちろん東条のキャラで戦争になったわけではありません。が、現実の歴史はこういう人物によって展開されるものなのかもしれません。

とはいえ、今はそんな皮肉を言っている場合ではありません。老若男女、戦争に反対する気持ちは奥深くしっかりあると思います。みんなの気持ちを動かす闘いが必要です。60年安保闘争やベトナム反戦のように労働組合の役割は重要です。
機会があれば、ちば合同労組でも国会へ行ったり、集会にも参加したいと思います。(T)

ちば合同労組ニュース 第59号(2015年6月1日発行)より

映画紹介–『ノーマ・レイ』

映画紹介『ノーマ・レイ』

n0059_03_02a

保守的なアメリカ南部のとある町の紡績工場で働くノーマ・レイ(サリー・フィールド)。高校を出てすぐに結婚するも夫を酒場の喧嘩で亡くしたシングルマザー。両親も同じ紡績工場で働いている。この工場には組合もなく労働者は酷使され搾取されるまま。年老いた両親は疲れきっていた。

ある日、この町にニューヨークからルーベンという男がやって来た。全米縫製繊維産業労働組合からこの町の工場に労働組合を組織するために派遣されて来たのだ。
ルーベンは、毎朝出勤して来る労働者にビラを配布しながら彼らが工場から不当な待遇を受けていることを知らせて組合に勧誘した。ルーベンと親しくなったノーマも労働者としての意識が目覚めていく。そして父の死……
ノーマに恋人ができたり、組織化がうまくいかず口論になったり、ノーマとルーベンは信頼関係を強めていく。

終盤、ノーマが「UNION」と手書きしたボードを掲げて立ち上がり、延々と続く機械音の中、1人ずつ労働者が機械を止めていくシーンは感動的です。
労働組合を結成するには職場投票で過半数が必要とされるアメリカの事情はありますが、労働組合の組織化と労働者の人間的成長を描いた良い映画だと思います。

ちば合同労組ニュース 第59号(2015年6月1日発行)より

1 2