闘う方針確立へ 定期大会へ結集を

闘う方針確立へ10・21定期大会へ大結集を

 全日建連帯労組関西生コン支部に弾圧が襲いかかっています。現在までに武委員長ら20人が不当逮捕されました。
 関生支部は、独占セメント5社とゼネコンのはざまで無数の中小企業が苦しむ生コンの産業構造に対して、中小企業を協同組合に組織し「共同受注・共同販売」を実現して中小企業で働く労働者の雇用・権利・賃金の大幅な向上をかちとる画期的な産業別政策運動を展開してきました。
 これを「資本主義の根幹に触れる運動」だと憎悪し、警察や在特会などと一体となって攻撃を開始したのです。
 JR東日本でも2月以降、前社長が首相官邸に呼ばれたことを合図に激しい組合脱退工作が始まり、すでに東労組から3万5千人が脱退し、同時に「無人運転も可能」などの脅しで乗務員勤務制度の解体や秋葉原駅(乗降客9位)の全面外注化などの攻撃が始まっています。
 これは改憲と一体の攻撃です。関生支部や動労千葉は必死に立ち向かっています。多くの人が感じるように労働者に怒りや危機感、闘う意欲はある。労働者が団結して闘うことに希望と展望を感じる運動が必要です。闘いには敗北や後退もあります。しかしすべてを引き継いで前進していく闘い方と総括が必要です。

 ちば合同労組は、動労千葉に学びつつ、モリタ闘争などを跳躍台にしながら、職場に労働組合をつくる努力を続けてきました。職場に労働組合をつくる努力を継続し、これを前進させたいと思います。
 それぞれの職場では、具体的な産別・職種として、一定の労働者をめぐる状況、社会状況の反映があります。矛盾もあれば、労働者の怒りもあります。それに立ち向かい、それぞれの現れを改憲や戦争、新自由主義との対決として地域的な闘いと団結にしていきたいと思います。
 それは9・16集会(右上記事)でも示されました。学校現場の現実に正面から立ち向かい、闘いと連帯・支援を地域に呼びかけることがこの状況を転換させる道です。どんな職場でも大なり小なりそういう課題はあるはずです。
 動労千葉も大半の職場ではスルーされてきた外注化や無期転換の問題をとらえ、立ち向かって労働運動の変革と再生として闘ってきました。力不足ではありますが、ちば合同労組10月定期大会でそういう運動方針を確立したいと思います。

労働学校へご参加を

 テーマ 韓国・民主労総の闘い
 日時 10月20日(土)13時~
 講師 金元重(千葉商科大学教授)
 ちば合同労組は団体受講しています。次回のテーマは韓国労働運動です。

ちば合同労組ニュース 第99号 2018年10月1日発行より

9月末派遣切りを許すな/改悪で有期雇用の派遣は上限3年に

3年前の改悪で有期雇用の派遣は上限3年に

9月末 派遣切りを許すな!

 2015年の労働者派遣法の施行から丸3年となる9月末を前に、派遣労働者の雇い止めが増えている。3年前の改悪によって、有期雇用の派遣労働者については、同一組織単位(同じ部署)における受け入れ期間が上限3年となった。この「3年ルール」の該当者が10月1日から出る。
 改悪以前には、秘書や翻訳など26業種については、派遣期間の上限はなく同じ部署で働き続けることができた。3年ルールは、業務を問わずすべての派遣労働者が対象だ。派遣元に無期雇用となっている派遣労働者は期間制限がないが、派遣先も派遣元の多くが消極的。実際、26業務の該当者だけでも50~60万人おり、そのうち無期雇用の労働者は何人いるのか。派遣労働者全体ではおそらく百万人規模で派遣切りが迫っている。
 他方で、派遣先企業については、3年が経ったら別の派遣労働者に切り替えることが可能。事実上、3年ごとに派遣労働者を入れ替えながら永遠に派遣労働者を使うことができる。労働者派遣はあくまで「一時的・臨時的」の建前は完全になくなった。他方で、派遣労働者にとっては文字通り一時的・臨時的雇用なのだ!
 3年前の改悪は、派遣法制定以来の大改悪だった。改めて怒りが込み上げる。ちば合同労組は、派遣切りに関する労働相談を行い、団体交渉や抗議行動、派遣切りと闘います。

ちば合同労組ニュース 第98号 2018年09月1日発行より

職場分会建設―改憲と闘う第12回大会へ

職場分会建設―改憲と闘う第12回大会へ

 ちば合同労組は第12回大会を開催します。運動方針として次の4点を提案します。組合員の皆さんによる検討と意見をお願いします。

(1)職場分会の建設へ

 改めて職場分会の建設を運動上・組織建設上の基軸に据えます。私たちは11年前に結成した際、〝合同労組〟の名称にこだわりました。それは各職場において中小さまざま労働組合をつくり、それを中心に地域的な団結に発展させようと議論したからです。
 現状では分会活動を行っている職場はけっして多くはありません。既存の分会活動を組合全体で支え、他の職場に拡大したいと思います。
 動労千葉をはじめ地域の他の組合と共に、職場闘争と職場における組合作りの経験交流を拡大し、合同労組建設につなげたいと思います。経験交流や相互激励も含めて労働学校を位置づけ、職場交流会や学習活動も企画します。

(2)地域の非正規労働者にとってのユニオンに!

 18年4月の5年ルール・無期転換や今年9月の派遣期間3年問題など、非正規雇用をめぐる矛盾は拡大しています。働き方改革・同一労働同一賃金・AI化などを通して雇用破壊が加速し、矛盾は拡大しています。改めて非正規労働者の団結の場、闘いの組織として合同労組が飛躍しなければなりません。地域における反撃力・対応力を可視化していく必要があります。
 重点地域の組織化に本格的に着手し、実践と分析、戦術の緻密化に向けた努力を開始します。従来の労働相談に加えて非正規労働者の団結の場を模索します。

(3)改憲阻止と職場闘争・組織拡大を一体で

 安倍首相が次の国会で改憲案を出すと明言しました。ここまで具体的に政治日程に上るのは初めてのことです。
 私たちは、これにどう立ち向かうのかを真剣に考えなければならない。労働組合として当然の任務であり、同時に労働運動そのものをどう復権していくのかにも大いに関係があります。
 もう一つの改憲とでもいえるのが「働き方改革」です。雇用や賃金、労働時間規制の破壊であり、労働組合のない社会を目指すものです。労働基本権の解体の攻撃です。
 国会で法案は強行されましたが、職場における攻撃はこれからが勝負です。郵便局やJRでは典型的な攻撃が始まっています。郵政では労働組合の同意・提案で限定社員が拡大し、転勤なしを理由に住宅手当が剥奪されました。JRでは無人運転の可能性を恫喝材料に安全と労働条件の要である運転士の勤務制度の解体が画策されています。
 こうした攻撃は、矛盾と労働者の憤激を拡大することもまた事実です。労働運動の可能性を広げる闘いにしようではありませんか。

(4)強力な執行部体制を

 アクティブに動ける執行体制をつくろう。

————————————

労働学校へご参加を

テーマ 資本主義はどういう社会か
 日時 9月22日(土)13時~ 講師 鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)
 ちば合同労組は団体受講しています。次回のテーマは『資本論』。日程変更にご注意を!

ちば合同労組ニュース 第98号 2018年09月1日発行より

乗務員勤務制度改悪反対!総決起集会

乗務員勤務制度改悪反対!総決起集会

 千葉市内で8月25日、JR東日本による乗務員勤務制度改悪に反対して、動労千葉―動労総連合の呼びかけで集会。ちば合同労組の組合員も多数参加しました。

ちば合同労組ニュース 第98号 2018年09月1日発行より

「生産性」の行き着く果て/アマゾンで起きていること

「生産性」の行き着く果て

世界一の通販企業アマゾンで起きていること

 アマゾンは世界最大級のネット通販の巨大グローバル企業だ。この間、「流通業界の崩壊」的な事態と共に、新聞や雑誌をはじめ様々な情報媒体で、アマゾンの巨大倉庫における過酷な労働実態が暴かれ、話題となっている。

3人の死亡事件

 アマゾン日本法人で最大の物流拠点である小田原倉庫では、この3年間で3人の死亡事故が起きている。この酷暑で倉庫内は36度を超す蒸し風呂のような暑さ。広大な敷地を労働者が1日中探し回って歩く。その距離は1日20㌔に及ぶ。60㎏を超す重い段ボールを台車に積み下ろすこともある。
 劣悪な職場環境と重労働によって熱中症や疲労骨折、腰痛などでバタバタと労働者が倒れている。しかも、休憩時間は短縮され、ろくに休憩をとらせない。この行き着く先に死亡事故が起きたのだ。しかし、アマゾンは、「業務起因性はない」と主張。多くの労働者に、動揺と怒りが広がっている。

管理システム

 労務管理システムもひどいものだ。アマゾンの社員は倉庫にはほとんど見当たらず、数社の請負会社の社員や派遣労働者がその業務を担う。
 チェックは厳しく、まるで犯罪者のように金属探知機付きのゲートを通らされ、手荷物検査を受ける。スマホはもちろん万歩計の持ち込みさえも禁止。さらに、AIやロボットが導入され、合理化が進む。ここでも呼号される言葉は「生産性」だ。
 アマゾンは世界中で最も潜入取材の対象となっている企業だがその記事の多くが「地獄」「強制収容所」「想像を絶するプレッシャー」の文字が踊る。

世界一の富豪

 アマゾンのCEOのジェフ・ベドスは18年度の世界長者番付でトップの世界一の大富豪。膨大な最低賃金かつ過労死寸前の労働で支えられている。クロネコや佐川急便が撤退した後、この荷物の輸送を担うのは、請負契約で「個人事業主」とされた運送労働者だ。ネットで注文したら翌日届くようなシステムそのものが、180度間違っている。

世界中で闘い

 この夏、世界中でアマゾンに対する闘いが開始された。スペインでは、7月プライムデーと呼ばれる安売り期間に焦点を定めて3日間のストライキを敢行。欧州各国で連帯行動が広がった。
 千葉県にも、市川塩浜駅や印西にアマゾンの巨大倉庫がある。毎日、膨大な労働者がアマゾンの物流倉庫に行き交っている。このアマゾンに労働組合の旗が立つ日はいつか。(組合員K)

ちば合同労組ニュース 第97号 2018年09月1日発行より

労働者の命奪う働き方法案を阻止しよう

労働者の命奪う働き方法案を阻止しよう

 「働き方改革」関連法案をめぐる国会攻防が緊迫しています。5月31日に衆院本会議で採決する見込みと報道されています。同法案とカジノ法案の成立を図るため6月20日までの会期を2週間から1か月の範囲で延長する動きも出ています。少なくない人びとが必死に訴えて闘う中で少しずつ情勢が動き始めています。
 過労死遺族でつくる全国過労死を考える家族の会が5月中旬に安倍首相に面会を申し入れましたが安倍は拒絶。5月22日から首相官邸前で座り込みを始めました。
 家族の会代表の寺西さんの夫は飲食店の店長でした。夫が過労自殺した際、会社は「店長には裁量がある。勝手に働いて勝手に死んだ」と言い放ったそうです。裁量労働制の大幅拡大で、過労死が増えるだけでなく、過労死が自己責任になると危機感を訴え続けています。
 首相官邸前での「人の命を奪う法案を採択すべきではない」の訴えには、連合の神津会長も陣中見舞いに来ざるを得なくなり、連合は全国一斉行動を実施。千葉でもやっているのを目撃しました。
 連合は昨夏、UAゼンセン出身の逢見事務局長(当時)が首相官邸に足繁く通い、高度プロフェッショナル制度を容認する動きが暴露され、連合本部が抗議デモに包囲される大騒動になりました。
 自己保身的とはいえ、連合幹部らが反対のポーズを取らざるをえないほど現場・下部の組合員の危機感と怒りは噴火寸前のマグマのようになっているのです。
 高プロ制度は、第1次安倍政権の時代から何度も断念に追い込まれ、安倍にとって10年越しの悲願です。労働法制の改悪・解体は、けっして権力万能で進行するわけではなく、ギリギリの均衡状態の中での採択強行なのです。微力であっても本気で反対し、本気で行動することが状況を転換すると思います。
 東京駅自販機の順法闘争・ストの報道が象徴的ですが、労働組合の存在が少しずつ人びとの認識の俎上に上りつつある感じもします。労働者の団結と労働運動の再生を展望し、法案阻止へ6月がんばりましょう。
(S)

労働学校へご参加を

テーマ 労働法制改悪との闘い

日時 5月19日(土)13時~  講師 山本志都(労働弁護士)
ちば合同労組は団体受講しています。ぜひご参加ください。次回のテーマは働き方改革関連法案です。

ちば合同労組ニュース 第95号 2017年06月1日発行より

団体交渉に応じよ 動労千葉、県労働委員会に申立て

JRは解雇撤回せよ! 団体交渉に応じよ!

千葉県労働委員会に申立て

 動労千葉は5月28日、JR東日本に「1047名解雇撤回」「団体交渉の開催」を求め、千葉県労働委員会へ申し立てを行いました。
 15年6月の最高裁決定でJR不採用基準の策定が不当労働行為であることが法的に確定しました。これを指示したのがJR設立委員長です。JR東日本には解雇撤回と団交応諾の責任があります。
 国鉄1047名解雇撤回闘争の新たな闘いの始まりです。

ちば合同労組ニュース 第95号 2017年06月1日発行より

講演 復帰46年の沖縄 琉球新報労組の組合員記者

復帰46年の沖縄 琉球新報労組の組合員記者が講演

〈見て 聞いて 感じる〉が必要

 「復帰」46年目の5月、沖縄現地に行ってきました。
 今回、一番印象に残ったのは、青年労働者集会での琉球新報労組記者の方の講演です。辺野古や高江の基地建設の現場の最前線で取材し、機動隊に一時拘束された経験もあるという若手記者です。

 

現場にこそ真実

 冒頭、「沖縄でご自身の目と耳で聞いたこと、感じたことを本土で広めて欲しい」と強調します。
 いま、沖縄で事故・事故や基地反対集会があると、すぐさまネットでウソや誹謗中傷の情報が拡散されるそうだ。
 「基地で金をもらっている」「辺野古のゲート前の座り込みはほとんどが県外」など、ほとんどが現地を知らない本土からの書き込みだ。
 ヘリの部品が落下した小学校や幼稚園に対しても、心ない嫌がらせがある。
 「現場にこそ真実がある」――現場と乖離した事実が歪められてすごいスピードで伝えられていることに、焦りといら立ちの様子をにじませていました。 

改憲・戦争の実態

 国家の総力をあげた「金と暴力」で、ヘリパッド基地建設が強行された沖縄県北部の高江。
 高江を中心に沖縄の北部全体がオスプレイの基地となり、5年間で騒音が12倍になったり、ヘリが墜落したり、静かな暮らしが一変した。
 辺野古でも今夏には土砂が投入される。宮古島や石垣島などの離島も自衛隊ミサイル基地が建設されている。
 基地による被害はこれから本格的に始まる。まさに一つの「戦争」だ。
 「改憲」と一言で言っても、戦争の実態は沖縄にある。戦争は憲法条文を変えれば起きるわけではない。戦争が近づいているからこそ「見て、聞いて、感じる」が必要だと痛感する。

闘いの最前線

 最後に、講演を次の言葉で締めくくりました。
 「私たちは琉球新報の記者として、普通に生きる人の幸せな暮らしを奪うのを許してはならない。だからそれを奪うものとは闘わないといけない。それが私たちの記者としての信念」
 「われわれ琉球新報労組は強い。労働者が会社にモノを言えなくて、どうして国や権力にモノを言えるのか?」(交流会での言葉)
 「沖縄地元2紙をつぶせ」という国家をあげた圧力のなかで、沖縄の民衆とともに毅然と立ち向かう報道労働者の姿にとても感動した。
(組合員K)

ちば合同労組ニュース 第95号 2017年06月1日発行より

共感を呼んだ東京駅自販機労働者の闘い

共感を呼んだ東京駅自販機労働者

 東京駅の自動販売機の補充業務を担当するサントリーのグループ企業の労働者が、何時間働いても賃金は7・5時間分だけという事業場外みなし労働時間制の悪用に対して順法闘争とストライキを行った。労働環境を変えるための闘いだ。
 休憩をとる、残業をボイコットする、きわめてシンプルな順法闘争。すると、駅のホームなどにある自販機で次々と「売り切れ」ランプが点滅。普段見られない光景に、ネットで注目され、大手新聞や雑誌でも報道された。
 しかし、労働基準監督署の是正勧告に対して会社は「労基署とは見解が異なる」と、少額の金銭を支払うことで事態の収拾を図ろうとしました。さらには勇気をもって労基署に告発した労働者を懲戒処分で脅したのだ。これに対して5月3日、怒りのストライキが実施されたのだ。
 会社側は、ストを収めるどころか取引先への対応に奔走。
焦ってスト破りを動員し、普段の倍以上の人数を配置しました。しかし、それでも売り切れランプの点滅はなくならない。 逆にネットは「炎上」し、応援のために東京駅に見に来る人も。数人の労働者の勇気に大きな社会的支持と共感が寄せられた。「やむにやまれぬ思いで立ち上がった」と語る労働者のコメント。至極まっとうだ。この件で多くの人が労働組合を身近に感じることができたのではないか。
 労働者の存在なければ、どうなるか? 職場がまわらないことを「売り切れ」ランプ点滅によって闘いが可視化させられた。これはどの職場にあてはまる。「売れ切れ」を灯すような闘いをあらゆる職場やっていこう。

ちば合同労組ニュース 第95号 2017年06月1日発行より

千葉駅の検査体制の削減を許すな 動労千葉 ストライキ

千葉駅の検査体制の削減を許すな!

動労千葉 ストライキ貫徹

 動労千葉は3月30日~31日、幕張車両センター千葉派出の要員削減提案の撤回を求めてストライキを行いました。
 昨年末に新幹線の台車亀裂の超重大事故が発生し、検査係の重要性がクローズアップされる中での暴挙に怒りの闘いです。鉄道業務の全面外注化の攻撃でもあり、これへの反撃の号砲でもあります。

ちば合同労組ニュース 第94号 2018年05月1日発行より

1 2 3 11