2017年こそ ちば合同労組の飛躍の年に

2017年こそ ちば合同労組の飛躍の年に!

★2016年は新しい仕事、職場に移って色々な意味で苦労しました。17年はこれまでのすべてを生かして組合づくり、仲間づくりに全力をあげていきたいと思います。
今の職場は労働運動の大先輩もいてなかなか楽しい職場です。
年末に体調をくずし、歳も歳なので思うように動けないのですが、あらゆる困難を試練にかえて、これからの人生を楽しんでいきたいと思います。団結こそ力です。力を合わせ前に前に進んでいきましょう。
(執行委員長)

★2016年は分会結成という大きな前進がありましたが、職場での闘いと組織化に関してはまだまだ課題が残りました。
2017年は仲間づくりに全力をかけます。職場で労働者一人ひとりに声を掛け、きちんと討論をする。こういったオーソドックスだが骨の折れる日常活動から逃げずに全身でぶつかっていこうと思います。
(副委員長)

★安倍政権は憲法を解体し、労働法制の改悪を狙っています。労働者が「戦争拒否」「非正規雇用撤廃」「解雇撤回」の声をあげ、職場で闘えば必ず止めることはできます。労働者一人ひとりの力を一つにして組合員が団結して、すべての職場で労働組合をよみがえらせよう。(副委員長)

★2016年は、組合・分会づくりでは、小さな一歩を踏み出せました。しかし、地域のユニオンとしての役割と志を考えれば、本当に至らないことばかりです。
2017年は、組合を必要とする労働者ともっともっとつながり、労働者自身の団結した力で労働者をめぐる状況を転換できる、そんな労働組合をつくりたいと思います。
当面、春闘の取り組み、宣伝活動を重視していきたいと思います。2017年もよろしくお願いいたします。
(書記長)

ちば合同労組ニュース 第78号(2017年1月1発行)より

ちば合同労組ニュース 第78号 編集後記

日本で工場法が施行されたのは1916年9月。今年は施行百年です。繊維産業の過酷な労働環境で多くの女工が結核で死にました。工場主の反対で5年以上施行が遅れ、法律も実際には骨抜きでした。女工争議が頻発し、徹底した弾圧で労働運動の萌芽は摘まれました。でも政府をして工場法を制定させた力でもありました。いま何を思うか。(S)

ちば合同労組ニュース 第78号(2017年1月1発行)より

第10回定期大会を成功させよう!

第10回定期大会を成功させよう!

別紙の通り、DC会館でちば合同労組第10回定期大会を開催いたします。すべての組合員の皆様のご出席を要請するとともに、職場のお仲間に組合加入と大会への参加の呼びかけをお願いします。
この1年間、昨年7月のユニオン習志野の結成に続き、医療・介護職場における分会や組合の結成など、職場に労働組合(分会)をつくるという組合結成時から目指してきた方向がようやく形になってきました。
何よりも職場の中で労働者が団結して闘うこと、職場の中から労働組合の芽をつくりだすこと、これを次の1年間の最優先課題にしたいと思います。その中でこそ、地域的な団結や闘いの経験の蓄積、相談や支援などのスタッフ体制など地域合同労組・ユニオンの長所が発揮されると思います。
安倍政権は「次の3年間で最大のチャレンジは働き方改革だ」として、次期国会においても、クビ切り自由化や残業代ゼロ(労働時間規制の撤廃)の法制化など、労働法制の転覆を目指しています。
「コストコは管理職以外は全員時給制」という記事が話題になっています。コストコは時給1250円で募集しています。しかし半数を占めるパート・アルバイトは週20~30時間以内の時給制。「家族を養うために週40時間働きたい」「社会保険に加入したいので30時間以上働きたい」と言っても知らん顔です。数年間を経てようやく正社員になっても時給制のままです。
安倍政権の提唱する「限定社員」「同一労働同一賃金」は、〝正社員〟という働き方を撤廃し、パソコン部品のように必要な時に必要な場所にはめ込むジャストインタイム(トヨタ生産方式)の雇用です。
n0074_01_01b 労働者の雇用や賃金のあり方が根本的に破壊されようとしています。これは世界中のテーマです。韓国やフランスでは高校生まで含めたゼネストになっています。ところが日本は有効な反対運動が組織されていない状況です。今こそ本当に労働組合を再生させる時がきました。
ちば合同労組は動労千葉とともに千葉県に闘う労働組合の新潮流をつくりだしたいと考えています。この1年で結成された拠点での闘いを前進させ、新たな闘いと団結の拠点をつくりだします。10月2日には千葉県労働者集会を開催する方向です。
区切りともなる第10回定期大会で活発な討論を行い、ちば合同労組はドーンと飛躍したいと思います。組合員の大結集をお願いします。
(書記長)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

n0074_01_01a

メキシコ全土で教員が無期限スト

世界中で教員労働運動が高揚している

9・24根津公子さん船橋で講演会(記事4面)

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

ユニオン習志野 仲間2人を取り戻す!!

ユニオン習志野 仲間2人を取り戻す!!

p0073_01_01a

ユニオン習志野の2人の組合員が7月12日、被害もない、被害者もいない、あり得ない詐欺罪をデッチあげられ不当逮捕されました。
ユニオン習志野は、障がい者枠で採用された青年労働者の解雇撤回の闘いを展開してきました。これまでに20数回、新聞報道され、職員・市民のみならず全国の注目を集めていました。
ユニオンによる団体交渉やビラ配布、宣伝活動やデモ、市議会での質問・追及や障がい者団体の抗議・申し入れなど、習志野市・宮本市長が追い詰められていたことは間違いありません。
数回の団体交渉が決裂したためユニオン習志野は7月中に提訴すべく裁判の準備を進めていました。「ついに宮本市長が法定に」と注目を集める最中、弁護士との打ち合わせの当日に今回の逮捕劇が行われたのです。
宮本市長は、市のゴミ収集業務を受託する清掃会社の労災死亡事故の隠蔽事件や、パチンコ業界などとの癒着など、多くの不正・疑惑がオンパレードの人物です。
労災死亡事故の隠蔽を行った清掃会社は市長の後援会長が経営する会社で、防犯協会の会長も務める人物です。市長・後援会長(業界)・習志野警察署の「黒い三角形」は、多くの市民の知るところなのですが、反対や批判の声を暴力的に圧殺してきたのです。

ユニオン習志野は、労災死亡事故を追及する闘いを展開する中で結成された労働組合で、この間は不当解雇撤回闘争を展開し、果敢に宮本市長を追い詰めてきました。
習志野市政や宮本市長の黒い噂を知る人びとは新聞記者なども含めて例外なく「これは百パーセント政治的弾圧」と断定するような今回の逮捕事件だったのです。
「逮捕されるべきは宮本市長だ!」――この声が圧倒的に支持を集めました。習志野警察署に対する抗議闘争では、「うるさい」と出てきた周辺住民が「気の済むまで訴えて下さい」と快諾し、千葉地裁前で真実を暴き不当弾圧粉砕を訴えるビラに激励が殺到しました。ビラを手にした取り調べの刑事が「デタラメばかり書いて、市民が信じたらどうする」と血相を変えたそうです。市庁舎ではユニオンメンバーが職員にユニオンニュースを配りました。

極めつけは7月21日の勾留理由開示公判です。若い裁判官でしたが、上役の人間に指示された以外のことは話さないという没主体の対応でしたが、弁護士や傍聴席の追及に、次第に落ち着きをなくし、動揺する様子。翌日、裁判の様子は異例の新聞報道で「裁判官は追及に何も答えられず」と報道されました。
p0073_01_01b 結局、裁判翌日(22日)に2人を取り戻しました。これも新聞報道されました。釈放まで報道されるのは珍しく、いかにひどい政治弾圧かを示しています。

仲間の存在こそが解雇や弾圧を打ち破る力です。仲間を取り戻すために闘うユニオン、仲間のためには絶対に反撃するユニオン。これが弾圧を打ち破る力です。本当にありがとうございました。
ちば合同労組ニュース 第73号(2016年8月1日発行)より

ユニオン習志野への不当弾圧・逮捕を弾劾。支援要請(1)

ユニオン習志野への不当逮捕弾劾!

2名の仲間を今すぐ釈放しろ!

組合つぶしを許さないぞ!

7月12日、ユニオン習志野の委員長と書記長の2人の組合員が百パーセントでっちあげの「詐欺罪」で不当逮捕されました。
この間、ユニオン習志野は、習志野市長による不当解雇撤回の闘いを展開してきました。今回の弾圧はこの闘いを嫌悪し、つぶそうという習志野市長・習志野警察署による政治弾圧です。絶対に許せません。ユニオン習志野の組合員は怒り心頭です。一刻も早く2人の仲間を返せ!

n0072_01_02a

●追い詰められているのは市長

ユニオン習志野は、習志野市役所の正規・非正規労働者の垣根をこえてつくっている労働組合です。臨時職員の低賃金や労働条件を取り上げない既存の労働組合に対し、「闘う組合をつくろう」と呼びかけて1年前に結成した組合です。
この春、習志野市・宮本市長による障がい者採用の青年労働者への雇い止め=解雇の問題を取り上げ、ユニオン習志野は解雇撤回を要求して闘ってきました。この闘いは、二十数回、新聞報道され、多くの習志野市民の知るところとなりました。
「解雇は正当」と居直り続ける市長に対して、ユニオン習志野は裁判で法廷に市長をひきずりだして真実を暴く闘いを準備していました。
こういう状況の中で今回の刑事弾圧が行われたのです。警察権力の暴力によってユニオン習志野を黙らせ闘いをつぶすのが狙いです。

●被害も被害者もない詐欺?

具体的な被害も被害者もいない「詐欺罪」とは一体なんでしょうか。家宅捜索で押収したのは、容疑とはなんの関係のない組合のビラや資料ばかり。組合の旗や腕章も押収しました。詐欺の事実はゼロです。警察の正当性は何一つありません。
しかも早朝から5〜6時間の長時間の家宅捜索が行われ、家族への執拗な嫌がらせもしています。これは組合活動への妨害、組合破壊を狙った百パーセント政治弾圧です。
●救援活動の支援をお願いします
2人は習志野警察署・千葉中央署に勾留され、不当な取り調べに完全黙秘で闘っています。弁護士費用や差し入れなど多額の費用もかかります。カンパ・激励をお寄せてください。
「2人の仲間今すぐ返せ!」と習志野警察署と宮本市長に抗議の声をあげよう!

不当逮捕弾劾.PDF

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

ちば合同労働組合

■住所 千葉市中央区要町2-8DC会館1F
■TEL 043(225)2207
■FAX 043(202)7820
■メール union1@outlook.com
■抗議先 047(474)0110 習志野警察署
■救援カンパ振込先(郵便振替口座番号) 00280-1-96870 ちば合同労働組合

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

支援要請(その1)

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

各位

ユニオン習志野への弾圧に対して支援要請(その1)

2016年7月13日 ちば合同労働組合

当組合への日頃のご支援を感謝いたします。
7月12日朝、ユニオン習志野の委員長と書記長の2人が「詐欺罪」を理由に不当逮捕されるとともに、組合事務所やDC会館などを半日以上も家宅捜索が強行されました。
ユニオン習志野は結成を前後して、習志野市の学校で働く給食受取調理員全員の雇止めとの闘いや、清掃下請け会社(社長は、市長の後援会長・習志野市防犯協会長)における労災隠しを暴く闘い、「障がい者」枠で採用された青年労働者の解雇撤回などに取り組んできました。
解雇撤回闘争をめぐっては、6月13日には習志野市役所包囲デモを行い、この間、二十数回の新聞報道などによって、宮本市長を追い詰めてきました。組合事務所の賃貸契約をめぐる「詐欺罪」をデッチあげは、この間のユニオンの闘いに対する弾圧以外の何ものでもありません。
逮捕当日には家族やユニオン習志野の組合員、ちば合同労組・千葉労組交流センターが多数結集して弾圧粉砕総決起集会を開催、狙いはユニオン習志野の分断と闘いをあきらめさせることであり、団結を守り抜いて闘いを発展させることが最大の反撃であり、一刻も早く2人を取り戻すことを確認しました。
まずは下記のとおり関係団体の皆様に要請いたします。ご協力をお願いいたします。

(1)2人への檄文をちば合同労組へ集中してください(FAXかメールでお願いします)

ちば合同労組
FAX:043-202-7820   メール:union1@outlook.com

(2)警察への抗議をお願いします。

習志野警察署

〒275-0015   習志野市鷺沼台2-4-1
電話 047-474-0110

千葉中央警察署

〒260-8510  千葉市中央区中央港1-13-1
電話 043-244-0110

(3)2名をとりもどすための緊急カンパを要請します。

■救援カンパ振込先

(郵便振替口座番号) ゆうちょ銀行 00280-1-96870 ちば合同労働組合

なお、警察署や習志野市役所への抗議行動を近日中に行います。決定次第連絡します。

(以上)

支援要請(1).PDF

 

習志野市 解雇撤回を求め雨中デモ

習志野市 解雇撤回を求め雨中デモ

n0072_01_02a

6月13日、悪天候の中ですがユニオン習志野の呼びかけで約30人が京成津田沼駅から旧市役所周辺をデモしました。習志野市の仮庁舎は現在、京成習志野駅ビルにあり、ここで業務を行っています。デモはここから出発。
昨年6月、障がい者枠で習志野市役所に就職した青年労働者を「能力不足」を理由に分限免職にする前代未聞の不当解雇に対し、市民や障がい者団体から応援の声と宮本市長への批判の声が集まっています。
新聞記者も数人が取材しており、大きな注目の中でのデモとなりました。

ちば合同労組ニュース 第72号(2016年7月1日発行)より

第一回「習志野市長」へ包囲デモ

6月13日、悪天候の中ですがユニオン習志野の呼びかけで約30人が京成津田沼駅から旧市役所周辺をデモしました。

p20160613-01  習志野(仮)市庁舎は、現在京成習志野駅ビルで(仮)市庁舎での業務を行っています。デモはここから出発

昨年6月、障がい者枠で習志野市役所に就職した青年労働者を「能力不足」を理由に分限免職にする前代未聞の不当解雇に対し、市民や障がい者団体から応援の声と宮本市長への批判の声が集まっています。

新聞記者も数人が取材しており、大きな注目の中でのデモとなりました。

 

p20160613-02

工事中の習志野市庁舎前でアピール。隣には教育委員会の建物があり、勤務中の職員多数が注目

p20160613-04

デモの終わりに公園で各氏と団体から発言をいただきました。ユニオン習志野・委員長の司会で進行。最後に「団結がんばろう」で第一回デモを終了しました。ちば合同労組の組合員が多数参加、支援強化と団結を勝ち取りました。

連載・介護労働の現場から〈あとがきにかえて〉

連載・介護労働の現場から 〈あとがきにかえて〉

年寄りは未来 魔法とパイオニア精神で乗り切ろう

36回・3年もの連載、ずっと読んでくださった方に感謝の気持ちでいっぱいです。

連載にある通り、私は、介護職の最初の職場は8か月、2度目はたった2か月で退職した。その時点で2013年1月。普通なら、こんなめんどくさい業界、自分に向いてないと辞めてしまうところだろうが、それから転職を繰り返し、さらに3年以上も介護労働を続けている。
正直、人生これまででこんな難しい職種はない。慣れるということがない。でも仕事にハマっているし、スタッフはみんな各々チャーミングだし、利用者にもさほどストレス感じないし、この仕事が好きだ。
歳なので、体のちょっとした不調や故障はあるが、「60代には60代にしかできないケアの役割がある」と思っているばかりか、そう公言してスタッフにきつい身体ケアを代わってもらったりする。
たとえば、身体ケアを拒否する認知症利用者をその気にさせて、排泄や入浴の場所に移動させるのは上手いんだよ。ピリピリ、ギスギスしている空気を和やかで癒される空間に変貌させるのも得意。
介護は魔法だ。ビビディ・バビディ・ブー

日々、お年寄りと接していると、お年寄りは役割を終えて、お荷物になっている不用品ではない。介護職でない人は一度、身近なお年寄りをじっくり観てほしい。いなければ街でお年寄りをじっくり観察してほしい。そのお年寄りこそが私たちの未来なのだ。
ところが、現在この国を支配している、人間より金や効率を重んじる新自由主義的な考え方では、年寄りは早く死ねという価値観しか生まれない。
また、この国では人種、性別と並ぶ三大差別である年齢差別(エイジズム)がいまだに公然とまかり通っている。

こんな時代には、介護労働者は、やさしさや思いやりより、パイオニアの勇気が必要だ。陰の存在ではなく、ロールプレイゲームの主人公になってみる。めざすは広々とした開拓地と解放されたハッピーな未来。敵は次々と襲ってくるが、簡単にゲームオーバーにはさせない。次々と仲間をゲットし、一緒に闘おうよ。
n0071_03_01a そして、いつの日か、私たちはゲームをクリアする。人々は金や効率だけでない生き方をするようになる。そういう社会になれば、介護も介護労働も自ずから変わっていく。だから、私もこれからも夢見る瞳を携えて、介護の仕事を辞めないで頑張るつもり。

難しく感じたら
それが戦うときよ
あなた次第
全力でぶつかって
あなたの未来は

(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第71号(2016年6月1日発行)より

5・15沖縄訪問 基地への怒り

2回目の5・15沖縄訪問 基地への怒りを実感

本土復帰44年となる5月、2回目の沖縄訪問でした。

n0071_04_01b 初めてひめゆり資料館までタクシーで見学に行きました。運転手のおじさんが世間話をしながら観光案内をしてくれたのですが、千葉県から来たことを伝えたところ三里塚闘争のことを唐突に語りはじめました。
それまで基地のこととか一切話さなかったのにそういったことを話してくれたのは、心の奥底で国家に対する怒りというものが沖縄と三里塚をつないでいることを理解することができました。
話を続けていると運転手のおじさんも米軍基地に対しては非常に強い反感を持っているようで、日本政府が無理やり沖縄の怒りを押さえつけていなければ在日米軍は一日として持たないのだということをはっきりと示してくれました。
貴重な体験ができて大変良かったです。今回、たくさんの方から費用カンパをいただき、ありがとうございました。(組合員S)

ちば合同労組ニュース 第71号(2016年6月1日発行)より

【編集後記】ちば合同労組ニュース 第71号より

【編集後記】

米軍属による女性殺人事件で6月19日に沖縄県民大会が開催されることになった。1995年10月21日の8万5千人沖縄県民大会を思い出す。あんなに多くの人が怒りで行動するのかと衝撃的だった。あの日、どこでTVのニュースを見たのかも鮮明に覚えています。20年以上も経った。あの県民大会後に生まれた女性の命が奪われたのだ。日米安保と米軍基地を本当になくさねばならない。(S)

安倍首相が「リーマンショック前と似た状況」と消費増税の延期を発表した。シャープは台湾企業に身売りし、三菱自動車は日産の傘下に。日本の名だたる大企業が次々と窮地に陥っている。08年のリーマンショックから早9年、あらゆる(デタラメな)手段でたらい回しされてきた恐慌は、日本資本主義を捉えつつある。労働者の生きるための労働運動が問われている。(T)

ちば合同労組ニュース 第71号(2016年6月1日発行)より

1 2 3 8