連載・介護労働の現場から〈働き方編2〉自己オリエンテーション

連載・介護労働の現場から〈働き方編2〉

自己オリエンテーション

身体で覚えろ

職場であいさつ終われば、さっそく仕事。職場に回される前に座学研修やオリエンテーションがある施設も増えたが、介護はまだまだいきなり現場の業界。
最初から身体介護はやらせない。まずは、フロア(呼び方は施設によりいろいろだが利用者が居室以外に集まる部屋)での見守り。利用者が椅子やソファ、車いすで座っているのを「何にもしないで観てて」と言われる。お年寄りもこちらを見ている。正直つらい。しかし、それも半日程度。
午後になるとお茶くみや洗濯、掃除、下膳などの仕事を割り当てられる。このような家事的な仕事に対して、普段やり慣れなくてまごまごしていても、やり方などの説明はほとんどない。効率よく、ちゃっちゃとやって当然。
作業が終わって次に何をやる?ところが、さっき指示した職員も見当たらない状態のことも多い。こんなに人手不足なのに、現場職員は、新人ウエルカムの態勢ではない。
たとえ「わからないことは訊いて」と言われ、質問しても、職員が苛立っているのがわかる。業務に追われてるのに、つきまとっていろいろ訊いてくる新人がうっとうしい。なぜ、今日、私が教える係をやらなきゃならないわけという不満がありありと見て取れる。
たった一日で新人教育なんてものはなきに等しいと悟る。辞めてしまう人もいる。いまだにアタマでなく、身体で覚えろの前近代的な世界なのだ。いい加減な口伝えや勘に頼った働き方で、まともな人材は育つはずはなく、介護職の社会的評価も給料も低いままだ。

道順よりマップ

この少子化時代に、身体で覚えろでこき使い、ボロ雑巾のように捨てていくから人が定着しない。もうど根性部活路線はやめて、アタマで考える、合理的科学的で、専門性の高い労働者をめざそう。
そこで最初にオリエンテーション。中学一年生だって、入学式のあとはオリエンテーション。他業種でも常識的だが介護業界はほとんど存在しない。
n0074_03_01a まず、施設の概要や一日の仕事の流れ、職員の役割分担やシフトを知る。そのほうが早く仕事を覚えられ、混乱やトラブルを回避できるのに、オリエンテーション、まずない。
なければ作ろうよ。自己オリエンテーション。まず最初は施設内の平面図、配置図。入手するか作成する。位置情報に対して先輩が教えてくれるのは道順にすぎない。新人はグーグルマップで覚えるというわけだ。介護職員にきいてもダメなら、事務職や理学療養士、医務職なども協力してくれるかもしれない。先輩介護職を飛び越えて他業種と接触することには意味がある。(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

映画紹介『ブレッド&ローズ』ケン・ローチ監督

映画紹介『ブレッド&ローズ』

n0074_03_02a

ケン・ローチ監督。ビル清掃労働者の組織化を描く。タイトルは移民労働者が掲げたスローガンに由来。パンは最低限の生活、バラは豊かに生きるための尊厳を意味する。
主人公のマヤはメキシコ出身の労働者。ロサンゼルスに住む姉を頼りに国境を越えて米国に不法入国した。姉の紹介でオフィス街のビルで清掃員の仕事に就く。そこでは中南米諸国やロシアからきた移民労働者が働いていた。
マヤはある日、ビルに潜入した組合オルグのサムを助ける。サムは、彼女たちの賃金が20年前より低く、健康保険もないと指摘し、労働組合に誘う。興味を持ったマヤは職場の仲間と一緒に話を聞く。サムは、労働者たちの賃金がピンハネされていること、労働者の権利などを教えた。これを知った管理者が「次は解雇する」と脅迫、組織者が誰かを答えない女性労働者をクビにする。マヤは強い衝撃を受ける。会社の卑劣な分断を超えて労働者たちはしだいに団結していく……。
映画のモデルとなっているSEIU(サービス従業員国際組合)は、医療・介護、公務員、ビル清掃などを組織する全米最大の労組。「ジャニター(ビル清掃員)に正義を」キャンペーンは、業務委託に対応した組織化の戦略。ビル所有会社・管理会社は、ジャニターの直接雇用からビル清掃請負会社へ業務委託するようになったのだが、SEIUは委託元を真の雇用主として圧力をかけ組織化した。
SEIUは、労働運動の新潮流の代表格として有名だが、他方で「ストはやらない。交渉は本部役員」という古いビジネスユニオニズムの体質も。巨大労組で一筋縄ではいかない。しかし映画は参考になる。

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

根津公子さん 船橋で講演 9/24

いま世界で教育労働運動が熱い!

根津公子さん 船橋で講演

ストライキの国メキシコ

テレビで衝撃的な映像を目にした。世界中の辺境を旅するバラエティ番組「こんなところに日本人」。訪問先は中南米の国メキシコ。
レポーターが空港に着いた途端、ストライキが勃発。幹線道路が封鎖され、トラブル続きで目的地にたどり着けない。オアハカという町では死者も出る武力衝突も。茫然とするレポーターにメキシコ人たちは「よくあることだよ」と陽気に声をかける。
ストライキの主役は教師。教師たちが町の入口の幹線道路にピケット(検問所)をつくり、許可がないと町に入れない。レポーターも次第に「教師たちは大勢で炊き出しやっていてピクニックみたいで楽しそう」と変化。教師たちは公教育や先住民族の教育を守るために闘っているのだ。
メキシコの教師たちの闘いが米大陸の労働運動のルーツの一つも言われる。動労千葉とも交流があるUTLA(ロサンゼルス統一教組)のアーリーン・イノウエさんらが作成した『組織化の秘訣』(※)にこの精神が受け継がれています。ぜひ一読を。

先生たちが忙しすぎる

日本の教師たちはどうか。
「脱ゆとり」が加速する学校で追い詰められる教師。苦情対応・プリント・集金・書類作成……。多すぎる校務が「本業」を圧迫し、「授業に専念できない」の悲鳴。
「世界一忙しい」と言われる日本の教師。OECDの調査によると、教師の平均勤務時間が1週間で38・3時間。日本は1・4倍の53・9時間と最長。中・高校では「ブラック部活」と揶揄される、休日や夏休みも部活でサービス残業が強いられる。
指導内容にも政治が介入している。昨年の安保法制定とセットで自民党は「政治的中立を侵す教師の密告」を促すサイトを設立、教育現場に圧力を加えている。「学校から戦争は始まる」と言われるが、安倍首相は教師たちの反撃を何より怖いはず。

根津さんが船橋で講演

9月24日、教育現場で近年で最も闘った教師が船橋に来ます。東京都教育委員会の憎しみを一身に受け、クビをかけて闘った根津公子さん。
根津さんは、石原元都知事による「日の丸・君が代」強制に不起立を貫き、停職6か月の処分を受けました。
「次は解雇か」と言われる中でもあきらめずに闘いを継続。今年5月、最高裁判所が「停職処分は無効」の勝利判決を出し、根津さんの不起立闘争は勝利しました。
改憲・戦争や労働法制改悪の危機が叫ばれるなか、根津さんの勝利はとても勇気づけられます。メキシコのように明るく誇り高い教師・根津公子さんのお話を聞きに来て下さい。(組合員K)

(※)『組織化の秘訣』……少数派の組合活動家集団が現場労働者を組織し、多数派を形成。労使協調の執行部から労働組合を奪い返した闘いの教訓をまとめた手引き書。

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

11・6日比谷野音集会に大結集を

11・6日比谷野音集会に大結集を

n0074_04_02a

動労千葉などの呼びかけで11月6日、東京日比谷野外音楽堂において全国労働者総決起集会が開催されます。闘う労働組合の全国ネットワークをつくる集会です。ちば合同労組は組合として参加します。指定列車等は来月号でお知らせします。組合員以外の職場の仲間、友人・知人・家族を誘ってぜひともご参加ください。

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

【編集後記】

【編集後記】

9月13日から臨時国会が始まる方向で調整が進んでいる。安倍政権は「働き方改革が内閣の次の3年間で最大のチャレンジ」として、限定社員制度の確立のために解雇規制の緩和(クビ切り自由化)、労働時間規制の撤廃(残業代ゼロ制度)を狙う。来年4月の施行を目指した労働基準法の改悪案が継続審議になっている。労働時間規制の適用除外制度である「特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)」も労基法改悪案に入っている。さらには「フレックスタイム制の見直し」「企画業務型裁量労働制の見直し」など労働時間規制の緩和がオンパレードだ。裁量労働制の見直しでは、営業職の大半がみなし残業になりかねない。かなり大変な事態。ちば合同労組も取り組みます。

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より

雇用・労働法制をめぐる安倍政権の攻撃

〈ちば合同労組学習資料〉

雇用・労働法制をめぐる安倍政権の攻撃

ちば合同労働組合 2016/08/24 koyou-housei201608.PDF
このパンフレットは、
【1】労働者が団結して闘うことに展望を示したい。
【2】雇用・労働法制をめぐる安倍政権の攻撃。
【3】労働運動再生の道を示すCTS闘争。
――の3章構成の学習資料のうちの2章の部分を抜粋したものです。雇用・労働法制をめぐる安倍政権の攻撃の全体像を明らかにしたいと考えています。ご活用ください。

◎抜本的・根本的な安倍政権の雇用政策の転換

雇用・労働法制をめぐる安倍政権の攻撃は、本当に歴史的な転換、戦後労働法制の解体をめざす攻撃です。これは日本のみならずいま世界中で起きている問題です。
8月3日の内閣改造で、安倍首相が「次の3年間の最大のチャレンジ」という位置づけで「働き方改革」を提唱し、「働き方改革担当大臣」を新設しました。一億総活躍担当大臣が兼務しています。
安倍首相は記者会見で「最大のチャレンジは、『働き方改革』であります。長時間労働を是正します。同一労働同一賃金を実現し、『非正規』という言葉をこの国から一掃します」と述べています。
そして働き方改革担当大臣のもとに「働き方改革実現会議」も設置し、年度内をめどに、実行計画を策定すると言っています。

◎労働行政の大転換―労政審をまる無視

これ自体が労働行政の大転換です。建前とはいえ、労働問題は、使用者と労働者の利害が対立するので、労働法の改定や労働政策を変更するときには、厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会(労政審)の審議や調査が必要という慣習・仕組みになっています。
労政審は、公益・労働者・使用者の各代表10人の計30人で組織される三者構成方式を採っています。これはILO(国際労働機関)の原則に踏まえたものです。たとえば最低賃金法には、最低賃金を決めるとき政府は労政審の意見を反映させなければならないと規定しています。労働基準法や職業安定法などにも書いてある。
もちろんこれは建前で、労政審の労働者委員はすべて連合推薦です。労働貴族がちょっと建前っぽいことを言って、多少の歯止めをかける措置がつけ加えて、全体としては承認していく仕組みです。1990年代以降、こういう構図で労働法の後退・解体がドンドン進行したことは間違いありません。
ともあれ「長時間労働の是正」だとか「同一労働同一賃金の実現」を言うならば、厚生労働大臣が労政審に諮問して進めるのが、これまでの通常の流れです。 Continue reading →

ユニオン習志野 仲間2人を取り戻す!!

ユニオン習志野 仲間2人を取り戻す!!

p0073_01_01a

ユニオン習志野の2人の組合員が7月12日、被害もない、被害者もいない、あり得ない詐欺罪をデッチあげられ不当逮捕されました。
ユニオン習志野は、障がい者枠で採用された青年労働者の解雇撤回の闘いを展開してきました。これまでに20数回、新聞報道され、職員・市民のみならず全国の注目を集めていました。
ユニオンによる団体交渉やビラ配布、宣伝活動やデモ、市議会での質問・追及や障がい者団体の抗議・申し入れなど、習志野市・宮本市長が追い詰められていたことは間違いありません。
数回の団体交渉が決裂したためユニオン習志野は7月中に提訴すべく裁判の準備を進めていました。「ついに宮本市長が法定に」と注目を集める最中、弁護士との打ち合わせの当日に今回の逮捕劇が行われたのです。
宮本市長は、市のゴミ収集業務を受託する清掃会社の労災死亡事故の隠蔽事件や、パチンコ業界などとの癒着など、多くの不正・疑惑がオンパレードの人物です。
労災死亡事故の隠蔽を行った清掃会社は市長の後援会長が経営する会社で、防犯協会の会長も務める人物です。市長・後援会長(業界)・習志野警察署の「黒い三角形」は、多くの市民の知るところなのですが、反対や批判の声を暴力的に圧殺してきたのです。

ユニオン習志野は、労災死亡事故を追及する闘いを展開する中で結成された労働組合で、この間は不当解雇撤回闘争を展開し、果敢に宮本市長を追い詰めてきました。
習志野市政や宮本市長の黒い噂を知る人びとは新聞記者なども含めて例外なく「これは百パーセント政治的弾圧」と断定するような今回の逮捕事件だったのです。
「逮捕されるべきは宮本市長だ!」――この声が圧倒的に支持を集めました。習志野警察署に対する抗議闘争では、「うるさい」と出てきた周辺住民が「気の済むまで訴えて下さい」と快諾し、千葉地裁前で真実を暴き不当弾圧粉砕を訴えるビラに激励が殺到しました。ビラを手にした取り調べの刑事が「デタラメばかり書いて、市民が信じたらどうする」と血相を変えたそうです。市庁舎ではユニオンメンバーが職員にユニオンニュースを配りました。

極めつけは7月21日の勾留理由開示公判です。若い裁判官でしたが、上役の人間に指示された以外のことは話さないという没主体の対応でしたが、弁護士や傍聴席の追及に、次第に落ち着きをなくし、動揺する様子。翌日、裁判の様子は異例の新聞報道で「裁判官は追及に何も答えられず」と報道されました。
p0073_01_01b 結局、裁判翌日(22日)に2人を取り戻しました。これも新聞報道されました。釈放まで報道されるのは珍しく、いかにひどい政治弾圧かを示しています。

仲間の存在こそが解雇や弾圧を打ち破る力です。仲間を取り戻すために闘うユニオン、仲間のためには絶対に反撃するユニオン。これが弾圧を打ち破る力です。本当にありがとうございました。
ちば合同労組ニュース 第73号(2016年8月1日発行)より

16時間夜勤を合法化する労働基準法

jissen-hou-1 実践的に考える職場と労働法

16時間夜勤を合法化する労働基準法

労働時間とは?

今回は「労働時間とは何か」を考えてみたい。長時間労働の問題など論点は多様ですが今回は職場闘争の観点から。
労働時間はいつ、どこで、どんな態様で始まるのか。門から? タイムレコーダー打刻? 更衣室? 作業着手?
資本主義社会では、「時間」をめぐる問題は最も〝本質〟に関わる問題です。どんな経営者も、自分が支払った賃金以上に労働者を働かせることを最初から意識しています。〝時は金なり〟です。資本家は1分でも多く働かせたい。労働時間をめぐる闘争こそ労働組合にとって最も古く、そして中心的テーマです。
資本家は、単に8時間の労働力を買っただけではありません。その「瞬間刻々」を最大限の強度で使用したい。また機械や技術が陳腐化する前にできれば24時間リレー制で働かせたいと願っています。

実働1日38分増

かつて日本の工場は、工場の門を出入りする時間で労働時間を管理していました。8時始業なら8時に工場の門に滑り込んでタイムレコーダーに打刻すればセーフ。製鉄所など広い工場では、打刻後に構内バスで職場に行き作業着に着替えて仕事にかかるのが一般的でした。5時終業ならば4時半ぐらいに仕事を終え入浴して門まで行って5時に打刻すれば「終業5時」です。
これは経営者に言わせれば朝夕30分ずつ無駄に賃金を払っている。それで松下電器などで「現場到着制」が始まりました。工場の門にあったタイムレコーダーを作業現場に移動、職場に到着してから打刻させたのです。作業着に着替えて打刻、8時ジャスト作業開始!というわけです。
参考文献『労働基準法・実践の手引き』によれば三菱重工長崎造船所では、週休2日制とバーターで従来は労働時間とされた始業終業の関連行為(打刻・更衣・安全保護具の着脱・現場までの移動・洗面入浴など)がすべて時間外とされ、実働が1日38分延長されました。88年当時の年間出勤日数246日で掛けると「19日と3時間48分」、ほぼ1カ月の出勤日に相当する実労働時間の増加でした。
これに対する長船労組の闘いの成果がかの有名な「三菱重工業長崎造船所事件最高裁判決(作業着の着替えも労働時間/使用者の指揮命令下にあれば労働時間)」です。
私は不勉強でよく知らないのですが、職場闘争で有名な三菱長船労組です。その背後で激しい職場闘争を展開したはずです。研究課題です。

8時間制の解体

労働時間の原則(労働基準法32条)は「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない」「使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない」となっています。
お題目は画期的内容です。ですが法定8時間を強制する効力は実質ゼロです。使用者は36協定を締結して労働基準監督署に届ければ、時間外・休日にいくら長時間労働をさせても罰せられません。
しかも、36協定における上限となる労働時間についても労働基準法の定めはないのです。厚生労働大臣が上限を決めていますが(現在は週15時間・年360時間)、現実には「特別条項付き協定(エスケープ条項)」を許容しており無制限、そもそも過労死ライン(月80時間)超の限度時間を定める企業もあります。
調査によれば労働者代表と結ぶ36協定より労働組合と締結した方が延長時間は長い。

87年の大転換

介護施設では16時間の夜勤が当たり前です(ネットで検索してみて下さい)。なぜこんなに過酷な労働が合法なのだろうか!? 実は1987年の労基法改定で労働時間の大転換があったのです。
p0073_02_01a 労働時間の規定が「1日8時間・1週48時間」→「1週40時間・1日8時間」に変わりました(週40時間制に)。
「日」と「週」の位置が入れ替わったことに注意して下さい。もともとは1日の労働時間の上限があって、その上で1週の上限が決まっていました。ところが改定後は1週の労働時間の限度がまず設定され、1日8時間は1週40時間の〝割り振りの基準〟になったのです。
その狙いは変形労働時間制の拡大です。〈1日8時間の上限規制〉という考え方を解体して、平均して週40時間の枠内に収まれば良いという理屈を編み出したのです。
多くの介護職場で採用されている1カ月単位の変形労働時間制は、就業規則で一方的に制定できます。こんな過酷な働かせ方が〝合法〟だなんて、と叫びたい気分です。
看護師の夜勤制限をかちとったニッパチ闘争が必要です。介護職場で夜勤を制限させる職場闘争をどう形成するか。大きな課題です。みなさんのご意見を!(S)

ちば合同労組ニュース 第73号(2016年8月1日発行)より

連載・介護労働の現場から〈働き方編1〉

連載・介護労働の現場から〈働き方編1〉

パルチザン

働き方。まず介護事業者は、従業員十人程度の小規模から数十万程度の大手まである。大手でも1事業所はせいぜい百人程度の利用者で介護職は40~60人くらい。
大手のブランドで安定をとるか? 楽しく介護の仕事をすることをとるか? 目的によって働き方は異なる。この欄では後者の働き方を念頭においてるよ。
採用されて介護は初めてだと仮定して、働き方の稿を進めます。
ブラックかどうか
今どき、タイムカードない、交通費でない、社会保険ない、休憩取れない、サービス残業常態化…。国から介護報酬受け取っておきながら、そんな働き方をさせるブラック事業所は、分かった時点で即、やめる。
次に入社手続き。労務管理がしっかりしているか。契約書・就業規則など文書を提示しないところはまあブラック。採用決定に浮かれていてはいけない。非常識な業界に足を踏み入れようとしているのだと警戒したほうがいい。
入社時に、健康診断書の提出を求めるところが多いが、診断書にかかる費用は1万円以上、会社負担でない場合、急ぐことはない。様子見し、続けられると思ったら健康診断を受ける。督促されたら、お金がないんですといえばいい。本来は会社負担なのに素直に従うべきではない。
p0073_03_01a 最初の給料の明細書は、きちんとチェックし、不明な点は事務に訊く。事務が間違えたり、直近の法改正を知らない場合も多い。きちんと答えてくれない場合は半ブラック。相談窓口としては労働条件相談ほっとライン(厚労省)
元気にあいさつ
さあ、勤務初日です。かなりテンパってるかもしれないが、あいさつと自己紹介だけは、明るく元気に、できるだけ笑顔で。これは社会人教育の常套句だね。あいさつに対する反応で職場チェックをする。介護はお年寄り相手の仕事だが、チームワークの良し悪しがすべて。経営者が夢のような空虚な理念を掲げ、職員が精神論で踏ん張ってる施設は地獄だぜ。
介護は国の制度設計がむちゃくちゃで労働者にすべてのしわ寄せがきている。鎖につながれた奴隷船のイメージで日々働いている労働者も多い。きっぱりやめようね、そんな妄想。パルチザン(六月蜂起、ゲリラ、真田十勇士、スーパー戦隊、モンパラ、バトルガール…なんでもOK)の妄想にリニューアルしよう。
そして、元気にあいさつ。パルチザンの仲間にだよ。これから、現場労働者が愚痴や不満を出せる環境をつくる。そして思いを共有できる仲間をつくっていく。介護は実にめんどくさい仕事だから、シンプルに考えよう。介護の仕事は、お年寄りによい老後をすごしてもらうこと。
それが目標だ。
(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第73号(2016年8月1日発行)より

映画紹介『沈まぬ太陽』

映画紹介『沈まぬ太陽』

p0073_03_02a

御巣鷹山の事故シーンから始まる。1985年の日本航空123便墜落事故。子どもだったが良く覚えている。続いて映画は、60年代前半の労働組合の闘いのシーンが交差する。
主人公・恩地元のモデルとなった小倉寛太郎は実在の人物。日本航空労組委員長として日本航空初のストライキを指導、報復人事で約10年間の海外勤務を強いられた。
日本航空は1953年に半官半民の国営航空企業(ナショナル・フラッグ)として出発した。高度成長に伴い70年には輸送旅客数が約30倍となった。しかし急激な事業拡大に要員体制が追いつかず、労働条件の悪化と安全の危機が急速に深まった。深刻な安全問題を契機に労働組合が結成され、64年に初のスト。報復で4人の役員が解雇され、第2組合がつくられ、露骨な賃金・昇格差別が行われた。

日航は、創設から約20年、死亡事故がない。世界一安全な航空企業と宣伝された。しかし70年以降、死亡事故が頻発するようになる。輸送力の拡大とコスト削減を同時に実行し、会社に異議を唱えさせない組合敵視政策が背景にあった。
1980年代、競争促進と規制緩和は、航空業界にも波及。国鉄分割・民営化を提起した第2臨調は、日航の完全民営化と大合理化を要求した。国際線に全日空が参入し、競争とコスト削減が激化した。そして85年8月、日航ジャンボ墜落事故が発生。520人の生命が奪われた。
映画は、恩地と、労組の盟友で袂を分かち出世街道を進む行天四郎を軸に進む3時間超の長編。現実の日航は2010年に事業会社としては戦後最大の倒産で1万6千人を解雇。整備の海外委託など外注化や非正規化の先頭を進んでいる。

ちば合同労組ニュース 第73号(2016年8月1日発行)より

1 3 4 5 6 7 24