p0053_01_01

組合ニュースNo.53(2014/12/01)

ちば合同労組ニュース 第53号 2014/12月号 牛すき鍋復活!?すき家に未来ない 5月29日のすき家ストのきっかけになった牛すき鍋定食がすき家で復活しました。 今回は準備の手間が簡素化されワンオペでも大丈夫だと宣伝しています。しかし、過酷な労働環境はまったく改善されていません。雑誌の特集でも、「ワンオペをやめる」ということで深夜0時~5時を二人体制にしたようですが、しわ寄せで朝の忙しい時間帯での労働が一人勤務になり、「地獄」なんだと記事になっていました。 現在、すき家は深夜二人以上の体制をとれない6割の店舗で深夜休業しています。この関係ですき家の工場では牛丼材料の製造量が落ち込み労働時間の…

p0052_04_01

組合ニュースNo.52(2014/11/01)

ちば合同労組ニュース 第52号 2014/11月号 ちば合同労組と動労千葉の共催で地域集会開く 10月に入り気候の変化もある中、みなさんは体調を崩されていませんか? 台風が迫っていた10月5日、ちば合同労組と動労千葉の共催で「ちば労働者集会」を開催しました(写真)。3回の実行委員会を開催し、集会内容なども議論し、労組訪問や街頭宣伝を行い、ただ参加してもらうだけではなく共に運営していく仲間になってもらいながら準備をしてきました。 集会には130人が集まりました。ちば合同労組は委員長があいさつし、新分会結成の宣言をした仲間が発言し、1分間アピールの場では現在職場で闘っている仲間からの発言もありまし…

p20141029a

幕張本郷駅で派遣法ハンタイ。連日行動

(写真 遣法法大改悪案の審議が国会で始まった昨日につづき街宣と署名活動を行う【10月29日 幕張本郷駅前】)  派遣法の大改悪案の審議が臨時国会で始まった翌10月29日、ちば合同労組は幕張本郷駅で派遣法ハンタイのチラシを配りました。  前夜にニュースを見た人も多いようで手応えを感じました。  国会で座り込みも始まったようです。 廃案以外にアリマセン!

p20141028a

派遣法は雇用に誰も責任を取らない最低最悪の法律

派遣法の大改悪、国会審議入りに緊急街頭宣伝 (写真は10月28日 千葉駅【モノレール駅通路】で帰宅する労働者とりわけ非正規の労働者へビラ【ちば合同労組案内、派遣法改悪反対ビラ、11・2集会案内】を手渡しマイクで呼びかけを行う【18時ころ】) 臨時国会で派遣法の大改悪案の審議が始まりました。 安倍首相は、「世界一ビジネスのしやすい国にする」と言っています。 この法案は、派遣の全面解禁法・生涯ハケン法ともいうべきもので、 派遣を使いたい企業に圧倒的に有利で、労働者にはなんのメリットもないものです。 ちば合同労組は、労働相談を通じて派遣労働者の問題についてたくさん取り組んできました。 企業と団体交渉…

anti-haken-low-sm

派遣法改悪ハンタイ

改悪法反対ビラ (PDF) 安倍首相「世界一ビジネスがしやすい国にする」 →  ハケン全面解禁/残業代ゼロ/解雇しやすい正社員 派遣法改悪ハンタイ 安倍政権は「世界一ビジネスがしやすい国にする」として臨時国会に労働者派遣法のダイ改悪案を提出しました。 派遣法改正案は、生涯ハケン法・ハケン全面解禁法です。  「世界一働きにくい国」「世界一労働者に過酷な国」――これが安倍政権の労働政策です。  (クリックで拡大) 生涯ハケンで3年ごとクビ 今まで派遣は、通訳や秘書など専門業務の他は、原則1年で最大3年でした。制限期間を超える場合は直接雇用です。 今回の改悪案は、派遣の対象を全業務に解禁し、期間につ…

n0051_04_01a

組合ニュースNo.51(2014/10/01)

(写真 動労千葉は10月1日にストライキを行いました。ちば合同労組も支援に駆けつけました) 第8回定期大会 職場分会づくりを軸に活動を 9月14日の定期大会において職場分会づくりを軸に据えて活動していくことが確認されました。特に拠点となる分会を建設することが、他の分会・組合全体・地域の労働運動を活性化し、推し進める上で重要な課題です。 そのような拠点を私の職場につくることを決意し、新たに副委員長に就任しました。 私が働く介護職場では、2000年の介護保険法の施行以降、介護が金儲けの手段にされ、そこで働く労働者も低賃金・要員不足・過酷な夜勤など劣悪な労働条件に置かれています。 すき家ストと同様、…

fly20141005a

安倍打倒! 10・5 ちば労働者集会への参加のお願い

千葉合同労組の仲間の皆さん、支援の皆さん。今秋に「安倍打倒」の集会を行います。 下記に呼びかけの「参加のお願い」をテキストで掲載しました。PDF版とチラシ(PDF)も合わせて掲載しました。回りの仲間と青年、労働者、市民にアピールしてください。 ---------------------------------  職場で殺されてたまるか!  戦争で殺されてたまるか! 闘いなくして安全なし! 安倍打倒! 10・5ちば労働者集会への参加のお願い 参加のお願い 7月1日、安倍政権はウソとペテンの恫喝をもって、集団的自衛権行使の閣議決定を強行し、改憲と戦争への道を進みだしました。「戦争をする国」への転換…

ちば合同労働組合第8回定期大会のご案内

組合員各位 関係者各位 ちば合同労働組合第8回定期大会のご案内 2014年7月28日 ちば合同労働組合 執行委員長 諸町三夫 DC会館において9月14日に開催する第8回定期大会への参加を訴えます。ちば合同労働組合と共に闘うすべてのみなさんの参加も訴えます。 安倍内閣は7月1日、集団的自衛権の解釈を変更する閣議決定を行いました。「我が国と密接な関係のある国」が戦争に入ったら出かけていって参加するという戦争宣言です。 第8回定期大会は、こうした戦争宣言のもとで労働組合の存在意義を問う大会となります。戦争と排外主義、愛国主義、民族差別に屈することは、労働組合にとって労働者階級を裏切るものです。 労働…

suika180

組合ニュースNo.49(2014/08/01)より

労働者の安全なくして〝食の安全〟は守れない すき家で働くすべてのみなさん。 日本の外食産業にまた衝撃が走りました。中国上海の食肉加工工場で日本の外食産業向けの材料に、使用期限切れの食肉が使われていたというのです。外食産業における「食の安全」がいま根底から揺らいでいます。 外食産業における食肉加工の外注(アウトソーシング)は、国鉄の分割・民営化がJR北海道の安全の崩壊をもたらしたのと同様に、「食の安全」を危機に追いやっているのです。 すき家はどうでしょうか? すき家では前から「食の安全を守る」ために牛丼材料の自社生産を行ってきました。現在ではGFFという子会社がゼンショーHDのもとで生産を担当し…

d0094245_3544418

組合ニュースNo.48(2014/07/02)より

組合ニュースNo.48(2014/07/02)より すき家スト後 早朝ビラ実施中! 5月29日のすき家ストライキ以後、船橋工場の最寄り駅で毎週の早朝ビラ配りを実施しています。朝早くで大変ですが、食品コンビナートに出勤する労働者にあいさつしながらビラを配っています。 すき家ストは、働く者の声が実際に社会を動かすことを示しました。ブラック企業で知られるワタミは、社員に配布している「理念集」にある「365日24時間死ぬまで働け」という表現を改め、従業員数を増やしました。 ちば合同労組は、食品コンピナート各工場に企業の壁を越えた労働者の団結と組織をつくろうと訴えています。組合員のみなさん、ぜひご参加を…