『私たちが見えますか―弘益(ホンイク)大清掃・警備労働者の物語』

〈書評〉『私たちが見えますか――弘益(ホンイク)大清掃・警備労働者の物語』

この本は2011年1月3日から、なんと49日間にもわたって籠城闘争を闘い抜き、原職復帰を頂点に団体協約を締結し、賃金・労働条件の改善をかちとった韓国にある弘益大という大学で働く清掃、警備の労働者の記録です。
そもそも人びとは彼女たちを見ようとはしません。男子トイレに女性労働者が入ってきても平然と用をすませる。「ああ、あの人たちの目には私が見えていないんだ」とくやしい思いをこらえて生きてきた人たちが労働組合をつくり、闘いを通して人間となり、堂々とした労働者になったのです。
2011年、厳しい寒さの中、韓国社会を熱くした彼らの闘いは、労働者はもちろん芸能人・宗教人・学生・一般市民が参加する社会連帯・地域ぐるみの運動をつくりだし勝利しました。
月給75万ウォン(約5万円)に1日の食事代300ウォン(約20円)など、劣悪な労働条件もさることながら、彼らが労働組合に加入して闘ったのは〈蔑視されるのは許せない〉ということにあります。
そして、彼らの闘いを可能にした大きな力が、公共労組ソウル京仁公共サービス支部大学分会の戦略的組織化事業にあります。〈非正規職労働者が闘争で勝つためには業種を超えて地域で団結しなければならない〉として2007年に旗揚げし、4年後に3倍の1800人の組織化をかちとっています。
そのために教育だけでなく集団交渉や共同闘争も展開しました。労働者と組合指導者の関係は一方通行ではなく、労働者の力を引き出すことに力が注がれていることに感動します。
休憩する場所もなく、食べ物のにおいや火災の危険を理由に「冷や飯」を食べなければならない労働現場に「あったかご飯一食」運動のキャンペーンは世論づくりに貢献します。
こうした中で弘益大でも2010年12月2日、総長室のある文献館前で労働組合の結成式が行われます。これでさらに多くの組合員を獲得します。だが労働組合に対する大学当局のアレルギー反応は想像を超え、「耳も貸しませんでした」。
そして、請負会社が入れ替わってもそこで働く労働者はそのまま働いてきた慣行を踏みにじり、請負会社も飲めない最低賃金にも満たない人件費で計算した契約を提示、1月2日、何も知らずに働きに出てきた労働者に突然の解雇。
闘う中で組合員・労働組合は今まで経験したことのない世界を見ました。組合員はどう変化したのか。まず自らの存在に気が付きました。資本と労働者の関係、非正規職労働者として学校請負会社・労働者間の関係を知った。何よりも間接雇用の鎖を知ります。労働組合を通じた集団交渉について考え、酒飲みの話の政治問題ではなく、まさに自分が解決するべきだと感じるようになります。隣の人たちを堂々と説得できるようになった。
労働の価値に対する考え方も変わった。「『おばさん』ってじゃなくて名前で呼べばいいでしょ」。管理者に抗議するようになった組合員をみて分会長は「ああ、そうだ。これが私たちの力だ」と。
彼女たちの闘いはテレビにも取り上げられ、放送を見た人から「うちの会社に来ればもっと楽で賃金のいい仕事を提供する」という申し出を受ける組合員。心が揺れたが闘争で教わった歌が浮かぶ。
「揺らいではならない。バラバラになったら死ぬ――私なんか小さな力でも、この労働組合が一つに固まるときに力が湧くのであって、私が出ていったらだめだ。自分だけ楽に暮らそうなんて、そんなんことはできない」
こうして彼らは勝利を手にしました。ぜひ読んでみてください。