【編集後記】ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

広報

【編集後記】

n0062_02_01a安保法案に反対する8月30日の国会デモに参加しました。12万人が集まりました。国会議事堂正門側は警察の規制が瓦解し、人、人、人で埋め尽くされました。60年安保闘争の写真のようでした。大勢の人びとの気持ちと行動力を実感しました。(S)

ジブリの『火垂るの墓』を久しぶりにテレビでみた。高畑勲監督は「この映画では、こういう目に遭わないためには戦争が必要という論理には勝てない」という趣旨のことを言っていました。ちょっと考えさせられます。(T)

関西生コン支部の武谷さんの講義は勉強になった。労働組合には〈モノの見方・考え方〉が必要なのだと思いました。労働者全体に影響力を及ぼす構想と闘いが労働運動には必要です。関生は確かにすごいけれども、それはただ労働者の団結によって生まれているのです。(M)

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より