映画紹介『サンシャイン・クリーニング』

広報

映画紹介『サンシャイン・クリーニング』

 ごく簡単にいえば、〝負け組〟姉妹が一発逆転を狙って始めた「特殊清掃」の仕事を通してさまざまな経験を積み、人生を見つめ直し、家族で困難を乗り越えていく物語。
 主人公ローズは、高校時代はチアリーダーで華やかな学生時代を送ったが、現在はシングルマザーで高校時代の元彼と不倫中。息子のことで学校から呼び出しも多い。生活は苦しくハウスクリーニングの仕事で食いつなぐ。妹ノラは、パンクファッションに身を包み、短気で不器用なため仕事が続かない。ローズの仕事中、息子の面倒を見るのはノラだ。姉妹の父親も生活能力はイマイチな感じで、母は幼い頃に自殺した。ケンカしながらも家族互いに支え合って生きている。

 ある日、ローズは金持ちの同級生に再会し心穏やかではない。息子のことで学校と衝突し転校費用が必要になる。高額報酬に惹かれローズは犯罪や自殺現場のいわゆる「特殊清掃」の世界に入る。素人には難しい世界だが、妹を誘い、清掃道具店の親切な店員に助けてもらい、勉強もして、だんだん仕事に誇りとやりがいを感じ始める。
 特殊清掃ならでは人間ドラマも展開し、ノラが遺族の女性と仲良くなる場面も。やがて仕事は軌道に乗り始め、業務用車両を購入し、広告も出す。ローズは同級生の集まりに参加し、この仕事の大切さを力説する。だが仕事をノラ一人に押しつけたため失火で巨額の損害が…。姉妹は口も聞かなくなる。やがて姉妹は和解し、母の思い出に触れ、そして父の助けを借りて再出発。

 地味な映画ですが、何気ない台詞や日常が良い。家族の団結で困難を乗り越える映画で、お仕事映画としてはリアルさに欠けやや物足りないかもしれない。

ちば合同労組ニュース 第106号 2019年05月1日発行より