映画紹介『万引き家族』

広報

映画紹介『万引き家族』

 さまざまな社会問題と共に「家族とは何か?」というテーマがけっこう複雑に盛り込まれた映画。

 柴田初枝(樹木希林)家の偽の息子夫婦である治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)。2人は信代のDV夫を殺害後、柴田家に同居人として転がり込む。治は建設現場の日雇い労働者と働くが足を骨折し働けなくなる(労災給付は出ず)。クリーニング工場で働く信代も同僚と2人どちらかクビと言われ、弱みを握られた信代も仕事を失う。

 治と信代の2人は、車に置き去りにされた所を連れ去った祥太と、実の両親から虐待を受け居場所のない凛を「誘拐」。偽家族は万引きで生計を立てていく。
 祥太は、治の本名「勝太」から名付けた偽名だ。親の愛情を受けることなく育った治は、自分自身の本名を祥太に重ね、親子の愛情を再現しようとする。凛は、当初「ゆり」と呼ばれるも誘拐事件がニュースになり、髪を短く切り名前を変える。かつて学校でいじめられた信代に優しく接した同級生の名前が凛で、信代は凛に同級生を投影し、愛情を注ぐ。
 さらに初枝の元夫の後妻の息子の長女も転がり込んで、全員が赤の他人の「柴田家」。だが音だけの花火大会、海水浴など通して〝家族の絆〟を深めていく。

 老衰で亡くなった初枝の遺体を家の下に埋め、年金を不正受給。やがて万引きに疑問を覚える祥太。凛の万引きが引き金となり祥太が保護され、柴田家は警察と福祉行政によって解体されていく。
 樹木希林、安藤サクラ、リリー・フランキーの演技は抑制的なのが逆に鬼気迫る感じで怖いくらいだった。

ちば合同労組ニュース 第120号 2020年07月1日発行より