本の紹介 『非正規が闘って、勝った』―生コン運転手の闘いの記録

広報

本の紹介

『非正規が闘って、勝った』

―生コン運転手の闘いの記録

止まらぬ非正規化

p0064_04_01a

p0064_04_01b『絶望の非正規』。こんなタイトルで特集が組まれた週刊『東洋経済』(10月17日)。
派遣法改悪で、非正規増大の深刻さに警鐘を鳴らす。この特集の中で、非正規の増加率ランキングのナンバーワン企業は「イオン」。非正規率は66%だ。ちなみに、ちば合同労組になじみのある企業では、ゼンショーHDが4位、JR東日本が20位だ。名だたる企業が非正規に置き換えている。労働組合にとっても非正規職の増大へ対抗することが急務だ。
そんな状況のなかで非正規労働者が闘って勝った先駆的闘いがある。東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会だ。

ミキサー車の運転手でつくるこの組合は、一人の組合員の解雇をめぐって争い、ワンマン女社長の横暴に徹底的に闘った。分会三役が解雇されるも、3年間の解雇撤回の闘いで裁判闘争に勝利し、原職復帰。この8月、亡くなった組合員の解雇無効を認める都労委命令をかちとった。
鈴コン分会の闘いは、非正規であっても、ストライキができるし、勝利できる一つの教訓を示した。この鈴コン分会の7年間の闘いをまとめた『非正規が闘って勝った』(東京西部ユニオン編)が刊行されました。
組合員の方も、ぜひ一読をお願いします。ちば合同労組で取り扱っています。B6判256㌻。組合員価格1000円。(K)

ちば合同労組ニュース 第64号(2015年11月1日発行)より