第10回定期大会を成功させよう!

広報

第10回定期大会を成功させよう!

別紙の通り、DC会館でちば合同労組第10回定期大会を開催いたします。すべての組合員の皆様のご出席を要請するとともに、職場のお仲間に組合加入と大会への参加の呼びかけをお願いします。
この1年間、昨年7月のユニオン習志野の結成に続き、医療・介護職場における分会や組合の結成など、職場に労働組合(分会)をつくるという組合結成時から目指してきた方向がようやく形になってきました。
何よりも職場の中で労働者が団結して闘うこと、職場の中から労働組合の芽をつくりだすこと、これを次の1年間の最優先課題にしたいと思います。その中でこそ、地域的な団結や闘いの経験の蓄積、相談や支援などのスタッフ体制など地域合同労組・ユニオンの長所が発揮されると思います。
安倍政権は「次の3年間で最大のチャレンジは働き方改革だ」として、次期国会においても、クビ切り自由化や残業代ゼロ(労働時間規制の撤廃)の法制化など、労働法制の転覆を目指しています。
「コストコは管理職以外は全員時給制」という記事が話題になっています。コストコは時給1250円で募集しています。しかし半数を占めるパート・アルバイトは週20~30時間以内の時給制。「家族を養うために週40時間働きたい」「社会保険に加入したいので30時間以上働きたい」と言っても知らん顔です。数年間を経てようやく正社員になっても時給制のままです。
安倍政権の提唱する「限定社員」「同一労働同一賃金」は、〝正社員〟という働き方を撤廃し、パソコン部品のように必要な時に必要な場所にはめ込むジャストインタイム(トヨタ生産方式)の雇用です。
n0074_01_01b 労働者の雇用や賃金のあり方が根本的に破壊されようとしています。これは世界中のテーマです。韓国やフランスでは高校生まで含めたゼネストになっています。ところが日本は有効な反対運動が組織されていない状況です。今こそ本当に労働組合を再生させる時がきました。
ちば合同労組は動労千葉とともに千葉県に闘う労働組合の新潮流をつくりだしたいと考えています。この1年で結成された拠点での闘いを前進させ、新たな闘いと団結の拠点をつくりだします。10月2日には千葉県労働者集会を開催する方向です。
区切りともなる第10回定期大会で活発な討論を行い、ちば合同労組はドーンと飛躍したいと思います。組合員の大結集をお願いします。
(書記長)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

n0074_01_01a

メキシコ全土で教員が無期限スト

世界中で教員労働運動が高揚している

9・24根津公子さん船橋で講演会(記事4面)

ちば合同労組ニュース 第74号(2016年9月1日発行)より