組合に入って春闘を  ちば合同 すき家で春闘スト方針

広報

労働組合に入って春闘を

ちば合同労組

すき家で春闘スト方針

CGR-logol 働く皆さん。毎日のお仕事、お疲れ様です。

アベノミクスで株価は上がっていますが消費増税や物価上昇により実質的な賃下げの状況が続いています。
春闘の季節です。今年の春こそ、苦しい現状を打破して大幅賃上げのアクションを起こしてみませんか。 「ちば合同労組」は誰でも加入できる地域の労働組合です。

●競争ではなく団結で賃上げを

労働者同士が競争関係に陥り、成果や能力主義になってしまえば、賃金が上がるのは一握りだけです。労働者全体の賃金は抑制され、企業の総額賃金が減ってしまうことは明白です。
それよりも職場で働く者みんながちゃんと生活 できる賃金を団結して要求することが大切だと思います。
〈一人はみんなのために、みんなは一人のために〉。私たちの組合はこの精神で春闘を行います。ぜひ組合に入って春闘を一緒に闘いましょう。

●団体交渉回避のすき家

ちば合同労組は1月15日、大手牛丼チェーンすき家の工場部門であるGFF社に対して、労働者全員一律時給10円アップを求める要求書を提出しました。2月末日を回答期限とし、ゼロ回答・拒否回答の場合は3月にストライキを実施することを通告しました。
GFF社は、昨年5月29日の〈すき家肉の日ストライキ〉以来、一貫して労働組合との団体交渉を避けてきました。GFF社にどんな思惑があるのかは分かりませんが、私たち労働組合側は、すき家がブラ ック企業から脱却する絶好の機会として労使交渉を用意したと考えています。

●すき家で春闘ストライキ

すき家GFF社が安易に賃上げ交渉を拒否するのであれば、ちば合同労組はブラック企業と最期まで闘います。ちば合同労組は3月、すき家に対して春闘ストライキを実施する予定です。応援よろしくお願いします。
誰しも賃金や労働条件などの要求があるはずです。労働組合に加入すれば、団体交渉やストライキもできます。ぜひ組合に入って春闘を!