非正規化・パワハラ・雇い止め・貧困化…。労働者はモノじゃない!

労働問題は一人で悩まずご相談を!

2014年3月

 年度末の多忙な中、出勤ご苦労様です。私たちは、千葉県下で働く労働者でつくる労働組合・ちば合同労組です。
この3月、ちば合同労働組合の組合員にも、解雇・雇い止め、労働契約の不利益変更、退職強要、強制配転などをめぐって労働争議が頻発しています。
新聞などでは「春闘でベースアップ、賃金が上がる」と報じられていますが、とんでもありません。これは1%にも満たない大企業だけです。4月から消費税が8%に増税され、労働者に生活苦がおしつけられます。
私たち労働者が「生きさせろ!」と声をあげるのは当然です!
韓国では、歴史的な大ゼネストが行われました。ちば合同労組も、この情勢と対決し、負けずに労働者の生活と権利をかけて闘います。

ATTETION!

①雇い止めは違法です。「契約期間の満了」だけでは解雇の理由にはなりません。撤回させられます。

②「辞めない」とはっきり意思表示しよう。「時給の切り下げ」「勤務時間の短縮」等々も、雇い止め攻撃です。自分から退職しては会社の思うツボです。

③一人で悩まず、ちば合同労組に相談してください。秘密は厳守します。相談は無料です。