雇止め撤回を求めてスト/〝労働者は備品じゃない〟

広報

〝労働者は備品じゃない〟

雇止め撤回を求めてストライキ

 ちば合同労組は6月26日、A組合員の雇い止めの撤回を要求して、人材派遣大手のヒト・コミュニケーションズのグループ企業「SELES ROBOTICS社」で時限ストライキを決行しました。ストライキ実施場所はJR池袋駅からすぐの場所です。
 新型コロナ感染拡大による影響で解雇や雇い止め、派遣切りが激増しています。SALES ROBOTICS社は、インバウンド関連のコールセンター業務が減少したことを雇い止めの理由としていますが、有期雇用の契約社員を業務量に応じて増減させればよいとしか考えていないの(1面からの続き)です。3月末にも20人の労働者を雇い止めし、さらにまた6月末で雇い止めを強行しようとしているのです。SALES ROBOTICS社は、企業としての〝雇用責任〟についてはほとんど考慮することなく、有期雇用労働者を雇用の調整弁としてしか考えていません。6月26日に行われた団体交渉では会社側弁護士が「3か月の有期雇用であり業務がなくなったから雇い止めになるのはアンラッキーだがあきらめてくれ」と主張しました。
 私たち労働者は、オフィスや工場の備品ではありません。血の通った、家族も生活があり、人生もある人間です。「業務が減ってアンラッキー」の一言で簡単に雇い止めされることは断じて容認できません。
 いま多くの労働者がコロナ感染と失業の脅威にさらされています。新聞などが報じただけでも数万人が解雇や雇い止めにされています。企業の利潤のために労働者だけが一方的に解雇や雇い止めになっている状況を変えるために、みんなで声を上げることが必要です。
 今回のストライキは、たった1人の組合員の指名ストですが、大手人材派遣会社人コミュニケーション子会社での解雇・雇い止め反対のストライキであり、社会的にも大きな意義があります。準備期間は1日という緊急の呼びかけでしたが、ちば合同労組の組合員、千葉労組交流センターなど千葉の仲間だけでなく、地元・池袋に事務所がある東京北部ユニオンや杉並に事務所がある東京西部ユニオンの仲間も駆けつけてくれました。
 土砂降りの中でのスト支援行動となりましたが、多くの仲間の結集によって不安も感じていた当該組合員も大いに励まされました。仲間のみなさん、本当にありがとうございます。雇い止め撤回に向け、さらに闘い抜きます。ご支援をよろしくお願いいたします。(書記長S)

ちば合同労組ニュース 第120号 2020年07月1日発行より

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

労働学校へご参加を

テーマ 労働法制改悪―「働き方改革」との闘い

日時 7月18日(土)13時~ 講師 山本志都(弁護士)

 ちば合同労組は組合として集団受講しています。今回は、労働弁護士として数々の労働事件に取り組んできた山本弁護士。官製ワーキングプア研究会の副理事長でもあります。ぜひご参加を!