3・13千葉春闘集会

広報

p20160313d

3・13千葉春闘集会

労働者をなめんなよ! 職場をこえて立ち上がろう!

労働者派遣法は廃止! 非正規職をなくせ! 改憲・戦争と貧困をもたらす安倍倒そう!

日時: 3月13日(日)13時~
場所: DC会館(JR東千葉駅前、千葉市中央区要町2-8)
主催 ちば合同労働組合
TEL:043-225-2207 メール:union1@outlook.com HP:https://www.chiba-goudou.org/

p20160313c

◆会場への行き方 JR千葉駅より徒歩12分、JR東千葉駅より徒歩1分

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

p20160313a

※写真:(左から):最低賃金をあげろと叫ぶ労働者(米)/動労水戸のストライキ/2・14国鉄集会

なくせ!派遣法 非正規職は撤廃!

おかしいことにおかしいと言える労働組合をつくろう!

p20160313b

(※写真:アメリカでは「最低賃金を上げろ!」という世論が高まっている)

きたる3月13日、労働者をなめんなよ! 職場をこえて立ち上がろう! 3.13千葉春闘集会を開催いたします。 千葉県内の闘う労働組合・労働者が職種や職場の違いをこえて団結し、安倍政権による労働法制大改悪や戦争・改憲攻撃に立ち向かい、闘う労働組合を職場からつくりだすことをめざす集会です。

●労働法制の大改悪と闘おう

今年の春闘は、安倍政権の労働法制大改悪と闘う春闘です。安倍は「同一労働同一賃金」を掲げ、すべての労働者の賃金を非正規雇用の低賃金に引き下げようとしています。すでに昨年、労働者派遣法の改悪が強行され、「一時的」「限定的」とされた労働者派遣の制約がなくなり、企業は永久に派遣労働者を受け入れることができるようになりました。派遣労働者にたいし3年で解雇し、一生派遣労働を強いようとしています。 安倍は、労働時間で賃金を計算するのをやめて、成果(結果)で賃金を計算する制度に変えると言っています。これは8時間労働制を破壊し、残業代を払わず、労働者に長時間労働と過労死を強制して、資本だけが金もうけするものです。闘わなければ、労働者は生きていけません。

●闘いは進む

全世界で労働者たちは動きだしています。昨年は安保関連法に反対する国会前の数十万の人びとが立ち上がりました。そして、千葉県下の労働者の仲間は職場で労働組合をつくって闘いを始めました。 JRで運転士や車両のメンテナンスなどを行う労働者が結集する動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)は、国鉄がJRに分割・民営化された時(1987年)に解雇されたことは組合差別による不当労働行為であることを最高裁判所に認めさせ(2015年6月30日)、JRに対して「解雇された労働者を直接採用せよ」と要求する新たな闘いを始めました。 習志野市の自治体職場で働く労働者は、正規職・非正規職・委託先の誰でも入れる新しい労働組合として、ユニオン習志野を結成しました(15年7月)。今春闘では臨時的任用職員(非正規職労働者)を正規で雇用することを求めて闘っています。 郵便局で働く非正規職の青年労働者は、仕事中でケガをしたにも関わらず、「病院に行くと労災になるだろ(だから行くな)」と発言した管理職を追及し、「申し訳なかった」と謝罪させる勝利をかちとりました
(16年2月)。 介護職場で働く労働者は、ちば合同労組の新分会を結成し(15年6月)、十数人で団体交渉を行い、仲間の賃下げを粉砕する勝利をかちとりました。今春闘では職場アンケートを集め、施設側(資本側)に春闘要求を叩きつけようとしています。

●団結して闘えば、勝てる

3.13千葉春闘集会は、こうした国鉄(JR)、自治体、郵政、介護・医療などの労働者が一堂に集まり、それぞれの教訓を出し合います。労働者一人一人にこそ、労働者が誇りをもって働ける職場をつくりだす力があります。この集会をきっかけに、私たちとともに職場で闘いを始めよう。 飛び入り歓迎! 職場で悩んでいる方も気軽に相談に来てください。安倍政権の狙う労働法制大改悪によって私たちの労働環境・社会全体がどうなるのかを具体的に明らかにする講演もあります。多くの仲間の参加を心から呼びかけます。