闘う労働組合の全国ネットめざし野音で労働者集会

広報

闘う労働組合の全国ネットをめざし 日比谷野音で労働者集会

 東京・日比谷野外音楽堂で11月7日、関西生コン労組や動労千葉などの呼びかけで全国労働者集会が開催され、全国から2150人が集まりました。ちば合同労組も組合として賛同・参加しました。
 東京・過労死を考える会が来賓であいさつ、さいたま新都心郵便局でのパワハラ・過労自殺の遺族の訴えが胸に迫りました。
 動労千葉の関道利委員長が「新自由主義を終わらせ社会を根本から変革する力は労働者の団結した力だ」と訴えました。関西生コン労組のアピール、国鉄1047名解雇撤回の訴え。さらにはミャンマーの若者が数十人で登壇し、真剣な訴えに心を動かされました。

===========

労働学校へご参加を

 テーマ 社会保障改悪―医療・介護をめぐる闘い
 日時 12月18日(土)13時~ 講師 山部明子

ちば合同労組ニュース 第137号 2021年12月1日発行より