連載・介護労働の現場から〈25〉 自己都合/会社都合

連載・介護労働の現場から 〈25〉

自己都合/会社都合

社長は、顧問の社労士と相談する、と私の要求を持ち帰った。職場に行くと和田さんが近寄ってきた。
「どうして辞めるの? ケガが治るまでレク担当やれば? 他の仕事はみんな引き受けるから」
「辞めるとは言ってないよ。ケガしたから管理者がクビだって言ってるだけ。社長は管理者がクビだという者を雇い続けられないんだって」

力石が来た。「あらまぁ、この腕じゃもう居座れないでしょ。ケガの多い人だね。もう歳なんだし、ぶっちゃけ、あらかんさんは介護には向かない性格だと思うよ」
うるせぇ~、私はほんとは介護の仕事が中途半端になっていることがいちばん気がかりなのだ。もっと介護を極めたい。でも別にこの施設でなくてもいいのだ。

和田さんが「私はあらかんさんがいるからガマンしてきたのよ。私も辞めようかな?」と言ったので、私が社長に要求した3条件について話した。
これまで毎月のように人が辞めていったが、社長によると、私みたいに手続きをした人は皆無。突然無断欠勤し、フェイドアウトするのが一般的。
利用者たちは私のギブス姿に一様に驚き、口ぐちに慰めてくれた。これまでずっとギブスはからかいの対象だったから、利用者の心がこもった言葉に泣きそうになってしまった。
利用者たちにもう会えなくなると思うとつらかったし、初めてケガをしてしまったことを悔いた。「もう辞めるかも?」とは、とても言い出せなかった。

休憩室にある私物を持ち帰れという力石を無視して職場を離れた。辞めると言っていない以上、私物を持ち帰ることはできない。
和田さんが力石さんに「(私の私物を)勝手に処分したら、窃盗だからね」と言ってくれた。和田さん、私に似てきたなぁ、後継者になってくれるかも…。

n0059_03_01a社長からは次の日に電話がきてその日の午後、社長に会った。要求のうち、(2)の有給は支払う。(3)の傷病手当金は自分で手続をとることでOK。ただし、(1)の解雇予告は出せない。有給を消化した時点で、会社都合ではなく、自己都合の退職届を出してくれということだった。
「私は、辞めると言ってないから、自己都合ではないでしょ。なぜ会社都合にしないの?」
社長は、「管理者からは、あらかんさんが辞めたいと言ったと報告を受けている」と繰り返していたが、そんなものいまさら理由にならない。食い下がると、社長は本当の理由を明かした。
「詳しくは言えないけど、社員を会社都合で辞めさせると、もらった助成金が無効になる」。

あぁ、そうなんだ。(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第59号(2015年6月1日発行)より

報酬切り下げの中、賃上げを飲ませた!

介護職場に労働組合を

報酬切り下げの中、賃上げを飲ませた!

職場で夜勤食を要求したのは1年くらい前。これから夏場になり食中毒が心配される時季だ。

夜勤は夕方4時半から朝の9時半まで17時間も拘束される。夕食はもちろん朝食もつくって(あるいは買って)職場に入る。

この職場は初めての介護現場なので私は知らなかったのだが、どこの施設でも夜勤に食事を出すのは当たり前らしい。うちの施設でも宿直者には「検食」という形で夜食を出している。

夜勤手当が低いこともあり感染症予防の観点からも話を切り出しやすい夜勤食を会議の場で要求しようとなった。

会議というのは、業務改善を目的に月に一度開かれる現場労働者と事務や看護師など他の部署の人や施設長も参加する生産性向上の会議。この場を利用して人員を増やせなど現場の声を上げるようにもっていっている。

当初、施設の回答は「調理場を任せている外注会社ではどこの施設も夜勤食はやっていない」。食い下がると「アンケートを取る」「近隣の施設の状況を調べる」。

なかなか長引いたが、その間にも給与の低さについて職員間で不満が公然と上がるようになってきた。

中間管理職でさえ職員の待遇を良くしないと良い介護はできないし人も来ないと施設長に談判するほどになった。
施設の開設当初は、それなりに職員の応募もあったが今は周辺にどんどん施設が建ち、開設当初からの職員も人間関係などで辞めていき、人員不足の状態が常態化し、ついには派遣を入れてギリギリ現場を回している。人が減ることでますます労働強化され、「こなし介護」の毎日。

施設長は募集しても人が来ないと説明していた。本当かどうかは不明だが、この給料では来ないのはうなづける。
私の入職時、求人票には「試用期間3か月」と書いてあったのに最初に渡された契約書は2週間の雇用期間。それも時給は最低賃金。なぜ2週間なのかと訊ねると、いつでもクビを切れるという趣旨のことを言われた。単に給料の低さ以前的な問題だ。

話を戻して、下からの突き上げに押されて、施設長も動かざるを得なくなった。3月末に理事会の場で賃上げを要求したのだ。
要求額には遠く及ばないが理事会は賃上げを飲んだ。

理事会でどんな議論がなされたのかは分からないが、この4月の介護報酬改定で、特養では介護報酬6%も引き下げられた中で、介護職員への処遇改善加算(こちらは1・65%アップされた。ただしうちの施設では要件に満たず、現状のまま)の枠外で賃上げを認めさせた意義は大きい。]

これは憶測だが、労働組合でもできたら困ると施設側が先手を打ったのかもしれない。賃上げと同時に管理職ポストが新設され、パート労働者などは賃上げの対象外とする分断攻撃が起きている。

なぜ資本はこれほどまでに労働組合を恐れるのか。国家ぐるみで労働運動破壊を仕掛け、労働法制を改悪してまで労働組合を根絶しようとするのか。私たちの要求など人間としてごく当たり前の微々たるものでしかないのに。

裏を返せば、いかに今の社会が労働者、そして人間存在と相容れないものになっているのかが見えてくる。
安倍政権は、株価を吊り上げるために公的年金の財源さえ株に突っ込み、福島では小児甲状腺ガンが多発しようとも帰還を強制し、挙句の果てには戦争に突き進んでいる。
若者に戦場で死んでこいという社会で介護を必要とする人びとにどんな生活をしろというのだろう。

戦争情勢の中で先鋭的に矛盾が突き出される介護職場に闘う労働運動を作り出そう。

ちば合同労組ニュース 第58号(2015年5月5日発行)より

介護労働の現場から〈24〉 辞めると言ってない

連載・介護労働の現場から 〈24〉

辞めると言ってない

あと、2日でクビ?
「言ってること分かっているの?」。私は思わず聞き返した。
管理者はうろたえた様子で「あらかんさんの代わりに本社からは応援にきてくれない。早く次の人、募集しなきゃ。それには、あらかんさんがいては募集できない」。
「休職規則はないの?」
ふたりで就業規則をめくってみたが、休職に対する項目はない。

これまで8か月ちょっと、施設の開業当初から、環境整備、ケアや食事、いろいろな体制を管理者とともに作り上げてきた。
「名ばかり店長」で苦労している彼を支えてもきたが、これでも管理者。管理者にとって労働者は駒にすぎない。役立たずとなれば、すぐクビ、プレイヤー交代というわけだ。でも、サッカーではないのだよ。教えてやらなきゃ。
「私は辞めるとは絶対言ってないよ。辞めてほしいというのは退職勧奨と言って会社都合なの。もし、会社都合で労働者を即クビにしたければ、1か月分の給料をはらうか、あるいは、一か月前に解雇予告をするか、どちらかをしなさいという法律があるの」
管理者は、「どっちかね。わかった」と軽く言い、本社の社長に聞いてみるね、と答えた。

解雇通告の10日の2日後、本社から電話が来て、社長と面談するために職場に行った。管理者は不在だった。介護ベンチャーを立ち上げた社長は33歳で、ワンマンでなく親しみやすく、協調して事業を進めていくタイプだ。
社長は「あらかんさんが辞めるとは残念ですね。別に給料締日にやめる必要はないんですよ」。と切り出した。辞めるとは言ってないとあれほど管理者にくぎを刺していたのに伝わっていない。
「私は自分から辞めるとは絶対言ってないですよ。管理者が辞めろと言ってるだけです」
「おかしいな? 管理者から、あらかんさんがケガして辞めたいと言ってると連絡を受けたので、僕はもう人の募集を始めているよ」と社長が言った。
言った言わないの水かけ論に持ち込みたくなかった。
管理者にとってみれは、私はこれまで彼を差し置いていろいろ仕切ってきたし、労働条件などの度重なる要求もうっとうしかったのかもしれない。

n0058_03_01 やる気がプッツンと切れた。
私だってこんな労働環境がめちゃくちゃな職場に居続けたいわけではない。条件がクリアされれば辞めてもいいかなと思った。
「どうしても解雇したいなら条件があります。(1)解雇予告通知をだして下さい。(2)その間、残っている有給を支払ってください。(3)健保からの傷病手当金の申請をしてください」
そうして次の職場を探そう。
(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第58号(2015年5月5日発行)より

連載・介護労働の現場から〈23〉 解雇通告

連載・介護労働の現場から〈23〉

解雇通告

4c-sakura介護の仕事は、緊張とストレスの毎日だ。

私は休日にはリフレッシュのため山へトレッキングに出かけた。以前は同行者と早目に調整し余裕のある日程が取れたのだが、介護の仕事に就いてからは、先のシフトの予定が立たないし、同行者の土日休みや連休に合わせて、いわゆる「弾丸登山」。
目一杯働いた日の夜に車で地元(千葉県には山がない。日帰りでも行くとしたら、近くても群馬か神奈川、山梨)まで行き、現地で車で仮眠し、早朝から登り始め、夕方、山を下り、夜中に自宅に帰宅、翌朝から仕事という強行になる。
8月に越後の山に登った。中級コース。睡眠不足もあり、下山時には体力の消耗が激しく、濡れた木道で足をすべらしてしまった。滑った拍子に手をついてしまい、手首に痛みが走り、帰る頃には腫れて痛んだ。
その夜は患部を冷やし、翌日、医者に行ったら、骨折していた。全治一か月。
なぜか、ほっとした。
これで一か月休める!

介護の仕事について8か月余り、これまでの人生にないような過酷な経験の毎日。

それを象徴するかのようなこの痛々しい負傷姿。ケガした左腕はL字型にギブスで固定されているが、右手は使えるし、これで一カ月、人間らしい生活を取り戻せる。私はそういう思考回路の人間だ。

でも、管理者は違っていた。

診察のあと、病院から管理者に電話をした。管理者はさして驚きもしないで聴き、「よし、わかった。とりあえず明日来てよ。話があるから」。
ドタキャン欠勤でこれから一カ月、みんなに迷惑かけるなと思った。管理者もこれから一カ月分の私のシフトを埋めるのは大変だな。でも、ケガ人はサッカーではよくあることだし、本社から応援にきてもらえばいいんだし、そんなに気にしなくてもいいか。
病院の帰りに、気になっていたイタリアンレストランに行き、右手だけでコース料理を食べた。
今頃、職場の利用者たちは力石の不味い昼食を食べてるんだろうなと思ったら、急に空しくなった。なんでスタッフも利用者も管理者も、あんなまるで囚われの檻のようなつらい環境に押し込められているのか。
私が望むものはささやかなものだ。働いて生活に困らない給料、休日が決まっていて家族や友人とゆったりと過ごし、職場ではのびのびと仕事を覚え、将来が描ける。利用者は年寄りらしくその存在だけで、尊敬され愛される…。

翌日の昼頃、職場に行き、管理者に会った。管理者は私のギブスを見て、「これじゃ、だめだな。給料が10日締めなので、10日付けで辞めてくれる」と切り出した。
え~! 今日は8日だよ。ウソでしょ!(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第57号(2015年4月1日発行)より

4月介護保険の改定-介護労働者も変わろう

4月から介護保険の改定-介護労働者も4月から変わろう

どんな改正か

kaigo_kurumaisu-sm今回の介護保険改正――中身は複雑できりがないが、主な改正点をごく簡単に。
①軽度は施設から在宅へ
介護認定が要支援1~2は介護保険ではなく市町村サービスに。特養には要介護3以上の重度の人しか入れない。
②利用料が2倍に
介護を受けた場合の利用料1割自己負担が2割に。対象は、年間所得160万円以上、年金なら280万円以上。
③介護報酬は軒並み削減
事業所に支払われる介護報酬は、特養は6%、小規模デイは9・8%、サ高住訪問10%など大幅削減。
④介護保険料は値上げ
介護保険は市町村単位。保険料負担減のはずが4月から値上げが多い。500円~千円値上げの自治体も。
今回の改正で、ますます施設が足りない、人手が足りない、利用料も介護保険料も値上げ。介護難民激増必死。もう事実上、介護保険制度は崩壊したも同然。「制度あって介護なし」としか思えない内容だ。

介護の現場では

去年の突然の総選挙の影響で、厚労省の改正日程が大幅に遅れ、4月改正の詳細は3月半ばの現在でもまだ未定の部分が多くある。
それでも、早々と施設の建設計画をストップしたり、今の事業の撤退を決めた事業所が今年に入り加速度的に増加している。
職員処遇改善も、ふたを開けてみれば、条件として人員配置率増加などのハードルが高すぎて、申請を見送る事業所が増える見込み。最近の景気回復で賃金微増の他業界に人材が流れてしまい、どこも募集をかけても応募が皆無。 人手不足のため、現場はすでにケアを「こなし介護」といわれる身体介護だけを流れ作業的にやるようになってきており、ケアの質は確実に低下している。質が堕ちると、虐待やネグレクトにつながっていく。
経費面でも食材費を極限にまで減らされて利用者が栄養失調になったり、調理職は、調理用具を買替えてくれないので、自前のフライパンや包丁をもって通勤する。そこまでやらなければ、小規模施設は維持できない。どこまで現場を追い詰めれば済むのか。
誰が介護するのか
結局のところ、とことん介護の仕事が見下されていると思う。「介護の社会化」「医療から介護」……、介護に金を使いたくないばかりに、最後は介護者にすべて押し付けて奴隷のように働いてもらおう、外国人に来てもらおうなんてふざけるな。
現場の労働はますますきつくなる。24時間、随時対応などという仕組みも作った。誰が介護をするのか。
介護は底辺労働、誰でもできるといわれて待遇が悪い。一度働いてみればよくわかるのだが、介護という仕事は医療や看護の下請ではない。
一言でいえば、介護は人間の生きる力を支えたり、取り戻すというすごいことができる仕事だ。現在、170万人の介護労働者たち、この「介護の力」を自分自身できちんと評価してほしい。
そのために、サービス残業、タダの休日出勤、その上有給も取れない……いいかげんにやめようよ。専門職はそんなことはやらない。
利用者の犠牲になることは美しくない。利用者より、まず自分の家族だ。夜勤で幼い子どもをひとりぼっちにしたり、高校生の子どもが進学できないような給料でどうして幸せになれる。
介護という仕事に誇りを持ち、人を増やしてもらい、給料アップさせようよ。現在170万人の介護労働者たち、続けていこうよ、この仕事。資格やキャリアアップ制度で給料増えるなんて嘘っぱちには乗らないで悩みを打ち明ける仲間をつくってみんなでがんばろうよ。
労働組合は必要だ。ストライキも必要だ。まず、一人ひとりが人間宣言すれば、介護は変わる。世の中変わる。四月から変わろう。組合に入って変わろう。(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第57号(2015年4月1日発行)より

介護かわら版 長く働き続けられる賃金を

介護かわら版 ちば介護労働者ユニオン【発行】
2015年3月3日

加算金1.2万円を求めよう
長く働き続けられる賃金を

4月から介護報酬が2・27%の引き下げになります。ニュースでは介護処遇処遇改善加算により平均1・2万円の賃上げが実現されると宣伝されています。

これは誤解も多いのですが、介護報酬2・27%引き下げとは別に国から加算金が支給されるわけではありません。介護報酬4・48%マイナスから処遇改善加算として1・65%がプラスされる結果が2・27%ダウンなのです。したがって事業所の収入としては5%近くの減益となり、働く者への犠牲転嫁が懸念されています。
制服代や交通費など賃金以外での使途もOKなので黙っていれば介護報酬引き下げの穴埋めに使われてしまう可能性も大いにあります。

 dog_chihu_sm1・2万円アップと言われていますが、これまでの処遇改善加算は平均1・5万円でした。加算金をもらってきた人も賃下げになる可能性があります。そもそも介護労働者の月給は、全産業平均より11万円も低いのが現状です。
介護労働者が長く働き続けるためにも大幅賃上げは切実です。まずは1・2万円の加算金をすべて賃金に反映させるところから始めたいと思います。4月からの給与明細をしっかりチェックして声を大に1・2万円を求めましょう。

 ちば介護労働者ユニオンは、千葉で働く介護労働者なら誰でも加入できる介護労働者のユニオンです。ユニオンに入って一緒に春闘で1・2万円の賃上げを!
———————————————————————–

animals-sm

介護労働者人間宣言

私たちは 介護を仕事としている労働者です
他の職種の労働者と同じ「人間」です
生きていくために日々働いています

ところが現在 どれだけの介護労働者が
人間らしく働ける職場にいるでしょうか
介護の仕事はよく「偉いね」「大変ですね」と言われます
自己犠牲やボランティア精神にとんだ人と思われています
でも、私たちも生身の「人間」です
「偉いね」「大変ですね」と言われるのは正直つらいです
そんな期待に応えようと からだを壊しても働き
感情を押し殺して献身している仲間のことを思います
安月給で暮らしに困っている仲間もいます
多くの仲間が疲れはて 燃え尽きて
職場から去っていきました

私たちは介護の仕事が好きです
介護をしている障害者や高齢者を心から愛しています
でも からだもこころもすでに限界です
でも 私たちが逃げ出せば
介護はどうなるのでしょうか

私たちが普通の「労働者」として働く権利をえなければ
私たちが「人間」として生きられなければ
障害者や高齢者が人間らしく生きることもできません
そのために声をあげます
介護で働く仲間たちと連帯していきます

だから
同じ「人間」として 同じ「労働者」として

 animals-sm

千葉県で働く介護労働者のユニオンができました

k-union-leaf01千葉県で働く
介護労働者の
ユニオンが
できました。

ちば介護労働者ユニオン-加入案内

①介護労働者の地位向上と
職場環境の改善めざして

団塊の世代が75歳を迎える2025年までに最低でも100万人の介護労働者を増やす必要があると言われています。しかし介護労働者の多くは、低賃金と長時間労働、腰痛などに苦しんでいます。
離職率が高く、労働基準法もきちんと守られない介護職場の現状を変え、介護労働者の地位向上をめざして「ちば介護労働者ユニオン」が生まれました。まだ出来たばかりです。あなたの力を貸して下さい。

②地域の仲間も一緒に
みんなで力をあわせて

ちば介護労働者ユニオンは、地域一般合同労働組合ちば合同労組の介護関係部門ユニオンです。
ちば合同労組は、地域的なバックアップを活用して県内のさまざまな職場に労働組合をつくることを目指しています。
正社員だけでなくパートや派遣社員などさまざまな労働者に門戸を開いた〈地域の労働組合〉です。ブラック企業で労働組合を立ち上げた組合員もいます。

③千葉県で働く労働者なら
誰でも加入できます

職場単位でも個人でも加入できます。突然のリストラや賃下げなど職場の悩みを独りで悩まず、一緒に考えて行動しましょう。
労働法に詳しいスタッフから適切なアドバイスを受けたり、他の職場の介護労働者と相談しあうこともできます。
ちば介護労働者ユニオンはこんな労働組合をめざしています

k-union-leaf02

その1
団体交渉ができる

ユニオンに加入すれば労働組合として法人・企業と対等に交渉ができます。

団体交渉とは?
使用者と労働組合で行われる団体交渉は、日本国憲法28条と労働組合法により保障された権利です。使用者は正当な理由なく交渉を拒否できません。不当労働行為となります(労働組合法第7条2項)。

k-union-leaf03

その2
職場の運動を重視

働いていれば誰しもが思うことを組合の要求にまとめます。
組合員みんなが団体交渉に出席できるようにし、アンケートなど職場の運動を重視します。

◎地域的な問題も
一つの職場だけでは解決のできない課題は地域の仲間と力をあわせて行政等に働きかけます。

k-union-leaf04

その3
まずは法律遵守を

介護職場では、サービス残業や休憩・有給休暇がない、人員基準を満たさないなど法律違反がたくさんあります。
まずは法律をきちんと守らせることから始めます。

休憩・休日  労働時間が6時間を超える場合は45分、8時間以上は1時間の休憩が労働時間の途中に必要です。毎週1回の法定休日が必要です。夜勤明けの日は、法定休日には該当しません。

賃金 時間外労働と深夜労働に対しては25%以上の割増賃金を支払う必要があります。休日労働は30%以上の割増賃金が必要です。

有給休暇 非正規労働者も含め、6カ月間継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者は最大で20日間の有給休暇が付与されます。

k-union-leaf05組合員の声

厚生労働省は、介護労働者の月給が全国平均より11万円も低いと公表しています。それなのに4月から介護報酬の切り下げでさらに追い打ちをかける。介護現場はどこも人手不足で戦場のようです。
これではやりたい介護が十分にできません。身も心もボロボロになって職場を去っていく仲間が後を絶たない状況です。こんな現実を一刻も早く終わらせたい。

安心して働ける環境づくりは利用者のためになると思います。私の職場では、人数を増やしてくれず、介護をしていない人間も人数に入れてごまかしていました。相談するにも相談する人がいません。みんなで「人を増やせ」「給料上げろ」って意思表示するしかない。

加入のお問い合わせ・労働相談は…

043(225)2207

火曜日から日曜日の午前10時から午後8時まで電話受付を行っています。来所相談は電話・メールでの事前予約が必要です。まずはご連絡ください。(月曜定休/緊急の場合はこの限りではありません)

メールでのお問い合わせは
chiba_goudou@yahoo.co.jp
ちば介護労働者ユニオン
〒260―0017 千葉市中央区要町2-8DC会館
℡043(225)2207
1 2 3 4