広報

制度・政策

コロナ禍で焦点あたる雇用保険

実践的に考える職場と労働法 コロナ禍で焦点あたる雇用保険 失業給付を大幅に絞ったため巨額の積立金残高  新型コロナウイルス感染拡大に伴い、雇用調整助成金など雇用保険制度が焦点になっている。今回は雇用保険の仕組みを考えたい。  企業倒産や解雇その他の失業時の所得補償などを行うのが雇用保険だ。再就職できるまでの所得補償という考え方で公共職業安定所(ハローワーク)で職業紹介、斡旋と一体的に行...
広報

今こそ職場に労働組合の結成を

労働組合が社会の共通認識に 今こそ職場に労働組合の結成を 解雇者1万人超  新型コロナ問題が浮上して約3か月が経過した。コロナ感染はいったん収束を見せているが、雇用問題については、これから失業や解雇が表面化しようとしている。  とりわけ、非正規労働者への解雇・雇い止めは深刻だ。すでに厚生労働省は5月20日時点で新型コロナ関連の解雇や雇止めが1万人に迫っていることを明らかにした。  新聞報...
広報

映画紹介『県庁の星』

映画紹介『県庁の星』  県庁のエリート官僚を演じる織田裕二とスーパーのパート店員の柴咲コウが主人公の06年の映画。織田と柴咲が好きな人、気楽な映画を観たい時には良いかも。  民間企業との人事交流研修として県庁エリートの織田がスーパー「満点堂」に行くことに。満点堂は保健所から何度も注意を受けて次は営業停止処分との警告。客足も少なくやる気のない店員が多い。織田の教育係となるのが柴咲。県のプロジ...
広報

「闘いなくして安全なし」感染対策要求し職場闘争を

ニュース第118号.PDF   「闘いなくして安全なし」感染対策要求し職場闘争を (1)倒産・解雇・雇い止め・派遣切り情勢  コロナ関連倒産が目立ち始めました。報道によればこの2カ月で50倍。もともとコロナ以前から厳しかった部分から倒産が始まっています。  さしあたり宿泊業や飲食業などが多いようですが今後は製造業などでも倒産の動きは加速することはほぼ間違いありません。この数日で2件の解雇相...
広報

アマゾン倉庫の最寄り駅でチラシ

アマゾン倉庫の最寄り駅でチラシ  アマゾンの巨大倉庫の最寄り駅である京葉線市川塩浜駅で労働相談のチラシ配りを行いました。アマゾンは業務量が激増しており連日の残業とのこと。小田原の倉庫では感染者が出たにも関わらず翌日には業務を再開。即配達を維持するために労働者に無理を強いている。ニューヨークのアマゾン倉庫ではストライキが闘われている。今後も宣伝を続けたい。 ちば合同労組ニュース 第118号 ...
制度・政策

感染対策の職場闘争は「闘いなくして安全なし」

実践的に考える職場と労働法 新型コロナ関連の労働問題 続き 感染対策の職場闘争は「闘いなくして安全なし」  緊急事態宣言は5月7日以降も1カ月ほど延長される方向のようだが、その後はある種の〝共存〟政策へ転換することが想定される。「闘いなくして安全なし」の原則的な立場で労働組合としてコロナ感染対策をめぐる闘いが必要となる。その一助として法律問題を検討したい。 安全配慮義務  労働契約法...
広報

映画紹介『おくりびと』

映画紹介『おくりびと』  08年、本木雅弘主演の映画。納棺師は故人を棺に納めるために必要な準備を行う仕事。遺体を湯で拭い清めメイクを施す。遺体に衣装を着付け、旅立ちの身支度を整える。遺体は硬直し、簡単な仕事ではない。一連の所作の美しさが映画の世界観をつくる。孤独死や交通事故で腐敗・損壊する場合もある。できるだけ生前に近い姿に復元し遺族が最後のお別れができる状態にして引き渡す。そんな納棺師の仕...
介護労働の現場から

労働組合の力でコロナ感染症対策を 緊急職場交流会開催

 職場からの報告 労働組合の力でコロナ感染症対策を ちば合同労働組合労組交流センター 緊急の職場交流会を開催  4月19日、千葉労組交流センターとちば合同労組は、新型コロナウイルス感染が拡大する状況のなかで共同の職場交流会を開催した。緊急の呼びかけで、外出もままならない状況だったが、約40人が集まり、職場の状況や取り組みが報告された。 工場  ちば合同労組の組合員が4月中旬に新型コロ...
広報

生きさせろ! メーデー 5・1へ

コロナ解雇を許さない! 生きさせろ! メーデー 5・1 生きさせろ! メーデー 5・1.PDF 補償しろ 厚労省―官邸前行動 今すぐ100%の休業補償を! ■十分な額の給付金をただちに! ■医療の拡充を! 医療労働者に安全と補償を! ■生き抜くために、安倍政権を倒そう! 5・1生きさせろメーデー 日程 日時: 2020年5月1日(金) 場所と行動予定: ●11時~厚生労働省...
広報

労働組合こそ生きるための闘いの先頭に

労働組合こそ生きるための闘いの先頭に (先月に引き続き執行委員会で議論した文書です) 貧困や雇用破壊、公衆衛生後退が背景に (1)首都封鎖の情勢  新型コロナウイルス感染者は世界で70万人、死者は3万人を超えました。1週間で3倍増のペースです。有効な対策が取られなければ最大4千万人が死亡との恐るべき分析も出ています。  日本でも感染ルートが把握できなくなりオーバーシュート(爆発的な感染)...
広報

関西生コン労組支援~映画と講演

関西生コン労組支援~映画と講演  3月21日、労働学校の今期最終講座は「関西生コン支部支援―映画と講演の集い」として開催されました。  関西生コン労組の武委員長のドキュメンタリー映画『棘』を上映し、関西生コン労組から組合の闘いの歴史についてエピソード豊富に講演していただきました。映画監督とプロデューサーも参加し、あいさつをいただきました。 ちば合同労組ニュース 第117号 2020年04...
広報

新型コロナウイルス関連の労働問題/実践的に考える職場と労働法

実践的に考える職場と労働法 新型コロナウイルス関連の労働問題 コロナ理由の一方的な雇い止めや内定取り消し×  先月に引き続き、新型コロナウイルス関連の労働問題について検討します。  原則として、使用者の判断で休業する場合は、「使用者の責めに帰すべき事由による」休業となります。  したがって労働基準法の規定により休業手当が請求できます。ですので感染予防や「仕事がない」などの理由であっても使...
広報

映画紹介『革命児サパタ』

映画紹介『革命児サパタ』  1952年の米映画。エリア・カザン監督、マーロン・ブランド主演。メキシコ革命(1910~17年)の英雄サパタの半生を描く。サパタはメキシコ南西部モレロス州の農場主の息子でお尋ね者となっていたが、仲間と共にメキシコ革命に参加、農民蜂起を指導し、ディアス独裁政権を打倒する。  革命の指導者の一人となったサパタは農民への土地分配を要求し、新たに大統領の座についたマデロ...
広報

動労千葉がストライキ

動労千葉がストライキ  動労千葉は3月14日、木更津支部長への不当処分、ジョブローテーション反対などを掲げ、ストライキに突入した。木更津支部長への強制出向は、職場のささいな問題を取り上げ、退職まで1年問という労働者にとって大切な時間を奪って職場から排除するもの。  また同日のダイ改において総武緩行線(各駅停車)では、ホームドア設置に伴う停車時間の増加を埋めるために駅間の運転時分を5秒短縮しよう...
広報

コロナウイルス問題について

(実践的に考える職場と労働法/コロナ問題 職場での諸要求についてーNewsNo.116P2)も合わせてご覧ください。 コロナウイルス問題について (ちば合同労組執行員会で議論し採択した文書です) コロナ関連の雇い止めや解雇を許すな! 使用者には雇用と賃金の責任がある 体調不良で休めない職場の現状を変えよう。会社の責任で感染対策と賃金補償を! 仲間と地域を守るため、労働者は団結し知恵を出し...
広報

映画紹介『ピータールー/マンチェスターの悲劇』

映画紹介『ピータールー/マンチェスターの悲劇』  1819年8月16日に英マンチェスターのピーターズ広場で起きた民衆虐殺事件を描く。英国史上もっとも残忍かつ悪名高い事件を言われる事件だ。  ナポレオン戦争後、不景気と失業に人びとは苦しむ。さらに穀物法による小麦の輸入禁止が追い打ちをかける。賃金は3分の1、パンの値段は5倍に。変革を求める織物工場の織工たちは選挙権とマンチェスター代表の選出などを...