広報

広報

映画紹介 『明日へ』―イーランド争議描く

映画『明日へ』―イーランド争議描く 生活(いのち)をかけた510日間、突然解雇された女性従業員の感動の物語――韓国映画『明日へ(原題「カート」)』。 韓国の大型スーパー・イーランドで実際にあった労働争議をモデルに、非正規の女性労働者たちの闘いを描く映画です。有名女優なども出演し、韓国で大ヒットしました。まだ見てないので以下は公式サイトの紹介です。  入社5年目でようやく大手スーパ...
広報

第9回定期大会を開催 労働組合の可能性に賭ける

労働組合の可能性に賭ける 第9回定期大会を開催 執行体制を強化 ちば合同労組第9回定期大会が10月18日に開催されました。結成から8年、ここまで組合を運営することができたのは組合員や地域のご支援と連帯の賜物です。心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。 ちば合同労組は今大会において、動労千葉本部役員から特別執行委員を迎え、また地域や労働相談で活躍してきた組合員が新たに執行委員に...
広報

ちば労働者集会開く/動労千葉・ちば合同労組呼びかけ

ちば労働者集会を開く/動労千葉・ちば合同労組の呼びかけ 10月4日、動労千葉とちば合同労組の呼びかけで「千葉労働者集会」を開催しました。両組合の組合員をはじめ110人が結集しました。ちば合同労組からは、新組合を結成したユニオン習志野や、介護職場での分会結成の報告などを行いました。 ちば合同労組ニュース 第64号(2015年11月1日発行)より
介護労働者ユニオン

連載・介護労働の現場から〈30〉 煎茶or玄米茶

連載・介護労働の現場から 〈30〉 煎茶or玄米茶 応募した有料老人ホームの面接に行き、ホテルのような外観と内装に驚いた。 私の面接の前に一人いて同じ部屋で待たされたので、自己紹介し合い、面接後に近くのホテルのカフェで待ち合わせた。 Mさんといい、夫と離婚してから介護の仕事をはじめ、現在55歳、うつ病の娘と2人暮らしだと語った。とても気が合ったので一緒に働けるといいねと言って別れて電車...
広報

映画の紹介 『ブラス!』(1996年 英国)

映画紹介 『ブラス!』(1996年 英国)  1990年代半ばの英国、閉鎖騒動に揺れる炭坑の町グリムリー。この町には伝統あるブラスバンド「グリムリー・コリアリー・バンド」がある。炭坑労働者たちのバンドだ。指揮者のダニーは、町に希望を取り戻そうと全英大会での優勝をめざす。しかしメンバーたちは練習に身が入らない。 サッチャー政権の炭坑つぶしに抗して長期にわたるストで闘った炭坑労働者たち。しかし経営...
広報

本の紹介 『非正規が闘って、勝った』―生コン運転手の闘いの記録

本の紹介 『非正規が闘って、勝った』 ―生コン運転手の闘いの記録 止まらぬ非正規化 『絶望の非正規』。こんなタイトルで特集が組まれた週刊『東洋経済』(10月17日)。 派遣法改悪で、非正規増大の深刻さに警鐘を鳴らす。この特集の中で、非正規の増加率ランキングのナンバーワン企業は「イオン」。非正規率は66%だ。ちなみに、ちば合同労組になじみのある企業では、ゼンショーHDが4位、JR東...
広報

青年部大会 若い世代活躍の組合へ

新青年部長へバトンタッチ 青年部大会 若い世代活躍の組合へ ちば合同労組定期大会の前段で10月18日、青年部大会を開催しました。この大会で若い青年部長にバトンタッチし、新体制をつくりました。 この夏、安保関連法に反対して、若い世代が層として国会行動など政治の場に登場しました。ちば合同労組も若い世代が活躍できる組合にしたいと思います。 青年部の来年度の方針は、①労働相談や労働争議を担う準備を...
広報

【編集後記】ちば合同労組ニュース 第64号(2015年11月1日発行)より

【編集後記】 世間を騒がす旭化成建材のデータ偽装。根っこには重層的な下請構造がある。下請業者は、納期・工期やコスト削減のプレッシャーの中で仕事をしている。専門家は、ゼネコンはすべての事情を知っていたはずと指摘する。長さが足りない杭でも目の前には生コン車の行列。知らないふりでゴーサイン、岩盤に杭が届かないまま工事終了……。外注化・下請構造がもたらした事態をどう考えるか。(S) 安倍政権は、派...
広報

戦争法案の背後にあるもの

戦争法案の背後にあるもの 今こそ「ちば合同労組」の本格的発展を 安保法案に反対する国会闘争の関係で、定期大会の日程が大幅にずれ込んでしまいました。申し訳ございません。しかし私たちの未来がかかった重大な闘いです。組合員の皆様の御理解をお願いいたします。 国会には、老若男女、本当に多く人びとが集まっていました。国会議事堂の前に立って思ったことは、政府の狙いが世界経済の動向や日本の国内政治とは...
介護労働者ユニオン

連載・介護労働の現場から〈29〉 有料老人ホーム

連載・介護労働の現場から 〈29〉 有料老人ホーム ハローワークの「介護労働相談窓口」は2ブースあり、一般の労働相談窓口がいつもチョー混みなのに比べて、ほとんど待っている求職者がいない。 手持ちぶたさの係はおしゃべりしながら、登録者への電話かけやダイレクトメール封入作業をやっている。 登録すると毎週、電話や求人情報大量掲載のダイレクトメールが来る。介護フェアといって求人側企業が一堂に介す就...
広報

事故の責任は会社にある! 東京北部ユニオンアミーユ支部の声明より

事故の責任は会社にある! 東京北部ユニオンアミーユ支部の声明より Sアミーユ川崎幸町での「入居者の連続転落死亡事故」「浴槽内での死亡事故」「職員による暴行・虐待」が大きくマスコミで取り上げられています。以下は、合同一般労働組合全国協議会の東京北部ユニオン声明の要旨です。 ※ 私たちは、一連の事故の責任は会社にあると考えます。けっして労働者個人の責任にしての幕引きは許されません。...
広報

労働者の連帯感を取り戻す そんな労働組合を作りたい

労働者の連帯感を取り戻す そんな労働組合を作りたい 戦争法案を止めるため国会前に何度か足を運んだ。 特別委員会の山場となった9月16日、戦争法案を許すなの一念で数万人が雨の中に集まっていた。すごい数の警察隊とバリケード。「安倍は辞めろ」の群衆の叫び。 議事堂の中の様子は?とツイッターを眺めた。「新幹線で無理して来て良かった」「今から仲間と向かいます」「自分は国会前に行けてないけ...
広報

【編集後記】2015/10

【編集後記】 介護施設Sアミーユ川崎幸町での度重なる事故に関連してテレビでは介護職員に対するバッシングが連日報道された。マスコミのやり方は嫌いだが、あの映像を繰り返し見せられて職員を擁護する気も起こらなかった。そんな中、東京北部ユニオン・アミーユ支部が「事故の一切の責任は会社にある」との声明を出した。動労千葉の反合・安全闘争路線に貫かれた素晴らしい内容に感動。介護をする者にとっては誰も明日は我が...
広報

労働学校へご参加を2015/10

労働学校へご参加を 基礎編 戦後労働運動史① 戦後労働運動の再建期に労働者はどう闘ったか 講師 伊藤 晃(日本近代史研究家) 『無産政党と労働運動』(社会評論社) 10月17日(土)13時~ DC会館2階(JR東千葉駅前) 実践編 韓国民主労総―結成から20年をふりかえって 講師 金 元重(千葉商科大学教授) 10月24日(土) 13:00~ DC会館2階(JR...
広報

また一人 退職 この現実を闘いに転化するには

職場でまた一人 退職した この現実を闘いに転化するには?  マイケル・ムーア監督の『シッコ』を観た。米国における医療制度と諸外国の「社会主義的な」医療制度とを対比し、米医療制度がいかに歪められているのかを描く。 ふと気付かされたのは、医療制度の充実した英仏の人間ではなく、米国人の視点で映画を観ている自分である。 薬局で「日用品、置いてないの?」と訊くシーンには苦笑した。日本もすでに営利...
介護労働者ユニオン

連載・介護労働の現場から 〈28〉貧乏人の嫁

 貧乏人の嫁 仕事がなくなったので、長らく会っていない友人と会ったり、家族と向き合う日々が続いた。 家族は「介護はやめなよ。何一つ良いことがないでしょ。給料が安い。身体は酷使する。プライドはズタズタ。労基法違反ばかり。何か人の役にたつことをやりたけりゃ、まともな仕事について空いた時間にやれば?」 一緒にコールセンターをやめた友人たちは、介護職からそれぞれコールセンターと派遣の事務職に転職...