私の職場紹介 若い労働者が次々辞めて人手不足に

私の職場紹介

ちば合同労組ニュース 第45号 2014年4月3日発行より

限定正社員制度を求める職場の組合

若い労働者が次々辞めて人手不足に

私がパートで働いている職場にも「労働組合」があります。

 組合活動なし

正規も非正規も全員が加入する労働組合ですが、私が働いている工場では、職場の声を集めるとか、役員を選挙するとかの組合活動は一切やられていません。
会社側の意向を組合を使って全組合員に押し付けるためだけの存在です。ですから、正式名称も、○○○従業員組合と労働の文字が入っていません。
組合ニュースがあって職場の掲示板に張り出されます。
2月のニュースに第1回中央委員会開催報告が載っていました。組合の要求として限定正社員制度の導入を求めることが決まったそうです。
本物の労働組合だったらここで非正規職の撤廃、パート・アルバイトの正規職登用を要求するところなんでしょうが……

 中央委員の声

中央委員の意見の中に面白いものがあったので紹介します。

A 社員、パートの賃金が上がらないので、優秀な人材が辞めてしまう。
B パート・アルバイトにも定昇があるといい。モチベーションが上がる。
これに対する組合の回答は、パート・アルバイトには評価制度による昇給(管理職の気分次第でほんのわずかの人が差別的に時給を上げてもらえる)があるので、一律での要求はしない、というものです。
これって、消費税増税分の賃上げさえも非正規雇用の労働者には行わない、と組合と会社が言っているに等しいですよね?

 店舗休業に

このせいかどうか、親会社にあたる外食産業の店舗が従業員の不足から次々と休業していると話題になっています。ネットの世界でも注目の話題です。
私のいる工場でも若い労働者が次々に辞めて人手不足状態になっています。
なにやらまとまらない職場報告になりました。機会があったらまた報告します。

職場の仲間の怒りや気持ちをつかむ

ちば合同労組ニュース 第45号 2014年4月3日発行より

 c0045_01_01a

c0045_01_01b職場の仲間の怒りや気持ちをつかむ

4月に入り、春のきざしを感じますね。今回は副委員長からあいさつをさせていただきたいと思います。
大震災から3年となった今年の3月は、11日の反原発郡山(福島県)集会をはじめ、3月16日の春闘集会(写真)、3月21日のモリタ1周年集会・職場交流集会、3月23日の三里塚集会など、いろんな闘いがありました。
この闘いと同時に新たな分会結成に向けて、職場で仲間をつくるためにがんばっている組合員、雇い止め通告を受け、ツラく苦しくても職場に行き、誇りをもって仕事をしながら団体交渉を行っている組合員など、全組合員が自らの職場での闘いや争議をやりました。

いまの青年労働者の置かれている現実は、低賃金でダブルジョブをしなければ生きていけない。
非正規職でしか仕事がないうえに、数カ月後に契約更新がされるのか分からないという不安な気持ちや、会社や管理者に対して、モノを申した瞬間に契約打ちきりをしてくる。こういった攻撃に対して怒りのを感じ闘いながら生きています。
当たり前に行われているサービス残業。残業をしなければ食べていけない実態を強制して、労働者の命を削り落とす。この労働強化が過労死につながっています。
過労死しても会社は体調管理をちゃんとしていないと労働者の責任にし、自分たちは何の責任もないと開き直る。
事故が起きれば、その労働者の責任にする。しかし、会社はきちんと業務の研修や指導担当員を毎日は付けない。本来は、誰に責任があるのかなどは、はっきりしていることです。

このような現状をもう許してはいけない。
なぜ、資本家のために労働者が殺されなくてはならないのか。なぜ、現場を動かしている労働者が解雇されなければならないのか。
このいまの社会の矛盾を、社会のあり方を根本的に変えるためにも、私たちは職場に仲間をつくり、労働組合を職場の仲間とつくり出し、社会の主人公として生きていくために闘うことが必要てす。

職場に仲間をつくるためには、私たち一人ひとりが、職場の仲間がいま何に怒っているのか、何に疑問を感じているのか、私たちに何を求めているのか、ということをつかまなくてはいけません。
どんな形でも、どんなやり方でもいいと思います。飲みに行って話をするのもいいし、お昼を一緒に食べながら職場に対する愚痴を聞くことからはじめたっていいと思います。

労働組合の役割と私たちの使命

eiga-seediqbale最近、『セディック・バレ』という台湾の映画をDVDで観ました。1930年10月27日に起こった台湾のセディック族の抗日蜂起事件(霧社事件)を取り上げた作品です。人間の尊厳をかけたやむにやまれぬ決起というのが良いですね。〝闘う〟ということについて、いろいろと考えさせられる作品ですので機会があったらご覧になって下さい。
さて、ちば合同労組も数々の争議、さらには組織化に向けて大車輪で闘っています。経営者に対する労働者の闘いの正義性に確信を持ち、団結に依拠して闘いを拡大していけたらいいですね。
非正規雇用を撤廃させる闘いの死活性がいよいよ高まってきています。
非正規職の過酷な労働環境に対する自然発生的な・短絡的なサボタージュが冷凍食品への農薬混入事件として起こっています。労働者を正しく闘いに立ち上がらせるのは労働組合の役割です。
国鉄の分割・民営化がJRの安全を崩壊させたように、非正規雇用化、外注化(アウトソーシング)が「食の安全」を崩壊させ、社会全体を崩壊させかねないところにきています。
ちば合同労組の使命は重大です。セディック族戦士の闘いに向けた気概に負けない気概で闘いましょう。

あらためて気づいた職場の仲間の大切さ

あらためて気づいた職場の仲間の大切さ
今回は委員長に代わって副委員長からあいさつさせて頂きます。
団体交渉が増えています。個人の処分や解雇撤回の案件であったり、職場に分会を建設するベースづくりの団交であったり。
自分もまさに前者の団交を闘っている一人です。今回の団交と、以前のモリタ物流センター時代の団交とを比較して思ったことは、団交で自分たち労働組合の側が主導権を握るには、仲間の存在がとても大事だってことでした。
今回、自分が団交の相手にしている会社ではまだ半年も勤めあげていなくて、一緒に会社にモノ申していく仲間を募ることはおろか、同僚として打ち解ける以前にイジメにあい、つまはじきされて解雇されるに至りました。
ただ、頭にはきても「職場に分会をつくって反撃しちゃるぞ」って気持ちにはまったくならなかった。さっさと縁を切ってやりたいという気持ちでした。
会社への思い入れ(経営者がいいとかではなくて)や、同僚との信頼関係、長年仕事を続けてきた誇りが、職場に分会を作ろうという気持ちになるのにはすごく大切なんだなと実感しています。 Continue reading →

ホームページをリニューアル

ホームページをリニューアルしました。

2013年9月、組合事務所を千葉市内の駅前に移転しました。

組合活動や労働相談への取り組み活動の充実を推進しています。

その一環で組合ホームページを一新、リニューアルいたしました。

danketu_kun01

組合に入りましょう、職場に労働組合をつくり仲間と団結して労働問題を解決しましょう!

[contact-form-7 id=”5″ title=”コンタクトフォーム 1″]

 

1 9 10 11