組合活動

その他

組合ニュースNo.49(2014/08/01)より

労働者の安全なくして〝食の安全〟は守れない すき家で働くすべてのみなさん。 日本の外食産業にまた衝撃が走りました。中国上海の食肉加工工場で日本の外食産業向けの材料に、使用期限切れの食肉が使われていたというのです。外食産業における「食の安全」がいま根底から揺らいでいます。 外食産業における食肉加工の外注(アウトソーシング)は、国鉄の分割・民営化がJR北海道の安全の崩壊をもたらしたのと同様に、「...
広報

組合ニュースNo.48(2014/07/02)より

組合ニュースNo.48(2014/07/02)より すき家スト後 早朝ビラ実施中! 5月29日のすき家ストライキ以後、船橋工場の最寄り駅で毎週の早朝ビラ配りを実施しています。朝早くで大変ですが、食品コンビナートに出勤する労働者にあいさつしながらビラを配っています。 すき家ストは、働く者の声が実際に社会を動かすことを示しました。ブラック企業で知られるワタミは、社員に配布している「理念集」にある...
広報

すき家、団交への回答は「6/13日まで猶予求める」要請が

ゼンショー・すき家で働くみなさん ちば合同労組の団体交渉の申し入れに対し、6月13日までの回答猶予を求める要請がありました。当組合は、同日以後すみやかに団体交渉の場をもつこと、さらに以下の4点について解明を求め、その回答を条件に猶予を承諾しました。 株式会社ゼンショーについて、地域運営会社7社への分社化に伴う従業員の移籍について、正社員登用や有給休暇の引き継ぎその他の労働条件はどうなってい...
広報

組合ニュースNo.47(2014/06/01)より

すき家で働くみなさんに訴えます 5月15日の東京新聞で「すき家さらに28店舗休業」の報道がありました。すき家は「採用状況が好転してきた」として再開に自信をみせてるようです。ちなみにアルバイト募集要項をネットで調べてみると店舗によって時給980~1500円とばらつきがありますが、時給1500円まで上げないと人が集まらない今回の事態の深刻さを浮き彫りにしています。 本来、外食産業の労働者はもっと胸...
広報

ブラック派遣会社T社 派遣期間を偽装

ブラック派遣会社派遣会社T社 派遣先とグルになって派遣期間を偽装 団体交渉拒否は不当労働行為だ! 直接雇用の責任とれ ハロワークと同じビルにオフィスを構える人材派遣会社のT株式会社は、派遣先の船橋二和病院の薬材センターにおいて、同 一の業務・同一の指揮命令にもかかわらず、途中から別の派遣先になったように装うことで最長3年の派遣期間を超えて、Kさんを派遣していました。 ●直接雇用の申込義...
広報

ゼンショー・すき家で働くみなさんへ

ゼンショー・すき家で働くみなさん 2014年5月30日 ちば合同労働組合 書記長 白井徹哉 5月29日「肉の日」のストライキ実施に対し予想をはるかに超える反響がありました。たった一人の、しかも工場でのストではありましたが、全国で唯一スト権を行使したストライキとして少なくない意義はあったのではないかと考えています。 GFF船橋工場ではスト通告の際に拍手が起き、出勤時に何人も同僚が笑顔で声をか...
広報

すき家で働くみなさん ちば合同労組はストに入ります

ゼンショー(すき屋の親会社)の食肉加工工場lに出勤する仲間に「すき屋」の労働条件の改善とストライキで一緒に立ち上がろうとうったえました。(2014年5月29日朝) すき家で働くみなさん ちば合同労組はストに入ります 昨日(2014年05月28日)、団体交渉を申し入れました 組合に加入し職場環境を変えよう 千葉県内のすき家で働くみなさん。食品コンビナートで働くみなさん。本日...
広報

すき家で働くみなさん ちば合同労組は4つの要求で団体交渉を準備中です

すき家で働くみなさん ちば合同労組は4つの要求で団体交渉を準備中です。 組合加入し職場環境を変えよう 千葉県内のすき家で働くみなさん。 5月29日の「肉の日」にストライキを決行する運動がツイッターや掲示板などで拡大しています。 私たち「ちば合同労働組合」は、誰でも個人で加入できる地域の労働組合です。ちば合同労組にはゼンショーで働いている組合員がいます。28日までに左にある4つの要求の実現...
組合活動

個人病院で春闘賃上げ要求に挑戦

私の職場紹介 ちば合同労組ニュース 第46号より 個人病院で春闘賃上げ要求に挑戦 職場の仲間と賃上げを院長に要求 私の職場は個人病院で労働者が職場には3人しかいません。 一人は20年以上働き続けている非正規雇用の先輩で午前中のみの勤務になっていて、もう1人はある曜日の午後のみで彼女も非正規職です。私だけ正規職でそれぞれ雇用形態も賃金も違っていて、でも仕事はひとつの作業を除いてはみんな...
組合活動

労働者の視点で物事をみる、世界をミル

ちば合同労組ニュース 第46号より 労働者の視点で物事をみる、世界をミル  介護施設で働いているが、施設に慣れない利用者によく「早く家へ返して」「こんな年寄り、どうして閉じ込めておくのよ」と言われる。 そこで考えた。――「金儲けのため」だ。 昔はこんな施設はほとんどなかった。あるとすればやんごとない事情で独り暮らしできない身寄りのない老人を、国の措置として受け入れる施設だ。普通のお年寄...
組合活動

ブラック企業すき家に組合つくろう

すき家/ゼンショーで働くみなさん 24時間シフトや1人勤務はひどい すき家に組合つくろう このビラのPDFファイルです 私は「すき家」関連の工場で働くパートの労働者です。ゼンショーグループは昨年12月正社員の一律ベースアップ、牛丼店のパート従業員の時給引き上げを検討すると公表しました。社長が会見で「原材料の高騰や消費税率の引き上げなどで外食業界の経営環境は一層厳しくなるとみられるが、家計の収...
組合活動

私の職場紹介 若い労働者が次々辞めて人手不足に

私の職場紹介 ちば合同労組ニュース 第45号 2014年4月3日発行より 限定正社員制度を求める職場の組合 若い労働者が次々辞めて人手不足に 私がパートで働いている職場にも「労働組合」があります。  組合活動なし 正規も非正規も全員が加入する労働組合ですが、私が働いている工場では、職場の声を集めるとか、役員を選挙するとかの組合活動は一切やられていません。 会社側の意向を組合を使っ...
組合活動

職場の仲間の怒りや気持ちをつかむ

ちば合同労組ニュース 第45号 2014年4月3日発行より   職場の仲間の怒りや気持ちをつかむ 4月に入り、春のきざしを感じますね。今回は副委員長からあいさつをさせていただきたいと思います。 大震災から3年となった今年の3月は、11日の反原発郡山(福島県)集会をはじめ、3月16日の春闘集会(写真)、3月21日のモリタ1周年集会・職場交流集会、3月23日の三里塚集会など、いろんな闘いがあり...
組合活動

労働組合の役割と私たちの使命

最近、『セディック・バレ』という台湾の映画をDVDで観ました。1930年10月27日に起こった台湾のセディック族の抗日蜂起事件(霧社事件)を取り上げた作品です。人間の尊厳をかけたやむにやまれぬ決起というのが良いですね。〝闘う〟ということについて、いろいろと考えさせられる作品ですので機会があったらご覧になって下さい。 さて、ちば合同労組も数々の争議、さらには組織化に向けて大車輪で闘っています。経営...
組合活動

あらためて気づいた職場の仲間の大切さ

あらためて気づいた職場の仲間の大切さ 今回は委員長に代わって副委員長からあいさつさせて頂きます。 団体交渉が増えています。個人の処分や解雇撤回の案件であったり、職場に分会を建設するベースづくりの団交であったり。 自分もまさに前者の団交を闘っている一人です。今回の団交と、以前のモリタ物流センター時代の団交とを比較して思ったことは、団交で自分たち労働組合の側が主導権を握るには、仲間の存在がとても...
組合活動

ホームページをリニューアル

ホームページをリニューアルしました。 2013年9月、組合事務所を千葉市内の駅前に移転しました。 組合活動や労働相談への取り組み活動の充実を推進しています。 その一環で組合ホームページを一新、リニューアルいたしました。 組合に入りましょう、職場に労働組合をつくり仲間と団結して労働問題を解決しましょう!