【STOP!武器見本市・ガザ侵攻】連続講座を立ち上げます

千葉・幕張メッセの武器見本市をとめよう!

熊谷知事は幕張メッセを「死の商人」にかすな!

 私たちは、来年5月の武器見本市に千葉県が幕張メッセを貸すことに反対します。

23 年 3 月の武器見本市では 65カ国から 250 社以上が参加しました。イスラエルの軍事企業「エルビット・システムズ」は、その場で「伊藤忠アビエーション」「日本エヤークラフトサプライ (NAS)」との商談成立の覚書締結式を行いました。千葉県は「家具の見本市と同じ」といって施設を貸そうとしています。しかし、イスラエルの軍事企業が毎日ガザの人達を殺しているドローンを売り込む見本市が、「家具の見本市と同じ」なはずがありません。武器見本市をとめるために、私たちが千葉から声をあげましょう!

私たちは、労働者の立場から戦争に反対するため「広報企画委員会」を立ち上げました。

ガザ侵略をはじめあらゆるに反対するため、連続学習講座・キャンペーン・アクションをおこないます。まずは、学習会から始めます。ぜひご参加ください。

【STOP 武器見本市・ガザ侵攻 連続学習講座②】
武器見本市(DSEI JAPAN 2025)とは?
 日時:7/20(土)16:00~
 場所:千葉市生涯学習センター・ミーティングルーム
    (千葉市中央区弁天 3 丁目 7 番 7 号)