広報

映画紹介『おくりびと』

映画紹介『おくりびと』  08年、本木雅弘主演の映画。納棺師は故人を棺に納めるために必要な準備を行う仕事。遺体を湯で拭い清めメイクを施す。遺体に衣装を着付け、旅立ちの身支度を整える。遺体は硬直し、簡単な仕事ではない。一連の所作の美しさが映画の世界観をつくる。孤独死や交通事故で腐敗・損壊する場合もある。できるだけ生前に近い姿に復元し遺族が最後のお別れができる状態にして引き渡す。そんな納棺師の仕...
介護労働の現場から

労働組合の力でコロナ感染症対策を 緊急職場交流会開催

 職場からの報告 労働組合の力でコロナ感染症対策を ちば合同労働組合労組交流センター 緊急の職場交流会を開催  4月19日、千葉労組交流センターとちば合同労組は、新型コロナウイルス感染が拡大する状況のなかで共同の職場交流会を開催した。緊急の呼びかけで、外出もままならない状況だったが、約40人が集まり、職場の状況や取り組みが報告された。 工場  ちば合同労組の組合員が4月中旬に新型コロ...
広報

生きさせろ! メーデー 5・1へ

コロナ解雇を許さない! 生きさせろ! メーデー 5・1 生きさせろ! メーデー 5・1.PDF 補償しろ 厚労省―官邸前行動 今すぐ100%の休業補償を! ■十分な額の給付金をただちに! ■医療の拡充を! 医療労働者に安全と補償を! ■生き抜くために、安倍政権を倒そう! 5・1生きさせろメーデー 日程 日時: 2020年5月1日(金) 場所と行動予定: ●11時~厚生労働省...
広報

労働組合こそ生きるための闘いの先頭に

労働組合こそ生きるための闘いの先頭に (先月に引き続き執行委員会で議論した文書です) 貧困や雇用破壊、公衆衛生後退が背景に (1)首都封鎖の情勢  新型コロナウイルス感染者は世界で70万人、死者は3万人を超えました。1週間で3倍増のペースです。有効な対策が取られなければ最大4千万人が死亡との恐るべき分析も出ています。  日本でも感染ルートが把握できなくなりオーバーシュート(爆発的な感染)...
広報

関西生コン労組支援~映画と講演

関西生コン労組支援~映画と講演  3月21日、労働学校の今期最終講座は「関西生コン支部支援―映画と講演の集い」として開催されました。  関西生コン労組の武委員長のドキュメンタリー映画『棘』を上映し、関西生コン労組から組合の闘いの歴史についてエピソード豊富に講演していただきました。映画監督とプロデューサーも参加し、あいさつをいただきました。 ちば合同労組ニュース 第117号 2020年04...
広報

新型コロナウイルス関連の労働問題/実践的に考える職場と労働法

実践的に考える職場と労働法 新型コロナウイルス関連の労働問題 コロナ理由の一方的な雇い止めや内定取り消し×  先月に引き続き、新型コロナウイルス関連の労働問題について検討します。  原則として、使用者の判断で休業する場合は、「使用者の責めに帰すべき事由による」休業となります。  したがって労働基準法の規定により休業手当が請求できます。ですので感染予防や「仕事がない」などの理由であっても使...
広報

映画紹介『革命児サパタ』

映画紹介『革命児サパタ』  1952年の米映画。エリア・カザン監督、マーロン・ブランド主演。メキシコ革命(1910~17年)の英雄サパタの半生を描く。サパタはメキシコ南西部モレロス州の農場主の息子でお尋ね者となっていたが、仲間と共にメキシコ革命に参加、農民蜂起を指導し、ディアス独裁政権を打倒する。  革命の指導者の一人となったサパタは農民への土地分配を要求し、新たに大統領の座についたマデロ...
広報

動労千葉がストライキ

動労千葉がストライキ  動労千葉は3月14日、木更津支部長への不当処分、ジョブローテーション反対などを掲げ、ストライキに突入した。木更津支部長への強制出向は、職場のささいな問題を取り上げ、退職まで1年問という労働者にとって大切な時間を奪って職場から排除するもの。  また同日のダイ改において総武緩行線(各駅停車)では、ホームドア設置に伴う停車時間の増加を埋めるために駅間の運転時分を5秒短縮しよう...
広報

コロナウイルス問題について

(実践的に考える職場と労働法/コロナ問題 職場での諸要求についてーNewsNo.116P2)も合わせてご覧ください。 コロナウイルス問題について (ちば合同労組執行員会で議論し採択した文書です) コロナ関連の雇い止めや解雇を許すな! 使用者には雇用と賃金の責任がある 体調不良で休めない職場の現状を変えよう。会社の責任で感染対策と賃金補償を! 仲間と地域を守るため、労働者は団結し知恵を出し...
その他

実践的に考える職場と労働法/コロナ問題 職場での諸要求について

実践的に考える職場と労働法 コロナ問題 職場での諸要求について 厚生労働省「感染者に休業手当を払う必要なし」  コロナウイルスの影響が各職場に広がっています。  感染が判明した千葉在住の20代の労働者は40度の熱が1週間以上続いても中国人との接触がないとの理由で検査を拒まれ、また「簡単には仕事を休めない」と無理して通勤していたと報じています。  会社が出勤停止の措置を取った場合の賃金補償...
広報

映画紹介『ピータールー/マンチェスターの悲劇』

映画紹介『ピータールー/マンチェスターの悲劇』  1819年8月16日に英マンチェスターのピーターズ広場で起きた民衆虐殺事件を描く。英国史上もっとも残忍かつ悪名高い事件を言われる事件だ。  ナポレオン戦争後、不景気と失業に人びとは苦しむ。さらに穀物法による小麦の輸入禁止が追い打ちをかける。賃金は3分の1、パンの値段は5倍に。変革を求める織物工場の織工たちは選挙権とマンチェスター代表の選出などを...
広報

全国経験交流会in千葉大盛況/『介護職のリアル・・』好評販売中/労働学校案内

全国経験交流会in千葉 大盛況  全国の地域合同労組やユニオンでつくる合同一般労働組合全国協議会による全国経験交流会が2月23~24日、千葉市のDC会館で開催されました。初めての試みでしたが、全国から多くの参加があり、各ユニオンの取り組みや経験について発表・交流を行いました。  6つの報告に加え、少人数で議論するグループワークや交流会、テーマ別討論などを通じて、今後の組合活動のヒントやイメー...
その他

春闘の取り組みを/職場代表選やアンケート実施など

職場代表選やアンケート実施など春闘の取り組みを  春闘の季節が来ました。  春闘とは「日本において毎年春(2月)頃から行われる、ベースアップ等の賃金の引上げや労働時間の短縮などといった労働条件の改善を交渉する労働運動」(ウィキペディア)です。  日本は企業内労働組合が主流で個々の労働組合では交渉力に差もあり、個々の企業の経営状況などにも左右されやすい――ということで日本中の労働組合がこの時期...
制度・政策

未払い賃金時効2年→当面3年に

実践的に考える職場と労働法 未払い賃金時効2年→当面3年に 改正民法に合わせて時効5年が当然の措置  厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会が昨年12月27日、賃金請求権の消滅時効を現行の2年から5年とし、当面の間は3年とする報告をまとめ、厚生労働大臣に建議した。今年の通常国会に労働基準法の改定法案を提出し、4月1日に実施する方向となっている(記事参照)。  120年ぶりとも...
介護労働の現場から

介護職場に労働組合を

介護職場に労働組合を! 介護労働実態調査 人手不足の職場をどう変えるか  介護労働安定センターが18 年10月に実施した「事業所における介護労働実態調査」(PDF)によると離職率や賃金は少し改善されたが、深刻な人手不足や非正規雇用、低賃金構造は変わっていない。介護職場の改善に向けて労働組合の組織化は大きなテーマだ。 ◎60歳以上は2割超  調査によると、65歳以上の介護労働者の割合は1...
広報

映画紹介『希望の灯り』

映画紹介『希望の灯り』  登場人物の口数の少なさ、日本映画とは違う外国の絵葉書のような映像の色彩など、巧みな演出が効果的な魅力を放っている。原題は『通路にて』。このタイトルの方がしっくりくる労働者の世界を描いたすぐれた作品。  舞台は旧東独ライプツィヒ近郊の巨大スーパーマーケット。27歳の無口な青年クリスティアンは在庫管理係として働くことに。教育係に指名されたブルーノは職場の諸作法やフォークリ...