制度・政策

医療を社会保障として取り戻そう スト報告&これからの展望

医療を社会保障として取り戻そう ストライキ報告&これからの展望をみんなでつくる 10・10ふなばし集会 180人が参加  7月10日、コロナ禍で奮闘する医療従事者への犠牲の押しつけ、ボーナスカットに反対して船橋二和病院労働組合の看護師、医師たちがストライキに立ち上がりました。テレビや新聞でも大きく報道され、日本だけでなく世界から激励の声が寄せられました。  10月10日には船橋勤労市民セン...
制度・政策

団体交渉の歴史と意義、その機能

実践的に考える職場と労働法  団体交渉の歴史と意義、その機能 個人加入型の地域合同労組にも団体交渉権がある  団体交渉は様々な意義や機能がありますが、もともとは「労働力の集団的取引」という形で始まりました。個々の労働者の労働条件について使用者と個々で取引するのではなくて、多数の労働者が団結して代表者を選出し、その代表者を通じて集合的に取り引きを行うというものです。  こうした集合的・統一的...
制度・政策

「労契法20条裁判」―非正規雇用撤廃

「労契法20条裁判」―非正規雇用撤廃! 司法を超える労働運動を  10月13と15日。労働運動に重大な影響を及ぼすと言われた三つの最高裁判決が下りた。①賞与の格差を問題にした大阪医大、②退職金の格差を問題にした東京メトロコマース、③扶養手当などの諸手当の待遇格差を争った郵政の三つの裁判。  あまりにひどい格差の中で、これらの裁判は、非正規の決起・結集軸の一つとして闘われてきた。労働契約法20...
広報

映画紹介 『ピザ!』

映画紹介『ピザ!』  南インドの都市チェンナイのスラム街に暮らす兄弟。父は刑務所、母も定職がなくその日暮らし。兄弟は貨物列車からこぼれ落ちた石炭を拾うのが日課。食事も事欠き、子どもたちが遊ぶ空き地のカラスの巣から卵を時々失敬している。その空き地がつぶされて街に初めてのピザ店ができる。食べたことないピザに釘付けとなる兄弟。しかし、それは家族の1月の生活費よりも高いのだ。  兄弟は憧れのピザを食べ...
広報

雇い止めに公開質問状 秋山市長のゼロ回答に怒り

不当雇い止めに対し公開質問状 秋山市長のゼロ回答に怒り!  全国初とも言われる柏市の会計年度任用職員(環境部南部クリーンセンター)の9月末の雇い止めについて、ちば合同労組と内田博紀市議が連名で秋山浩保柏市長に提出した公開質問状の回答が10月12日付で送られてきました。  内容は従前の市の説明を繰り返すもので「民間委託を理由にして雇い止めにしたこと」「全国で異例の6か月任用にしていること」...
広報

10・10ふなばし集会 病院労組のスト報告を聞こう

 千葉合同労組ニュース123号.PDF  10・10ふなばし集会 船橋二和病院労組のストライキ報告を聞こう ちば合同労組定期大会を成功させ 労働組合の再生をめざす 11・1労働者集会に結集を  安倍首相が退陣し、菅政権がスタートしました。  安倍政権の7年8か月は、安保法の制定や武器輸出3原則の解禁、「働き方改革」と称する労働基本権の解体、年金改悪など社会保障の破壊、NHKなどマスコミの...
広報

労働学校へご参加を/韓国民主労総の歴史と闘い

労働学校へご参加を テーマ 韓国民主労総の歴史と闘い 日時 10月17日(土)13時~ 講師 金元重(元千葉商科大学教授)  ちば合同労組は組合として集団受講しています。世界も最も労働運動が活発な韓国において民主労総はパク政権を倒したろうそく革命を通して百万人組織となりました。なぜ拡大したのかについて考えます。  ちば合同労組ニュース 第123号 2020年10月1日発行より
制度・政策

労働組合の結成、組織と運用

実践的に考える職場と労働法  労働組合の結成、組織と運用 直ちに地域合同労組に加入すればユシ協定に基づく解雇はできない ユニオンショップ  労働組合の組織拡大の手段として、組合員であることを雇用の条件とすることで組合加入を強制する協約上の制度をユニオンショップと呼びます。日本では、労働協約を有する労働組合の過半数がユニオンショップ協定(ユシ協定)を結んでいます。大企業になるほどその割合はよ...
広報

TDL・成田空港など県内でも解雇激増

TDL・成田空港など県内でも解雇激増 菅政権 コロナ解雇に反撃を  9月に入りコロナ関連の解雇や雇い止めが激増している。コロナ関連の解雇者は6万人を超え、1月約1万人増のペースだ。製造業を中心に宿泊業・飲食業・小売業などの非正規雇用の労働者を直撃している。  解雇はコロナによる「仕方ない」ものではない。菅首相と関係の深い経済専門家デービッド・アトキンソンはテレビ番組で「日本のために中小企...
広報

映画紹介『恋のしずく』

映画紹介『恋のしずく』  日本三大銘醸地の1つとして知られる広島県東広島市・西条が舞台の日本酒造りを物語にした映画。 東京の農業大学で醸造学を学びワインソムリエを目指す大学生が、フランス留学に必要な単位をとるために西条の老舗酒造で嫌々ながらも研修を受けることに。病に伏す蔵元と父親に反発する息子、厳格な杜氏や職人のもとで実習を開始するが慣れない作業に失敗ばかり……。主人公の大学生を川栄李奈、...
制度・政策

無期転換回避の雇い止めストップ

職場からの報告 無期転換回避の雇い止めストップ 10・16京成バス裁判に結集を  京成バスの解雇事件をめぐる千葉地裁での闘いが山場に向かっています。  この間、京成バスが証拠として提出した最新の就業規則に「嘱託運転士は正社員登用を前提としていることから、無期転換申し込みを行うことはできない」と記されていることが明らかになりました。  京成バスが正社員登用制度とセットで嘱託社員の更新上...
制度・政策

計年度任用職員の雇止め 柏市市長は撤回を

職場からの報告 内田議員・労組が連名で公開質問状 会計年度任用職員の雇止め 柏市・秋山市長は撤回を  柏市南部クリーンセンターでゴミ収集業務に従事する会計年度任用職員の雇い止めの撤回を求めて、ちば合同労組は9月28日、3回目の団体交渉を行いました。  同日午後、ちば合同労組と内田博紀・柏市議は連名で秋山市長に対し公開質問状を出しました(写真)。内田市議は9月17日の市議会においても不当解雇...
広報

〈我慢・辞める〉ではなく「労働組合で職場を変える!」を

 ニュースNo122.PDF 〈我慢・辞める〉ではなく声を大に「労働組合で職場を変える!」を  ちば合同労組は8月、団体交渉や労働委員会、労働相談などを連日、展開しました。  新型コロナ問題は半年が経過しました。厚生労働省の発表では、新型コロナ感染症に関連する解雇や雇い止めは8月21日までに4万8206人。業種別では7575人の製造業が最多とのこと。  ちば合同労組も雇い止め問題を数多く取...
広報

ZOZOは雇い止めの撤回を

ZOZOは雇い止めの撤回を  ちば合同労組(ZOZOユニオン=分会)は8月28日、株式会社ZOZOと3回目の団体交渉を行った。5月末の雇い止めの撤回を求めるものだ。団体交渉に先立ち、ZOZO本社があるワールドビジネスガーデン・マリブウエスト前(JR海浜幕張駅)で宣伝活動を行った。  団体交渉は平行線のまま時間切れとなったが、ちば合同労組は雇い止めの撤回を求めて粘り強く交渉を続ける決意だ。  ...
制度・政策

テーマ 新自由主義とはなにか/労働学校

労働学校へご参加を テーマ 新自由主義とはなにか 日時 9月19日(土)13時~ 講師 藤村一行(研究家)  ちば合同労組は組合として集団受講しています。新型コロナウイルス感染症の拡大は、過去数十年間に及ぶ新自由主義の問題性を浮き彫りしています。タイムリーな講義です。皆さん、ぜひご参加を!  ちば合同労組ニュース 第122号 2020年09月1日発行より
制度・政策

労働組合法上の要件と運営について

実践的に考える職場と労働法 労働組合法上の要件と運営について 労働組合の運営は規約と多数決による自治が原則 ◎主体となって  労働組合法が認める労働組合は、労働者が主体となって組織した団体であることが必要です(2条)。「主体となって」とは、労働者が構成員の主要部分を占めること、労働者が組合の運営・活動を主導することと解されています。一部に学生や専従、退職者等が参加していてもまったく問題あり...