介護労働の現場から

介護労働の現場から〈11〉介護労働とは

介護労働の現場から〈11〉 2014年03月02日 介護労働とは 労働時間内に2人で仕事をこなすのは大変だ。分刻みでへとへとになるまで働いても、その仕事は利用者に伝わらない。スキルの問題ではなく、なにか根本的なところで間違っていないか? そもそも介護労働とはいったい何なのか? 一生懸命考えた。 資格講習のおばヘル講師は、講習の最後に涙目で、はなむけの言葉。「介護は、お年寄りの世話をする...
郵政職場

非正規化・パワハラ…労働者はモノじゃない!

非正規化・パワハラ・雇い止め・貧困化…。労働者はモノじゃない! 一人で悩まず、ご相談を 2014年2月  今年一番の冷え込む中での出勤ご苦労様です。私たちは、千葉県下で働く労働者でつくる労働組合・ちば合同労組です。 厳しい雇用環境の中で、労働組合への注目、労働相談が増加しています。郵政職場は「ブラック企業」化しています。雇い止め・パワハラなどで悩んでいる方はぜひご相談ください。 いま...
介護労働の現場から

介護労働の現場から〈10〉給料に見合った働き

介護労働の現場から〈10〉 2014年2月3日 給料に見合った働き ほとんどの介護施設は激務なので、その日一緒に組むスタッフのスキルや態度に大きく左右される。小さな施設ではまともな新人研修はなく、未経験でも2~3日の見習いでひとり立ち、どれだけガムシャラにやろうと、いきなり完璧にやれるはずがない。もともとなんでもできて、仕事が早く、要領よく、人見知りもなく……、要求されるのは神業に近い。 ...
郵政職場

2014年は郵政職場を変える年へ! 2014年1月  郵政で働く労働者のみなさん。元旦からの年賀のお仕事ご苦労様です。 社会を動かしているのは私たち労働者です。年賀ハガキも郵政労働者の一人ひとりの労働者の力によって担われています。郵政労働者が正月を返上して、一軒一軒の新年の挨拶を送っているように、私たちの労働こそ、社会をつくっています。 郵政は本当に許せません。郵政資本は、労働者を大量...
介護労働の現場から

介護労働の現場から〈09〉労働時間を守ろう

介護労働の現場から〈09〉 2014年1月5日 労働時間を守ろう 私が介護の仕事を続けるためにはまず労働時間、契約書に書いてあるとおりに働く。当然でしょ。 日勤勤務は〈朝9時~18時まで、昼休みは1時間〉という契約書の労働時間を守るためには①仕事は勤務時間内にする②昼休みには職場を離れる。それだけのことだ。 施設の責任者は、「定時に帰らないと残業代は出ないよ」と言っているので「仕事残...
郵政職場

許せません!郵政の自爆営業

許せません!郵政の自爆営業 年賀はがきの過剰な営業を労働者に強制するのは違法です! 郵政のノルマ強制は社会的な大問題です。 2013年12月  『朝日新聞』(11月17日付)の1面に、日本郵便の悪行が大きく報道されました。このビラの裏面に掲載されているグラフを見て下さい。 毎年毎年、配達枚数を大幅に上まわる年賀はがきが発行されています。一体何のための年賀はがきなのでしょうか! 郵政...
gallery

憲法の保障する基本的人権を否定し、 秘密国家・軍事国家への道を開く特定秘密保護法案を廃案に!

この法律ができたら、ジャーナリスト、市民運動、労働運動はもとより、国会議員も処罰の対象となり、裁判も秘密のまま行われます。国家官僚は情報をいくらでも闇に葬ることができます。情報にかかわる人は周辺も含めて監視され続けます。この国は、国会も司法も手が出せない、官僚独裁の監視国家になってしまうのです。 “ヒットラーの全権委任法と同じだ!” ノーベル受賞の益川敏英さん、白川英樹さんら多くの...
介護労働の現場から

介護労働の現場から〈08〉人権無視して当然

介護労働の現場から〈08〉 2013年12月3日 人権無視して当然 二人は、もう会社に退職を申し出たということで、ファミレスでもう3時間も粘り、ドリンクバーにたまに立つ以外は、しゃべる、喋る。私は、大きな施設のやり方が面白いので、もっぱら聞き役。 tea 「たしかに、介護職長い人はすごいスキルよね。おむつ替えだって、目にも止まらない速さでパッパッ、おしりは3回だけ拭いてOK。ベッ...
広報

許せません 郵政の自爆営業

『朝日新聞』11 月17 日付 『朝日新聞』(11 月17 日付)の1面に、日本郵便の悪行が大きく報道されました。 このビラの裏面に掲載されているグラフを見て下さい。毎年毎年、配達枚数を大幅に上まわる年賀はがきが発行されています。一体何のための年賀はがきなのでしょうか! 郵政は「ブラック企業」そのものです。千葉でも、ゆうメイトへの「自爆営業」がおしつけられています。 私た...
制度・政策

介護保険改悪

貧乏人は介護してくれないの? 介護保険制度ができてから13年。9月に社会保障審議会介護保険部会が制度見直しの具体案を示した。論点の「在宅介護の充実と経済成長への寄与」をあらかん流に読み解きします。主な見直し内容は以下の通り。 ①要介護1~5、要支援1~2の認定があるが、要支援は保険給付からはずし、市町村の事業に移す。 ②特別養護老人ホームへの入居は要介護3以上 ③所得(年金280万円以上)...
相談事例

解雇を通告されました。自己都合退職と記載された離職票をみてちば合同労働組合に相談、撤回させました

食堂で働いていたパートのAさんは、チーフからの暴言や包丁での指図(さしず)などが続き、最後には料理ばさみを投げつけたり、調理箸について油をかけられ火傷を負いました。 困ったAさんがマネージャーに相談したところ、チーフから解雇を通告されました。ところが、そのチーフは、社内ではAさんの自己都合退職と説明し、手続きを進めていたのです。 最初はあきらめていたAさんでしたが、自己都合退職と記載さ...
相談事例

自宅謹慎処分は最も軽微なものにとどめ、定年まで働くことを約束させることができました

Dさんが働く大手メーカーT社では、2008年のリーマンショックの頃から大規模なリストラを進めてきました。 Dさんは早期希望退職などの誘いを受けましたが、定年まで働き続けたいとの希望を会社に伝えてきました。 Dさんは子会社に出向となり、長年従事してきた業務はまったく関係のない資料整理を毎日させられました。Dさんは体調も崩し、無意味な仕事に意見具申したところ会社から懲戒会処分として自宅謹慎...
gallery

写真Gallery 県内駅前でビラを配布

千葉県内の駅前で連日組合員が「労働相談」のビラをお配りしています。
介護労働の現場から

介護労働の現場から〈07〉将来性のある職場

介護労働の現場から〈07〉 2013年11月7日 将来性のある職場 「辞めてやる」と思ったが、泣いてばかりいた利用者の赤城さんが最近いい顔で笑うようになったことや、ガンで余命3か月の井村さんがか細い命の灯を点しながら、私の料理だけは頑張って食べてくれることなどを思うと、辞める覚悟で、職場の労働環境を変えようと思った。就職して2か月足らずだが、わずか7名の職場、みんなでどうにかできるはずだ...
相談事例

本当は解雇なのに自己都合退社とされました(IT関係)

私は正社員で入社しましたが、試用期間を3カ月から半年に延長され、半年で会社都合なのに自己都合ということで「解雇」されました。 半年働いていたのですが手続きの関係で雇用保険の支払い期間が半月足りなく、雇用保険の受給資格がない状態でした。 しかも、本当は会社都合なのに解雇予告手当もなく、離職票の送付も退職しても2カ月以上送ってこない状態でした。 私は、ちば合同労働組合に相談して企業側には、 ...
相談事例

ゼネコン下請けの建築関係の会社で働いていました

私は、ゼネコンの下請けをしている建築関係の会社で働いていました。 ところが会社は、建築不況を理由にゼネコンから仕事をもらえないと「次の仕事が見つかるまで、無給で休め」と言ってきました。 私は、ちば合同労働組合に加入して団体交渉で「休職中の収入を補償する」ことを申し入れました。 会社側ははじめ「(私は)請負だから補償する必要はない」と言っていましたが、雇用契約書を見せられて補償する...