介護労働の現場から〈05〉介護は奉仕?

介護労働の現場から〈05〉
2013年08月01日

介護は奉仕?

「入居者2名につき1名の手厚い介護」というよくある宣伝文句は、月あたりの総時間数(昼間)を従業員数で割ったものを指す。しかしパートも1名として換算し、実際は24時間介護なので、実態とは大きく乖離する。いつも利用者2名の傍に1名のヘルパーが就いているという意味ではない。
介護の現場は、スタッフがお互いをカバーしながら常に気を抜けない緊張を強いられる。転倒による骨折(寝たきりになる可能性大)、誤飲や嘔吐による窒息、風呂で溺死、脳出血や心筋梗塞の発見の遅れ、褥瘡、脱水、栄養失調……等、仕事のあいだ中ずっと気を張り詰めた状態が続く。肉体的にも、身体が動かないお年寄りを支える入浴や排せつ介助、トランス(ベッド、車いす、椅子への移乗)などで、体力を使い切る。

そういった緊張が続く仕事はめずらしくもないかもしれない。

しかし、高齢者介護は、コミュニケーションがとりにくい人間を受容し、命と暮らし全般をサポートしていかなければならないという、そのミッションに労働者自身が苦しむ。
お年寄りには一切責任がない。彼らにとっては、自分の了解なしに、あるいは認知症で判断不可能なまま、突然放り込まれた場所で、周りは知らない他人ばかり。おとなしく座って、黙って食事をして、言われるとおりに排せつ、入浴してなんて無理でしょ。
例えば、血相変えて怒る、泣き叫ぶ、物をこわす、衣服を脱ぐ、?みつく、便を投げつける…。一人が始めると、他の利用者に伝染する。
「人殺しぃ!」「死ねぇ」「警察に言うぞぉ」「誘拐した。金目的か」「性悪おんな」…などの言葉の暴力が私に投げつけられる。

そんなこと、これまで60年の生涯で一度も言われたことがない、最初はガーンとショックを受けた。それでも、何事もなかったように利用者に接し続けるのは高齢者を支えるという使命感からだ。
介護という仕事はそんな仕事だ。「うるさい! クソばばあ」「精神病院へ行け」「世話してもらっている立場でよくそんなこと言うね」なんてね……心の中でも口に出せない。精神的なストレスが内に溜っていく。
ところが、この施設のトップである27歳の管理者は、さすが体育会系で、この手の扱いには慣れていた。利用者にタメ口をきき、「メシ食わないと、もうやらねえぞ…なんちゃってね」。こんな介護のNGも、それで、利用者がニコニコしながら食べてくれ、こちらのストレスが少しでも発散できればいいのではないかと思った。

介護職経験者は中高年の女性が多い。いわゆる「おばヘル(おばさんヘルパー)」で、ヘルパー2級の講師も全員おばヘル出身者だった。偏見を承知で言えば、彼女たちは介護=奉仕の考えがこびりつき、労働者として介護の困難をどう切り開いていくかという発想が欠落している。

(あらかん)
(ちば合同労組ニュース37号から)

介護労働の現場から〈04〉白鳥の水かき

介護労働の現場から〈04〉
2013年07月06日

白鳥の水かき

介護は24時間で4交代が多いが、私の勤務先は日勤と夜勤の2交代で、日勤は9時から6時まで。
一息つくひまもない激務のタイムスケジュールを紹介しよう。繰り返すが、スタッフは2名。利用者は最大10名までの仕事である。
9時に出勤して夜勤からの申し送り後、1名(A)は車でデイサービスの迎えに行く。その間、1名(B)は泊りの利用者の見守りをしながら、掃除と洗濯物干し、入浴準備、庭の水やりをする。
10時前後からデイサービスが開始。Aが飲み物提供、体操、その間にBは入浴介助。11時からAは昼食作り、Bは排せつ介助と口腔体操と配膳。12時から昼食。Aは休憩。Bは食事介助、12時30分に管理者が入り、Bも休憩。1時に休憩が終わったAが下膳、食器洗い。服薬介助と口腔ケア、排せつ介助。臥床介助など一連の食事介助が終わるのは2時。

それから、Aが入浴介助、Bはレクレーション、散歩、買い物などAと協力して行う。3時からはおやつの時間で、離床や移乗介助をして利用者をリビングに集める。食事介助、口腔ケア、食器洗い。4時になると、デイサービスは退所の時間でAは家庭への連絡ノート書きや着替えや荷物などの準備に追われる。Bは洗濯ものを取り入れ、利用者を車で送り、その間に、5時からはAは夕食づくり。Bは帰ってきて記録書き。5時45分から夜勤への申し送り。夕食は6時からなので、日勤は配膳して仕事を離れる。

利用者は、ほとんど全員認知症なので、時間がきてもスタッフの指示が入らないことが多い。だからといってほっておくことはできない。食べたくない人に食べてもらい、トイレや入浴を拒否する人もほってはおけない。口腔ケアひとつにしても、やらなければ、口の中に残した食べかすで嚥下障害、窒息を起こすこともある。薬も吐き出したり、便をもてあそんだり……。すんなりと何事もなく、スケジュールをこなせる日なんてほとんどない。徘徊癖のある人があれば、スケジュールはめちゃくちゃになる。

それに、臥床、入浴、排泄などの介助の前後に準備や片づけがはいる。それが結構手間取る。介護は大変な仕事だ。減らしていいような仕事はどこにも見当たらない。さすがにスタッフはみんなへとへとで、夕方になるとロレツも回らなくなる。仕事が終わって着替えようとして、ズボンに足を入れ損ね、ころんでしまったとか、帰りの電車でつり革につかまって寝てしまうとか、限界労働が続き、2人のスタッフが辞めてしまった。仕事がまわっていかなくなり、経験も資格もない管理者が現場に入ることになった。

「忙しくても、バタバタしないでゆったりと利用者に接してね。白鳥は水面下では必死で水かきをしてるけど、見た目は優雅でしょ」有言実行、やってみろ! 管理者。

(あらかん)
(ちば合同労組ニュース36号から)

介護労働の現場から〈03〉難民キャンプ

介護労働の現場から〈03〉

2013年06月12日

難民キャンプ

介護職といっても資格によって、介護ヘルパー2級(4月から介護職員初任者研修)、介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)などに分類される。それに、施設になれば、看護婦や作業療養士、理学療養士、社会福祉士なども介護サービスに関係する。なお、資格がなくても見習いとして介護職に就くことも可能である。
また、訪問介護と施設介護があり、施設介護でも、特別養護老人ホーム、老人保健施設、病院、グループホーム、有料老人ホーム、ケアハウスなどの施設の種類や内容によってサービスが異なる。

だから、介護職の経験も、転職すれば、一からやりなおしということは一般的である。介護には「介護学」という学問も、看護師協会のような職能団体も、教員の指導要綱みたいなものもなく、玉石混合の施設まかせ、さらに同じ施設内でも介護スタッフ個人によってやり方が違う。

私が、介護ヘルパーとして最初に就職したのは、デイサービス施設(昼間だけ送迎付きで高齢者に食事や入浴、その他のサービスを提供する)だった。それも民家を利用した最大10名の小規模で、介護保険対象外の「お泊り」サービスも一泊1000円程度の自費負担でやっているという、いわば介護保険制度のすき間にできた「民家型お泊りデイサービス」という業態である。

フランチャイズ方式で初期費用が数百万円程度、経営のノウハウや人材確保は本社がやってくれるから、売れない一戸建てを持て余した不動産や建設業者がどんどん介護に参入してくる。初期費用をかけないというのは、室内はほとんど改装なし、家具や家電製品は中古、ベッドはパイプの折り畳み、車はレンタル、厨房や掃除の道具、文具などは100円ショップで購入する。

労働者にとっては必要な介護設備もなく、バリアフリーでないので、身体介護労働がきつい。

利用者は主に、特養老人ホーム待機者や、暴力や徘徊などの重い認知症で特養や有料老人ホームでは受け入れてもらえない高齢者。

家族は緊急対応なので、施設の設備や介護スタッフの質などをほとんど問わない。預かってくれるだけでありがたいのである。泣き顔で相談に来た家族が、お年寄りを残して笑顔で帰っていく。
そうして、家族が持て余す、いわゆる問題行動のある高齢者が一つ屋根の下に集まり、トラブルが連発する。スタッフに与えられたミッションは、利用者の食事、入浴、排泄の身体介護、料理、洗濯、掃除、買い物などの生活介護、車での送迎、散歩、病院への付き添いなど。何もかも昼間(介護保険適用)実質2名、夜間(介護保険外の利用者自費負担)1名でこなさなければならない。当然、職場は「難民キャンプ」並みの様相を呈することになる。

(あらかん)
(ちば合同労組ニュース35号から)

介護労働の現場から〈02〉なぜ介護職?

介護労働の現場から〈02〉
2013年5月6日

なぜ介護職?

異業種から介護職を希望すると、面接で必ず志望動機を訊かれる。介護が専門職なのと、福祉に対する意識調査が目的かと思われる。しかし、応募する側は介護未経験でも、介護は過酷な労働で低賃金だということを承知でいる。他に仕事がなく、やりたくもないのに背に腹替えられず介護をやろうとする応募者に志望もモチベーションもない。あるのは覚悟だけである。
就活でわかったことは、施設介護は24時間体制なので、勤務は4交代、早勤(7時~16時)、日勤(9時~6時)、遅勤(11時~19時)、夜勤(17時~翌9時)が、曜日固定制ではなく、毎月変動するシフトが組まれる。パートでもダブルワークは不可能だ。

報酬は未経験の場合、千葉で月給手取り15万前後。パートは820円から950円止まり。採用時に健康診断が義務付けられていることも多く、最近は保健所でやってくれないので、総合病院で検査料と診断書で自費で2万円程度かかる。

私の場合、50代後半で前職のコールセンターを希望退職して、雇用保険受給にハローワークに行った。大混雑の職業相談窓口で、カウンセラーが「もう定年年齢だし、事務、接客、営業はきびしい。60過ぎるとぶっちゃけ3K職場くらいしか受かる可能性はないね。」という。ハローワークがこんなぶっちゃけトークをするなんて…。以下、私とぶっちゃけカウンセラー(BC)との対話。

私「3K? 汚い、きつい、危険ですか? 体力もちますか?」
BC「ちがうよ。管理人、警備、介護の3Kなら求人はかなりあるよ」
私「管理人、いいですね。人の世話するの嫌いじゃないし…」
BC「それが最近すごい競争率でね。電気の資格かなんかないと無理だね。介護どう?」
ということで、資格を取るために介護の職業訓練に応募したが、不合格。どうして?
BC「訓練校だって、就職で受かる可能性が高い若い人を採るからね」
自費で資格を取るには10万円近くかかる。でもその後、ラッキーなことに無料のヘルパー2級講習にくじ引きで受かり、講習を受けることにした。

講習中に、親戚が入居している老人施設に見舞いに行き、ヘルパーさんに「私、介護職にむいていますか?」と訊ねたら、「あってると思う。がんばってね」という返事、図に乗って、近所のデイサービスに応募したら即日に合格。資格取得後、フルタイムパートで就職した。

天職かもしれないと思った。身体が動く限り介護の仕事を続けようと思った。

(あらかん)
(ちば合同労組ニュース34号から)

介護労働の現場から〈01〉普通の労働者

介護労働の現場から〈01〉
2013年04月07日
普通の労働者

知り合いに介護(高齢者の)の仕事に就いているといえば、返ってくる返事は、きつい、汚い、給料安い……といった類いのものが多く、「奇特な人」扱いか、底辺労働するほど生活に困っているのか……という差別的な目で見られる。
逆に、福祉行政とか介護ビジネス、つまり安い対価で介護の人手を確保したい、老人からの金儲けをたくらむ側からは、「介護は専門職、お年寄りに安全と安心を与え、人間として成長できるやりがいのある仕事」という福祉の金科玉条が喧伝されている。

そして、介護労働といえば、とびぬけて離職率が高く慢性人手不足。国の介護保険制度の下で介護報酬が低く抑えられているため、介護報酬から支払われる介護労働に近代的な市場原理はなく、いくら人手不足になっても需給関係が賃金や労働条件に反映することはない。いわば国の奴隷で、さらには自国で確保できないから、他国から調達しようと企んでいる。

高齢者施設の火災、認知症施設における虐待や殺傷事件などがニュースになる。「あってはならないこと」と糾弾することは簡単であるが、その背景には必ず制度の問題や介護労働の現場状況が大きな要因としてある。現場の労働者は聖職者でもボランティアでもない。年寄りの召使でもなく、低賃金で過酷な労働に苦しみながら、「働くということ」「歳をとった〈人間〉のこと」を日々考えつづけている普通の労働者である。
これから少しずつ、普通の労働者にとっては「あってはならないこと」を書いていきたいと思う。
私は、60歳近くになって初めて高齢者介護の仕事に就き、経験は一年ほどである。まだ、介護労働のなんたるかを語る資格はないかも知れない。しかし、異業種から飛び込んできた新米が、何年もやってきたベテランよりも、現場がよく観察でき、さらに問題意識を外に向かって発信する能力において劣ることはないのではないかと思う。

介護労働には「守秘義務」がある(それが告発や労働運動を拒んでいる大きな要因)ので、現場を書くことには大きな勇気がいる。また、読者に対しては具体的な記述ができないこともあるし、名前は仮名なので許していただきたい。著者は『あらかん』―アラウンド還暦、である。連載ですので、ヨロシクオネガイシマス。

(あらかん)
(ちば合同労組ニュース33号から)

1 23 24 25