保養 無事終了

    

 酷暑ですが勝浦の浜風がそよぐ中で14回目のちば保養を無事終了しました。7月21~25日の5日間、勝浦市にて福島から8家族24人(初参加3家族)を迎えました。今回は、若者をはじめ多数のボランティアスタッフに支えられました。カンパなどのご支援を頂き感謝申し上げます。

【編集後記】

 自民党・杉田議員の「LBGTは生産性がない」発言は不規則発言にとどまらない。発言を聞いて、かつて『パレードへようこそ』の映画紹介で書いたことを思い出した。「サッチャー時代の英国は、あらゆる社会的な連帯や紐帯を断ち切り、すべてを自己責任と自己努力に叩き込んだ。ここを打ち破らなければ私たちの生きる現代世界は変わらない」。

ちば合同労組ニュース 第97号 2018年08月1日発行より