映画紹介『県庁の星』

広報

映画紹介『県庁の星』

 県庁のエリート官僚を演じる織田裕二とスーパーのパート店員の柴咲コウが主人公の06年の映画。織田と柴咲が好きな人、気楽な映画を観たい時には良いかも。
 民間企業との人事交流研修として県庁エリートの織田がスーパー「満点堂」に行くことに。満点堂は保健所から何度も注意を受けて次は営業停止処分との警告。客足も少なくやる気のない店員が多い。織田の教育係となるのが柴咲。県のプロジェクト成功と自らの出世のために意気込む織田、しかし役人の常識はスーパーには通用せず邪魔者扱いに。
 惣菜部門に回された織田が不衛生さや古い食材の使用は問題だと指摘すると、適正素材を使い高級弁当を作る織田チームと現状維持チームで競争することに。しかし織田チームの弁当はほとんど売れずチーム内からも反発される。
 織田は県の重要プロジェクトからも外され、さらに社長令嬢との婚約も破棄される。そんな傷心の織田は柴咲に誘われデパ地下に。ここでデータでは分からない客の心理に気づき、次々と満天堂の経営を改善……やがて県庁に戻った織田は自ら生活福祉課に異動し、出世より県民の生活を重視した提案をするように。倒産寸前だった満点堂も織田と柴咲のおかけで窮地を乗り切るという話。
 エリート男と庶民女の組み合わせ。世間知らずのエリートが人間味を取り戻すという王道かつお約束のラブコメ物語だが必ずしも陳腐にならないのが織田と柴咲のスター性なのか。スーパーのバックヤードの世界に興味を持って観たが掘り下げ不足で少し期待外れ。ロケ地は岡山の天満屋系スーパーらしい。

ちば合同労組ニュース 第119号 2020年06月1日発行より