職場にユニオンをつくって労働条件改善

広報

職場にユニオンをつくって労働条件改善を

この間、介護職場での「死亡事故」「暴行・虐待」などが報道されています。人手不足が労働強化を招き、それが離職の拡大につながる悪循環に陥っています。介護職場の労働条件が大幅に改善されない限り、この状況は変化しないと思います。

私たちは、千葉県内の介護職場に労働組合をつくって「一生、安心して働ける労働条件」「十分な要員確保」などを要求していきたいと考えています。
2000年の介護保険制度によって介護事業が営利の対象となり多くの民間企業が介護事業に参入しました。市場原理が最優先となり、各施設は生き残りをかけて利益を追求することになり、職員は減らされ、安全対策が放置されています。賃金も上がらない状況が続いています。
介護労働者はみな利用者の安全と尊厳を守るために必死に働いています。しかし、職場環境の厳しさの中で「自己責任」「自己努力」が強いられています。私たち自身の安全や尊厳も脅かされています。

p0067_01_01a10年後、首都圏の後期高齢者が175万人増加し、介護労働者が大幅に足りなくなることが予想されています。ところが介護労働者の離職率は全産業平均と比較して高く、特に新人の定着率が悪い状況です。

離職の理由は〈まともに生活できる賃金をもらえない〉〈仕事がきつい〉〈これから先に夢が持てない〉などです。若い人が誇りをもって一生働けるような職場をつくるのが私たちの夢です。
これはあらゆる職場の問題だと思います。働いていれば誰もが感じる当たり前の要求を大切にしていきたいと思います。

ちば合同労組ニュース 第67号(2016年2月1日発行)より