2014年は郵政職場を変える年へ!

2014年1月

 郵政で働く労働者のみなさん。元旦からの年賀のお仕事ご苦労様です。

社会を動かしているのは私たち労働者です。年賀ハガキも郵政労働者の一人ひとりの労働者の力によって担われています。郵政労働者が正月を返上して、一軒一軒の新年の挨拶を送っているように、私たちの労働こそ、社会をつくっています。
郵政は本当に許せません。郵政資本は、労働者を大量に雇い、大量に辞めさせるという典型的な「ブラック企業」になっています。年賀ハガキの営業を労働者に押し付け、自爆営業させ利益をあげさせています。さらに、要員不足による超勤の常態化。それが、誤配や交通事故を招いています。
安倍政権は、労働規制の緩和、派遣法の改悪を行い、非正規労働の拡大、労働者を誰でも解雇できるような法律をつくろうとしています。

この年末年始、海の向こう側・韓国では、鉄道労働者が、鉄道民営化に反対し、人間らしく生きるために感動的なストライキに立ちあがっています。
ちば合同労組は千葉県下で働く労働者でつくる労働組合です。いま私たちの組合員も雇い止めやパワハラに対して争議を闘っています。郵政職場にも労働者の団結をつくろうとビラまきをおこなっています。ぜひ、一緒に団結し郵政職場を変えませんか。労働問題は、一人で悩まず、ぜひご相談ください。