連載・介護労働の現場から〈32〉真打ち登場

連載・介護労働の現場から 〈32〉

いじめの真打ち登場

百瀬さんの顏は蒼白で、その側で二ヤけてる染谷さん。マンガの世界だ。三田村さんと私で百瀬さんを支え、休憩室に連れて行った。
上司を呼ぶべきだと思った。課長は不在だ。村松係長を呼んだ。ちらっと見て「もう、早退したら」と言っただけだった。
三田村さんに「三人で早退しようよ」と提案し、ナースステーションにいた看護師にその旨を伝え、三人で施設を出て、ホテルのカフェに行った。
百瀬さんは少し経つと、生気を取り戻し、堰を切ったようにしゃべり続けた。早退したのが3時で、職場の退社時間の5時を過ぎ、8時くらいまでホテルにいた。
パワハラ? 同じパートの身分だからパワハラではないか。それにしても、職場の壮絶ないじめは、この年になって初めての体験だ。力石どころではない。女のいじめというのはこんなものなのか。
私は次の日、私のプリセプター(新人教育係)と課長に言って、百瀬さんと染谷さんとが一緒にならないようにシフト変更してくれと要求した。
課長は、リーダーシップがあるタイプではないが、百瀬さんのシフトを一部変えてくれた。プリセプターの丸山くんは、前の施設の管理者と同じ体育系大学卒、新卒入社で3年間の現場研修中。2週間に一度、プリセプターとの面談があって、悩みや課題、目標などを話し合う。
「現場の新人教育、おかしいと思わない?」と私が言うと、丸山くんは「僕もそうでした。わけのわからないことでいじわるされるんですよね。介護の世界というのは特殊なんですよね」。
ふん、あんたは3年限りの医療福祉コングロマリットの幹部候補生の身。パートの新人と形式的なプリセプターごっこやってればいいけど、百瀬さんは生活がかかった母子家庭。
n0066_03_01a 「特殊じゃないでしょ。普遍的な人権侵害。上のどこかに報告して、どうにかしてよ」
わからないだろうな、体育会系。
「どうやってするんですか? いじめの細々したことをどうやって? イヤですよ」
やっぱり、役立たず。
百瀬さんは、それでもがんばって仕事を続けた。染谷さん以外のパートは現場でできるだけ百瀬さんをサポートした。でも、1か月を過ぎたころ、突然休むことが多くなった。「起きられない。バスに乗っても途中下車してしまう」とメールがきた。
百瀬さんの代わりに私が染谷さんと同じシフトになることが多かったが、無理難題は丸山くんや課長に助けを求めたりして、どうにかかわした。
しかし、染谷さんには社員の古株、関口さんという仲間がいたのだ。私に対するいじめの加害者は関口さんに移行し、染谷さんはその尻馬に乗るだけ。この構図もアホくさい。(あらかん)
ちば合同労組ニュース 第66号(2016年1月1日発行)より

映画紹介『パレードへようこそ』

映画紹介『パレードへようこそ』

n0066_03_02a

実話に基づく英国映画。1984年、サッチャー政権の炭坑閉鎖に反対し1年に及ぶストライキ。労働者が団結して立ち上がる姿をテレビで知ったゲイのマーク。マイノリティである自分たちと同じだと仲間を集めてLGSM(炭鉱夫を支援するレズ&ゲイの会)を設立し、募金運動を始めます。
しかし炭鉱労組はレズ&ゲイと聞いただけで拒否反応。そんな中、ウェールズの小さな炭坑町オンルウィンに直接カンパを持っていくにことに。苦境の中、助け合って闘いを継続する人びと。いきなりやってきた都会(ロンドン)のゲイ&レズビアンにとまどい、冷たい反応。しかしLGSMは拒否されても諦めない。次第に心を通わせ、絆を深めていく……
炭鉱ストを題材にした映画を探していて見つけた映画です。最初、炭坑とゲイの組み合わせは、奇をてらった感じなのかなと思ったのですが、最初の数分で連帯と団結の素晴らしさを予感させる展開に。
「社会なんてものはない。個人としての男がいて、個人としての女がいて、家族がある。ただそれだけだ」。これはサッチャーの新自由主義を象徴する有名な言葉だ。サッチャー時代の英国は、あらゆる社会的な連帯や紐帯を断ち切り、すべてを自己責任と自己努力に叩き込んだ。ここを打ち破らなければ私たちの生きる現代世界は変わらない。
この映画は、人びとの感情や葛藤を込めながらも説教じみず明るく描いている。大切なのは仲間と手をつなぐこと! 連帯と団結!
ちば合同労組ニュース 第66号(2016年1月1日発行)より

労働法大改悪をどう見るか?闘う素晴らしさ復権で

安倍政権の労働大改悪をどう見るか?
団結して闘う素晴らしさ復権させたい

n0066_04_01a 安倍政権は16年通常国会で「残業代ゼロ法」「解雇の金銭解決制度」を狙っています。
15年9月には改悪派遣法が成立・施行されました。
これまで派遣労働は、原則として臨時的・一時的業務に限定され、正社員から派遣への置き換えができないよう受け入れ期間は原則1年、最大3年となっていました。
今回、この原則が取っ払われました。1985年の法制定以来の抜本的改悪であり派遣の全面解禁です。派遣先企業は3年で人を入れ替えれば永久に派遣を使い続けることが可能となり、派遣労働者は3年ごとに解雇される。
これは間違いなく社会の様相を一変させます。3年後に何が起きるのか?
隣の韓国では07年に「非正規雇用者保護法」が制定されました。2年を超えて労働者を雇用した場合、無期契約とみなし、2年を超えて派遣労働者を使用した場合は、直接雇用を義務付けました。それとしては画期的な法律です。
しかし2年以内の「雇止め」には制限がまったくありませんでした。こうして韓国社会では施行から丸2年を前にして適用逃れのための大量解雇が発生したのです。
先月号の組合ニュースで紹介した韓国映画『明日へ』はこの時の解雇と闘いが題材です。韓国の巨大流通グループ(イーランド)経営陣は、法律施行2年を前にして、適用を逃れるため非正規労働者を大量解雇(約500人)し、業務外注化を強行しました。
韓国で非正規(派遣)労働者の大量解雇の嵐が吹き荒れたのです。

転換点の95年

日本では1995年に財界(日経連)が「新時代の『日本的経営』――挑戦すべき方向とその具体策」を発表しました。この報告で日経連は「雇用ポートフォリオ(組み合わせ)」という考え方を提示し、終身雇用と年功賃金制度を否定し、労働者の本格的な選別方針を打ち出したのです。
報告は、労働者を①長期蓄積能力活用型、②高度専門能力活用型、③雇用柔軟型の3つに分け、経営のコストパフォーマンスに配慮して、これらの雇用形態を組み合わせた人事戦略を展開することを雇用の基本戦略として示したのです。
従来型の雇用形態は①のみ。その対象は全労働者の1割だけ、残り9割は非正規化・外注化して、必要に応じてその都度、導入するというもの。
これがその後の派遣・非正規拡大の転換点となったことは明白です。派遣の規制緩和が一挙に進行し、日本全国のオフィスや工場で契約社員や派遣などの複雑な雇用形態が入り乱れ、外注化や分社化で違う会社の労働者が一緒に働くようになりました。
また年金支給年齢の繰り上げとセットで定年延長や再雇用が制度化され、50歳代の大幅賃下げや非正規化も当たり前のようになりました。
こうして製造現場だけでなく自治体や郵便局、NTT……あらゆる職場で非正規や外注化が普通になりました。
今回の安倍政権の労働法の大転換は派遣の全面解禁にとどまりません。2000年代の小泉政権「聖域なき構造改革」を大きく超える事態が目の前に迫っているのです。

争議の個別化

残業代ゼロ法は、労働基準法における労働時間規制の適用除外です。
8時間労働制は、労働者の健康を保障するために、休日を除き、労働者に1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させることを禁じる制度です。産業革命以来、世界中の労働者が血を流して闘い取った権利です。これを適用除外にするのです。
解雇の金銭解決制度は、裁判で「解雇は無効」の判決が出ても金銭を払えば復職させなくてもよく「解雇自由」と指摘されます。それはその通りであると同時に労働運動の心臓を打ち破るような致命傷を与える攻撃として、私は強い危機感を持っています。
この間、ADR(裁判外紛争解決手続き)や労働審判制度など、労働事件を個別化させる「紛争解決システム」が制度化されてきました。金銭解決制度は、この個別化された労働争議をさらに金銭化していくものではないのか。
ひとことで言えば新自由主義です。労働者を個々の経済主体としてバラバラにして、企業と労働者を(制度で調整して)対等な経済・法律主体であるかのように扱って、最終的に金銭でのみ評価して争議を取り扱う考え方です。
現実問題として労働者の団結が破壊され、こうした個別紛争システムを必要とする労働者がいるのも事実ですが、俯瞰的・全体的にとらえれば、労働組合のもとで労働者が団結して闘う、職場にこだわって闘うことの全面的な否定・破壊を意図した攻撃です。
安保・戦争、雇用・労働、医療・福祉……社会全般で大変な状況が迫っています。こうした状況と切り結び労働者が団結して闘うことに展望があることを示すのが労働組合の任務です。2016年、大いに闘おう!(S)
ちば合同労組ニュース 第66号(2016年1月1日発行)より

マイナンバー「誤配」 労働者の責任にするな!

マイナンバー「誤配」 労働者の責任にするな!

2015年12月

 郵政で働くみなさん。連日の勤務、ご苦労様です。私たちは、千葉県下で働く労働者でつくる労働組合・ちば合同労組です。
連日マイナンバー「誤配」や「遅延」の報道がなされています。郵政労働者が懸命に配達してるのに、郵政労働者が「仕事が遅い」とか、「怠慢である」かのようにキャンペーンされています。本当に許せません! ちば合同労組にも郵政労働者から怒りの声が寄せられています。

◎一切の責任は、総務省・日本郵政にある

11月18日、千葉管内で「全国で最大の誤配数」と報道されました。郵政の幹部は「誤配がなくなる
ように指導する」などと言っています。
しかし、要員不足のなか、しかも年繁の時期にマイナンバー配達を行わせることが問題なのです。会社はマイナンバー配達だけではなく、ただちに増員を行え! 希望者を全員正社員にせよ!
「誤配」報道は、マイナンバー制度そのもののの破綻を責任を現場におしつける悪辣なキャンペーンです。国家による管理統制のための制度そのものを廃止しよう!

職場分会づくりを先頭に!

職場分会づくりを先頭に!

年末の労働相談チラシ配りにご参加を

組合員のみなさま。ちば合同労働組合は10月の定期大会で新たな執行体制を確立し、新しい闘いのスタートを切りました。
労働相談ビラについてもリニューアルして駅頭宣伝などを再開しました。毎月の行事に労働相談の要素を持たせる取り組みを進めます。

p0065_01_01b また各組合員の職場において分会をつくる取り組みも白熱化しています。職場に団結をつくることを基本に地域に闘いの輪を広げたいと思っています。
重点産別、重点地域を定めて、そこに合同労組のバックアップ体制をつくり、拠点をつくっていく、ここに「ちば合同労組」の飛躍のカギがあります。

師走を迎え何かと忙しい時期ですが、組合の組織拡大に向かってがんばっていきたいと思います。
恒例の忘年会も企画しています。多くの組合員、共に闘う仲間のみなさんのご参加をお願いします。
(執行委員長)

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

労働学校へ 参加を

労働学校へご参加を

基礎編 労働者の生き方――階級的団結論

日時 12月19日(土)/1月16日(土)13時~

講師 片峯潤一(国鉄闘争全国運動事務局)

今回は若手講師です。動労千葉の1047名解雇撤回闘争や外注化反対闘争の経験を土台に、労働者・労働組合の団結について考えます。
「労働者の闘争の本当の成果は、直接の成功にあるのではなく、労働者の団結がますます広がっていくことにある」と書かれたマルクス・エンゲルスの『共産党宣言』を題材にします。

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

全国労働者集会に5700人

日比谷野音 全国労働者集会に5700人

p0065_01_01a 闘う労働組合運動の復権を目指して毎年11月に東京・日比谷野外音楽堂で開催されている全国労働者総決起集会。
今年は11月1日に開催され、呼びかけ組合の動労千葉と共に「ちば合同労組」も組合として参加しました。全国から5700人が集まりました。
韓国やトルコなど世界各国の代表団も参加し、新自由主義と戦争に反対する国際的な集会となりました。
JRや郵政、学校などの職場、合同労組の闘いなど全国各地の闘いの報告と決意が行われ、ちば合同労組も新たな決意を感じた集会となりました。(R)

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

連載・介護労働の現場から〈31〉 お局様

連載・介護労働の現場から 〈31〉

お局様

メモ帳は、湯沸かし室の吊戸棚に置いておいた。ポケットに入れてチラチラ見ていると注意されるからだ。誰に聞いても「知らない」という。お手上げだ。一週間分の仕事のデータがパァーだ。
しかたないので先輩パートの三田村さんに小声で聞きながら仕事をする。

職員が大人数だと身分制がある。課長、その下に看護主任の係長と介護主任の村松係長の二人がいて、あとは看護師の常勤、パート(一人だけ)、介護職は常勤11名、パート7名。それぞれ経験の長い人がいばっている。
誰が古いかは、シフト表を見ればわかる。私と百瀬さんは、シフト表が一番下。そして、やさしく声を掛けてくれたり、親切に教えてくれるのは、パートの介護職。
だから三田村さんと一緒のシフトになるとすごくうれしい。
三田村さんが「あらかんさんのメモはどこかのゴミ箱にあると思うよ」と耳打ちしてくれた。備品室、洗濯場、浴室…と仕事がてらゴミ箱をみてみると、汚物室(排泄物で汚れた衣類や下着を洗う部屋)にあった。

誰かがわざとやったのだ。
三田村さんが「染谷さんだよ」と教えてくれる。また、染谷さんか。染谷さんはパートの一番古株で、昔のメロドラマの典型的ないじめ役、お局タイプで、吊り上った目つきに引きつった表情、そのステレオタイプぶりはいまどき貴重だ。そして、いじめられて陰で泣くのが百瀬さんで、「アハハ…」と笑うのが私。
3歳年上の私に「まぁ、この子は口答えばかりする」
「そんなこというのは十年早い」
朝の全員ミーティングで空いた椅子に腰掛けると「いちばん新米だから後ろに立つんだよ」
休憩時間になって休憩室に行こうとすると「いちばん後で行くんだよ」

言いつける仕事も無理難題。やってる仕事の途中で違う場所での仕事をやれと命令する。「どちらを先にやればいいんですか?」というと、「両方同時にやれないの?」
p0065_03_01a 勤務終了時間10分前になって、片道15分はかかる病院に入居者を迎えに行けという。「走れば5分でいけるわよ」
PHSコールで居室に駆けつけると、すでに染谷さんがいる。入居者じゃなく染谷さんが鳴らしたのだ。「用もないのに来るんじゃないよ」
三田村さんも最初の頃は、染谷さんにやられていたそうだ。今は私と百瀬さんがターゲット。それに対して、課長以下誰も染谷さんに注意しない。染谷さんは身体介護はまったくしないで、まるで役割は新人いじめみたいだ。

ある日、染谷さんが「この子、おかしくなっちまったよ」というのが聞こえた。駆けつけると、百瀬さんがぶるぶると震えたまま、フリーズしていた。(あらかん)

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

タクシー労働者がスト

群馬合同労組 タクシー労働者がスト

p0065_03_01b

群馬合同労組の中央タクシー分会のストライキ支援のため組合員2人で群馬県藤岡市まで行ってきました。ストを行ったのは中央タクシー株式会社(従業員225人)群馬営業所の3人の労働者。成田・羽田空港への乗合送迎が仕事です。

「毎日17~18時間の長時間労働に意見を言えば仕事を外される。タコグラフや書類の改ざんと違法のやりたい放題。このままでは必ず事故が起きる。10月26日に長野本社で業務運転中に脳出血で倒れて激突、その日のうちに亡くなりました。それがくやしくてやむにやまれない気持ちのストです」
「事故でお客様や運転手が死んで業務が止まる前に今日のストで事故を止める。労働者とお客様を守るスト。組合に入って一緒に闘おう」――組合員がマイクを持って訴えました。
「スト決行中」の横断幕を持って藤岡市役所までデモ。「会社は労働基準法を守れ! 過労死を許すな!」

中央タクシーはテレビ番組で「親切なタクシー会社」「奇跡の収益率」と宣伝されているそうですが、実態は拘束時間が月320時間を超え、タイムカードも設置せず、13年からは時間外手当も払わなくなったそうです。10人程度の群馬営業所でも1年間で半数が職場を去ったとのこと。
ストライキを闘った3人の労働者の姿は、誇りと怒りに満ちて『下町ロケット』の登場人物のような格好良さでした。

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

年末繁忙と闘う郵政労働者と団結を

年末繁忙と闘う郵政労働者と団結を

マイナンバー・お歳暮・年賀

非正規の最先端

p0065_04_01a

p0065_04_01b 「非正規率が4割へ」。厚生労働省発表(11月4日)はセンセーショナルに報道されました。〈年収200万円〉も当たり前のように報じられています。
日本郵政の社員約43万人のうち期間雇用社員(非正規)は約20万人。非正規率が高い郵便事業では6割を超える。
平均年収は606万円に対し、非正規は227万円。手当もない。同じ仕事で大きな格差だ。

しかしトラブル対応などの責任の重さは変わらない。
これを「是正」するかのように導入した「新・一般職」の本格採用が始まったが、予想以上に反応が悪い。日本郵政は、文字通り「非正規化」のトップを走っている。

マイナンバー

新聞テレビでは、連日マイナンバー「誤配」が報道されている。「千葉管内は『全国最大の誤配数』」と言われているようだ。郵政労働者は配達先や道ばたで抗議やクレームを言われる。
そもそも「通知カード」の印刷が遅延して郵便局にまともに届かない。計画そのものが破綻している。
p0065_04_01c なのに「なんとしても11月中に配達せよ」という高市早苗・総務大臣。まさに「大本営発表」です。命令のみで現場に丸投げ。
12月、マイナンバー配達だけではなく、お歳暮や年賀の配達で郵政現場は多忙を極めています。

労働者の存在

この超多忙の中でも、現場をまわしているのは労働者。マイナンバー配達は約5500万通。戦後最大の書留数。誤配は確率にすれば0・001%以下。
欠区もある中、人員不足でわずかの「誤配」にとどめているのは郵政労働者の超人的な努力によるもの。非正規率が増大しても、現場でまわしているのは労働者。現場を混乱させているのは郵政当局であり総務省だ。
労働者が団結し、誇りを取り戻すのは今だと感じます。
(組合員K)

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

1 21 22 23 24 25 37