広報

11・1日比谷野音集会 2050人

今こそ闘う労働組合の全国ネットワークを 11・1日比谷野音集会に2050人  東京・日比谷野外音楽堂で11月1日、動労千葉や関西生コン労組、港合同などの呼びかけで全国労働者総決起集会が開催され、全国から2050人が集まりました。「闘う労働組合のネットワークを」との呼びかけで始まった集会は今年で23回目を迎えました。  コロナに便乗した解雇と賃下げの攻撃が労働者を襲っています。社会には「も...
その他

実践的に考える職場と労働法 ハラスメント

実践的に考える職場と労働法 ハラスメントの多くは職場環境の問題から発生 4月に施行されたパワハラ防止法  労働局の労働相談コーナーでは、職場のいじめ・嫌がらせの相談が増加傾向にある。全国で毎日240人がいじめで労働局に相談に来る。しかし、それでも相談に来る人は被害者のわずか2・2%、氷山の一角なのだ。  厚生労働省の「2016年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査」では、過去3年間に...
制度・政策

20条裁判 非正規雇用撤廃に向けてあらゆる闘いを

20条裁判 非正規雇用撤廃に向けてあらゆる闘い模索しよう  10月、労働契約法20条をめぐり3つの最高裁判決が出た。少し私見を述べたい。  そもそも労契法20条は、90年代後半から00年代半ばにかけて非正規労働者の増加が社会問題化し、小泉政権を経て08年のリーマンショック後の不況で非正規の解雇(雇い止め)が相次ぎ、年末の年越し派遣村などがインパクトとなり法制化の動きが出た。  折しも自民党政...
広報

映画紹介『カンパニー・メン』

映画紹介『カンパニー・メン』  2008年のリーマンショック後に制作された映画。  ボストンに本社を構える総合企業GTX社は、株価を維持するため赤字の造船部門と鉄道部門を統合する大リストラ計画を断行する。解雇リストには販売部長の30代後半のエリート社員ボビー(ベン・アフレック)の名前も。突然の解雇で段ボールを抱えて途方に暮れるボビー。すぐ再就職できると意気込むが現実は厳しく自分を必要とする会社...
広報

全国統一コンビニ要請行動に参加

全国統一のコンビニ要請行動に参加 オーナー&労働者の組織化を    ちば合同労組は11月17日、コンビニ関連ユニオンとともに大手コンビニ8社に対する要請行動を行なった。  コンビニ本社は東京に集中しているが、千葉にはミニストップ本社が海浜幕張に社屋を構えている。イオンのお膝元とも言える幕張で要請行動を行った(写真)。11月末に回答を求めている。  コンビニの闘いは、労働運動の世界に新しい...
その他

労働学校へご参加を テーマ/日本労働運動史

労働学校へご参加を テーマ 日本労働運動史 日時 11月21日(土)13時~ 講師 井町哲生(労働運動研究家)  ちば合同労組は組合として集団受講しています。日本での新自由主義政策の出発点となった国鉄分割・民営化に抗し、30年以上闘い続けている国鉄1047名解雇撤回闘争を柱とする国鉄闘争について学びます。  ちば合同労組ニュース 第123号 2020年10月1日発行より
広報

年末コロナ倒産・失業情勢と闘おう

年末コロナ倒産・失業情勢と闘おう  東京商工リサーチの調査によると、新型コロナの影響による倒産件数が9月に入り、発生直後に最悪だった今年6月に迫る勢いで再び増勢に転じているそうです。政府の支援策で息をつないだ企業が力尽きた状況と思われると分析されています。  現状としては、政府の支援策などにより懸念された規模の倒産数にはなっていないようです。しかし、負債1億円未満、従業員5人未満の零細企業の廃...
制度・政策

医療を社会保障として取り戻そう スト報告&これからの展望

医療を社会保障として取り戻そう ストライキ報告&これからの展望をみんなでつくる 10・10ふなばし集会 180人が参加  7月10日、コロナ禍で奮闘する医療従事者への犠牲の押しつけ、ボーナスカットに反対して船橋二和病院労働組合の看護師、医師たちがストライキに立ち上がりました。テレビや新聞でも大きく報道され、日本だけでなく世界から激励の声が寄せられました。  10月10日には船橋勤労市民セン...
制度・政策

団体交渉の歴史と意義、その機能

実践的に考える職場と労働法  団体交渉の歴史と意義、その機能 個人加入型の地域合同労組にも団体交渉権がある  団体交渉は様々な意義や機能がありますが、もともとは「労働力の集団的取引」という形で始まりました。個々の労働者の労働条件について使用者と個々で取引するのではなくて、多数の労働者が団結して代表者を選出し、その代表者を通じて集合的に取り引きを行うというものです。  こうした集合的・統一的...
制度・政策

「労契法20条裁判」―非正規雇用撤廃

「労契法20条裁判」―非正規雇用撤廃! 司法を超える労働運動を  10月13と15日。労働運動に重大な影響を及ぼすと言われた三つの最高裁判決が下りた。①賞与の格差を問題にした大阪医大、②退職金の格差を問題にした東京メトロコマース、③扶養手当などの諸手当の待遇格差を争った郵政の三つの裁判。  あまりにひどい格差の中で、これらの裁判は、非正規の決起・結集軸の一つとして闘われてきた。労働契約法20...
広報

映画紹介 『ピザ!』

映画紹介『ピザ!』  南インドの都市チェンナイのスラム街に暮らす兄弟。父は刑務所、母も定職がなくその日暮らし。兄弟は貨物列車からこぼれ落ちた石炭を拾うのが日課。食事も事欠き、子どもたちが遊ぶ空き地のカラスの巣から卵を時々失敬している。その空き地がつぶされて街に初めてのピザ店ができる。食べたことないピザに釘付けとなる兄弟。しかし、それは家族の1月の生活費よりも高いのだ。  兄弟は憧れのピザを食べ...
広報

雇い止めに公開質問状 秋山市長のゼロ回答に怒り

不当雇い止めに対し公開質問状 秋山市長のゼロ回答に怒り!  全国初とも言われる柏市の会計年度任用職員(環境部南部クリーンセンター)の9月末の雇い止めについて、ちば合同労組と内田博紀市議が連名で秋山浩保柏市長に提出した公開質問状の回答が10月12日付で送られてきました。  内容は従前の市の説明を繰り返すもので「民間委託を理由にして雇い止めにしたこと」「全国で異例の6か月任用にしていること」...
広報

10・10ふなばし集会 病院労組のスト報告を聞こう

 千葉合同労組ニュース123号.PDF  10・10ふなばし集会 船橋二和病院労組のストライキ報告を聞こう ちば合同労組定期大会を成功させ 労働組合の再生をめざす 11・1労働者集会に結集を  安倍首相が退陣し、菅政権がスタートしました。  安倍政権の7年8か月は、安保法の制定や武器輸出3原則の解禁、「働き方改革」と称する労働基本権の解体、年金改悪など社会保障の破壊、NHKなどマスコミの...
広報

労働学校へご参加を/韓国民主労総の歴史と闘い

労働学校へご参加を テーマ 韓国民主労総の歴史と闘い 日時 10月17日(土)13時~ 講師 金元重(元千葉商科大学教授)  ちば合同労組は組合として集団受講しています。世界も最も労働運動が活発な韓国において民主労総はパク政権を倒したろうそく革命を通して百万人組織となりました。なぜ拡大したのかについて考えます。  ちば合同労組ニュース 第123号 2020年10月1日発行より
制度・政策

労働組合の結成、組織と運用

実践的に考える職場と労働法  労働組合の結成、組織と運用 直ちに地域合同労組に加入すればユシ協定に基づく解雇はできない ユニオンショップ  労働組合の組織拡大の手段として、組合員であることを雇用の条件とすることで組合加入を強制する協約上の制度をユニオンショップと呼びます。日本では、労働協約を有する労働組合の過半数がユニオンショップ協定(ユシ協定)を結んでいます。大企業になるほどその割合はよ...
広報

TDL・成田空港など県内でも解雇激増

TDL・成田空港など県内でも解雇激増 菅政権 コロナ解雇に反撃を  9月に入りコロナ関連の解雇や雇い止めが激増している。コロナ関連の解雇者は6万人を超え、1月約1万人増のペースだ。製造業を中心に宿泊業・飲食業・小売業などの非正規雇用の労働者を直撃している。  解雇はコロナによる「仕方ない」ものではない。菅首相と関係の深い経済専門家デービッド・アトキンソンはテレビ番組で「日本のために中小企...