京成バスで2・6ストを貫徹/組合ニュースNo.104

広報

京成バスで2・6ストを貫徹

 2月6日早朝より京成バス運転手である組合員がストライキに突入。京成八幡駅直近の京成本社への抗議行動を行いました(写真)。当該組合員を先頭に、組合員・支援20人以上が行動に参加。都内に出勤する労働者や学生の注目を集めました。
 ストには圧倒的な関心と応援が集まり、数日で約4千枚のチラシが配布され、ネットでも大拡散しました。千葉駅周辺のバス停には「全便通常運転を行っています」の張り紙も。当該組合員は妨害や嫌がらせを打ち破って胸を張って闘い抜きました。たった一人のストでしたが京成バスという大企業が大きく揺さぶられたのです。
 今後、団体交渉や抗議行動、裁判等を構えます。解雇撤回へ共に闘おう。

労働学校へご参加を

 テーマ 階級的労働運動について
 日時 3月23日(土)13時~ 【16日から変更】
 講師 動労水戸 ※動労水戸の職場生産点の闘いを通してつくり上げた階級的労働運動の教訓。日程変更にご注意を!

ちば合同労組ニュース 第104号 2019年03月1日発行より