千葉駅関連ユニオン

コロナを理由に勤務日数や勤務時間が減らされ賃下げされていませんか。サービス残業をさせられていませんか。上司や同僚のハラスメント・いじめで苦しんでいませんか。 
 千葉駅関連ユニオンは、テナント・物流・警備・設備・清掃など、千葉駅や駅ビル、駅周辺で働く人は誰でも入ることができるユニオン(労働組合)です。みなさんのご参加を心から呼びかけます。

 千葉駅関連ユニオンは、千葉駅や駅周辺で働く人であれば誰でも加入できます。職種や雇用形態に関係なく加入できます。近い場所で働く者が団結して労働組合をつくれば、様々な問題を解決して、働く状況を変えることができます。労働相談や加入のお問い合わせは、お気軽に上記の電話&メールにご連絡ください。

●労働相談 電話 0432252207(午前10時~午後8時)

      メール chibaekiunion@gmail.com

 

千葉駅ユニオンニュース⑤より

賃上げを! 時給アップを!
会社の違いをこえて一緒に声を上げよう

 物価高騰が相次ぎ、値上げラッシュはますます続きます。食料品の値上げは買い物に行くたび驚くばかり。電気代も昨年同月と比べて格段と上がりました。これだけ物価が上がっているのに賃金が上がらなければ、事実上の「賃下げ」です。
 みなさん。日々働いて、どれだけの賃金を得ていますか。

 私の昨年1年間の支給総額は200万円をぎりぎり超える程度、天引き後の実収入は160万円あまりでした。夏・冬・年度末のボーナスなども加えた額です。月約6000円の「特別手当」が昨年打ち切られたため今年はもっと減り、月収は12~13万円です。
 私はペリエ千葉の清掃作業を行う「JR東日本環境アクセス」で働くパート社員です。「パート」とは名ばかり、1日9時間拘束(7時間30分労働)、月に150~160時間。フル
タイムで働いていてもこれほど賃金が低くては、生活は成り立ちません。
組合に入って賃上げ要求・団体交渉をしませんか?

千葉駅ユニオン・ニュース⑤

千葉駅ユニオン・ニュース④より

組合つくってよかった
年休取得・休日希望について会社に認めさせました

 千葉駅関連ユニオンはこのたび、ささやかですが確実な一歩を踏み出すことができました。

千葉駅ビル(ペリエ千葉)の清掃業務を行っている「JR東日本環境アクセス」に対して、年休申請や休日希望に関する要求を認めさせることができたのです。
 会社が認めたのは、以下の内容です。

◎労働者が取得を申請した年次有給休暇について、会社は最大限の努力をして付与する。年休取得を申請する際、その理由は書かなくていい。
◎年休以外の休日も申し込むことができる。
◎年次有給休暇の付与期日から1年の間に5日以上の年休を使用していない労働者に対しては、本人の意見を尊重したうえで、時季を指定して使用させる。年休を5日以上取得している労働者の年休取得は本人の申請による。

 いずれも、働く者にとって当たり前のことです。しかしこの半年余、環境アクセスの労働者は
こんな当たり前のことすら踏みにじられてきました。
 1日9時間拘束のシフト制で、出勤時間は朝9時から1時間ごとに13時まで日によって違い
があり、一番遅い勤務の日は夜22時に退勤となります。それに加えて曜日固定の休日もないの
に年休申請も休日希望も認められなければ、生活が成り立ちません。今回、組合で要求すること
で「年休申請・休日希望」を認めさせることができました。
 団体交渉を行い、労働組合から申入書を提出して本社に回答書を出させ、職場でも要求を突き
つけ、組合としてさまざまな取り組みを行ったことにより実現できたものです。
 ユニオンに入って働きやすい職場をつくろう!

千葉駅ユニオン・ニュース④

 

労働組合で実現!

「翌月の休日の希望を出せる」「年休の取得を申請できる」(団体交渉での確認)

 千葉駅関連ユニオンは8月17日、「JR東日本環境アクセス」と2回目の団体交渉を行いました。環境アクセスは千葉駅ビル・ペリエの清掃業務を行っている会社です。今回の団体交渉では、組合の要求を大きく認めさせることができました。

 会社側が認めたのは、翌月の休日にかかわる以下の内容です。〈年次有給休暇の取得について、日にちを指定して申請できる。年休申請にあたり理由は必要ない〉〈年次有給休暇以外に休日の希望を出すことができる〉

 いずれも、労働者としてあまりに当たり前のことです。にもかかわらず、環境アクセスで働く労働者は今年に入ってから半年余、この当たり前のことを踏みにじられてきました。年次有給休暇の取得日や取得日数は管理者が勝手に決めてきました。労働基準法にも違反する行為です。

 労働組合として声を上げ、団体交渉を行い、会社側の違法不当な行為を問題にしたことにより、労働者の当たり前の権利をようやく認めさせることができました。環境アクセスで働くみなさん。これからは堂々と胸を張って休日希望を出し、年休取得を申請しましょう。

千葉駅ニュース3

 

年休以外の休日の希望を認めないの? 管理者が年休を勝手に入れるのはおかしくない?

ペリエ+plusビルでJR東日本環境アクセスと団体交渉

千葉駅関連ユニオンは7月13日、JR東日本環境アクセスと団体交渉を行いました。場所は千葉駅西口のすぐそば。ペリエ千葉を運営する株式会社千葉ステーションビルの本社ビル「ペリエ+PLUS」の会議室です。

 団体交渉では、シフト制で働いている労働者の切実な要望を会社に突きつけました。〈曜日固定の休日のない不定休で、勤務時間も9時から22時まで日々バラバラのシフト勤務なのに、翌月の休日の希望を出せない〉休暇の取得日や取得日数を管理者が勝手に決めている〉――など多くの問題を浮き彫りにしました。こんな会社だから、JR東日本環境アクセスは離職率が高いのです。
 一人で意見を言っても会社に聞いてもらえないことも、組合なら対等な立場で交渉ができます。私たちはこれからも団体交渉などを積み重ね、働き続けることができる職場をつくるため、要求を必ず実現していきます。

千葉駅ニュース2

希望通り休みがとれる職場にしたい!

JR東日本環境アクセスに要求書を提出

 ①私たちが指定する日に有給休暇を
 ②私たちの休日希望の反映を

 私たちはJR千葉駅ビル(ペリエ千葉)の清掃業務を行う「JR東日本環境アクセス千葉駅ビル事業所」の労働者です。ペリエ全館(本館7階からペリチカ、ストリート1・2、エキナカ3・4階)の清掃を行っています。

 日勤の「巡回班」はシフト制で、早い勤務は9時出勤~18時退勤、遅い勤務は13時出勤~22時退勤、その間1時間ごとのシフトがあります。全シフトに割り振られ日々違うため、生活サイクルは勤務時間に左右されています。
 駅ビルは365日営業しており、曜日固定の休みはありません。月末に出される「勤務指定表」により、翌月の休日や、各日の勤務の時間帯などが初めてわかります。
 そんな中、今年に入って、労働条件がいろいろ変えられました。
勤務日数が「雇用契約書」で合意した日数より減らされました。私たちには一言も説明が
ありませんでした。そのぶん賃金が下がりました。
 翌月の休日希望についても変えられました。①「年次有給休暇」以外の休みの希望日を出すことができなくなり、②「年次有給休暇」を申し込んだ日の中で、どの日を有給休暇とするか、その月に何日間を有給休暇とするか、管理職が勝手に決め始めました。
年次有給休暇(有休)は、労働基準法で定められた労働者の権利です。有休をいつ使うかは労働者が指定するものです。会社が勝手に労働者の権利を踏みにじることは許されません。休日の希望を出すのは当たり前のことです。
 最低限度の労働基準法を守らせるためにも労働組合が必要です。千葉駅・駅周辺の労働者が集まって職場の状況を変えたいと考えています。加入の問い合わせは上記まで。 このたび、千葉駅で働く労働者が集まって労働組合(ユニオン)を立ち上げました。千葉駅や駅ビル、駅周辺で働く人は誰でも入ることができます。みなさんのご加入を心から呼びかけます。

千葉駅ニュース1