京成バス2・6ストライキ(中間報告)

広報

「睡眠不足」「人手不足」――路線バス運転手の過酷な労働環境
嘱託社員の正社員化と不当な雇い止めの撤回を求めストライキ

――京成バス2・6ストライキ(中間報告)――

睡眠不足」「人手不足」――路線バス運転手の過酷な労働環境

嘱託社員の正社員化と不当な雇い止めの撤回を求めストライキ

――京成バス2・6ストライキ(中間報告)――

2019年2月6日 
ちば合同労働組合 

(1)やむにやまれぬストライキに全国から応援の声

 ちば合同労組は、本日午前5時から京成バスにおいて指名ストライキを行いました。今回のストライキの直接の目的は、すべての嘱託社員を正社員にすること、そして不当な雇い止めを中止することです。
 今回、何よりも訴えたいことがあります。それは全国のバス運転手、バス関連労働者の過酷な労働実態を改善することです。1週間ほど前に今回のストライキを告知して以降、全国からものすごい数の応援の声が寄せられました。少し紹介します。

・ 運転士さんの待遇は、バスの利用者が安全にバスを利用できる条件です。
・ バスを安定して存続させるためにも労働環境の改善は急務
・ 一種免許に加えて大型二種免許とっているすごい人たちなのに運転士の給料が低いから、人手不足になるんだよ、もっと給料あげなさい。
・ 以前から、路線、観光、長距離いずれのバスドライバーさんの労働に対しての賃金の低さ、拘束時間の長さは酷いものだと思っていました。特に規制緩和後からは更に。
・ 大勢の人の命を預かる仕事ですし、運転士さんが体調管理や休息をしっかりとれて、安全に運行して貰える環境作りが一番だと思います
・ 運転士さんの顔見てみなよ、疲れ切っているじゃないですか