映画紹介 「波止場」

映画紹介 「波止場」

マーロン・ブランド主演、エリア・カザン監督の映画。

516izSSkXQL 監督のエリア・カザンは、『欲望という名の電車』『エデンの東』『波止場』などの名作を排出した巨匠だが、1950年代初頭に米国で吹き荒れた「赤狩り」時代に、自らの嫌疑を否定するために、友人の映画監督や劇作家、俳優ら11人を売り渡した人物。仲間を売った裏切り者の自己弁護で制作されたのが『波止場』だとも言われる。
ニューヨークの波止場が舞台。港湾当局と港湾労働組合の協約により組合の斡旋で1千人以上の沖仲仕(港湾労働者)は仕事を得る。毎朝、波止場に集まった労働者を、その日の荷役に応じて日雇いで仕事を斡旋していく。港湾労働者たちは毎日、異なる船会社の異なる荷物を積み降ろすのだ。
この港湾労組をマフィアが牛耳り、仕事の斡旋を仕切っているので、誰も逆らえないのだ。
マフィア支配を告発しようとした労働者ジョーイは前日に謎の死を遂げる。マーロン・ブランド演じるテリーは元ボクサーのチンピラなのだが、兄貴がボスの側近で待遇は良い。幹部になる道もありそうな感じ。しかし、殺されたジョーイの妹や神父との交流、兄の死などを経て、悪い仲間とつきあっていてもホントは純真な若者であるテリーは、不正を許せずボスに反旗をひるがえす……というストーリー。
エリア・カザンの作品なので取り上げるのはちょっと抵抗ありますが、こういう映画もあります。ちなみに動労千葉と10年以上の交流関係がある全米港湾倉庫労働組合(ILWU)は、この映画の下敷きとなったILA(国際港湾労働者組合)から袂を分かって生まれた労働組合。

ちば合同労組ニュース 第68号(2016年3月1日発行)より

映画紹介『キューポラのある街』

映画紹介『キューポラのある街』

p0067_03_02a 荒川鉄橋を渡る電車の窓から〈キューポラ〉という独特の煙突が並ぶ鋳物の街・埼玉県川口市の全景から映画は始まる。吉永小百合主演の『キューポラのある街』。

かなりステレオタイプなストーリーではある。しかしあの時代の現実や理想、機微まで含めて見事に描いた映画だ。現代を同じように1本の映画で表現するのは難しい。
中学3年の主人公ジュンは鋳物職人の長女。明るく前向きで高校進学を目指す。しかし父が工場を解雇され家計は火の車に。高校の入学費用を貯めようとパチンコ屋でアルバイトも始める。職人気質の父親はようやく再就職するも近代化された工場について行けずに仕事を辞めてしまう……
貧困や親子関係、労働組合や民族、友情など様々なエピソードを99分の映画に収める。物語もよく作り込まれているが、貨物列車の通過など、横長の画面に映り込む町並みや人びとの動きなど細かいところが良い。映画館で観たい。

織り込まれたエピソードもいい。父親が解雇される場面。同じ工場で働く隣家の青年が労働組合で労災や退職金を掛け合う。「職人がアカの世話になるわけにはいかない」と拒否する父親。このやりとりも面白い。職人気質の年配労働者と組合の話をする若者。いまの職場では、こういう対比では物語にならないかも。「ダボハゼの子どもはダボハゼ」「中学出たら働くんだぞ」と怒鳴り散らす父親と主人公姉弟との口論。在日朝鮮人姉弟との友情……

主人公の弟が牛乳泥棒を配達少年に見つかり「病気の母ちゃんの薬が買えない」と抗議され神妙になるシーンなど取り上げたいエピソードはありますが、この辺りで。

ちば合同労組ニュース 第67号(2016年2月1日発行)より

映画紹介『パレードへようこそ』

映画紹介『パレードへようこそ』

n0066_03_02a

実話に基づく英国映画。1984年、サッチャー政権の炭坑閉鎖に反対し1年に及ぶストライキ。労働者が団結して立ち上がる姿をテレビで知ったゲイのマーク。マイノリティである自分たちと同じだと仲間を集めてLGSM(炭鉱夫を支援するレズ&ゲイの会)を設立し、募金運動を始めます。
しかし炭鉱労組はレズ&ゲイと聞いただけで拒否反応。そんな中、ウェールズの小さな炭坑町オンルウィンに直接カンパを持っていくにことに。苦境の中、助け合って闘いを継続する人びと。いきなりやってきた都会(ロンドン)のゲイ&レズビアンにとまどい、冷たい反応。しかしLGSMは拒否されても諦めない。次第に心を通わせ、絆を深めていく……
炭鉱ストを題材にした映画を探していて見つけた映画です。最初、炭坑とゲイの組み合わせは、奇をてらった感じなのかなと思ったのですが、最初の数分で連帯と団結の素晴らしさを予感させる展開に。
「社会なんてものはない。個人としての男がいて、個人としての女がいて、家族がある。ただそれだけだ」。これはサッチャーの新自由主義を象徴する有名な言葉だ。サッチャー時代の英国は、あらゆる社会的な連帯や紐帯を断ち切り、すべてを自己責任と自己努力に叩き込んだ。ここを打ち破らなければ私たちの生きる現代世界は変わらない。
この映画は、人びとの感情や葛藤を込めながらも説教じみず明るく描いている。大切なのは仲間と手をつなぐこと! 連帯と団結!
ちば合同労組ニュース 第66号(2016年1月1日発行)より

映画紹介 『明日へ』―イーランド争議描く

映画『明日へ』―イーランド争議描く

p0065_04_01d

生活(いのち)をかけた510日間、突然解雇された女性従業員の感動の物語――韓国映画『明日へ(原題「カート」)』。
韓国の大型スーパー・イーランドで実際にあった労働争議をモデルに、非正規の女性労働者たちの闘いを描く映画です。有名女優なども出演し、韓国で大ヒットしました。まだ見てないので以下は公式サイトの紹介です。

 入社5年目でようやく大手スーパーマーケット「ザ・マート」で正社員への昇格が決まったレジ係ソニ、シングルマザーのヘミ、ベテラン清掃員スルレらは、悪質なクレームや上司のイヤミにもひたすら我慢し、家族のために懸命に働いていた。
そんなある日、現場業務のすべてを外部に委託するという理由で、突如、会社から非正規雇用者全員に一方的な【解雇通達】が下される。準社員の立場から一転、職を失ってしまう運命となった彼女たちだったが、家族のため、そして自分の誇りを守るために、強大な企業権力を相手に解雇撤回を求めるために一致団結し、職場を取り戻そうと奮闘する……

 モデルとなったイーランド争議の組合員は動労千葉と交流もあり身近な関係です。動労千葉は争議現場まで支援に行ったこともあります。残念ながら映画は千葉県の上映は終了し、残るはTOHOシネマズ新宿で12月3日までの上映です。一刻も早いDVD化を切に望みます。(S)

ちば合同労組ニュース 第65号(2015年12月1日発行)より

映画の紹介 『ブラス!』(1996年 英国)

映画紹介 『ブラス!』(1996年 英国)

p0064_03_01b 1990年代半ばの英国、閉鎖騒動に揺れる炭坑の町グリムリー。この町には伝統あるブラスバンド「グリムリー・コリアリー・バンド」がある。炭坑労働者たちのバンドだ。指揮者のダニーは、町に希望を取り戻そうと全英大会での優勝をめざす。しかしメンバーたちは練習に身が入らない。
サッチャー政権の炭坑つぶしに抗して長期にわたるストで闘った炭坑労働者たち。しかし経営との折衝の結果、炭坑存続か退職金をもらって閉鎖かを組合で投票することに。
ダニーの息子フィルは借金で家財道具まで差し押さえられる。妻は子どもたちをつれて実家に。フィルは10年前のストで投獄され、その時できた借金が返済できずにいたのだ。

他のメンバーも生活は危機に瀕し、もはやブラスバンドを維持するカンパにも事欠くようになる。予選大会で準優勝し、町へ戻った彼らを待っていたのが閉鎖決定の結果だった。労働者たちは経営陣に切り崩されたのだ。
路上で崩れ落ちるダニー。長年の炭坑労働は彼の肺を蝕んでいた。メンバーたちは解散を決意し、ダニーの入院する病院の庭で最後の演奏を行う。自分の元を去った息子を思い続ける親の切ない心境を歌った名曲「ダニーボーイ」。キャップライトで楽譜を照らし演奏するシーンは胸に迫る。

紆余曲折を経て決勝では見事優勝。病院を抜け出したダニーが演説する。「この10年間、政府は産業を破壊してきた。産業だけでなく共同体や家庭をも発展の名を借りたまやかしのために」「職だけでなく生きる意志までも奪っている」
実話が元になっている。細部で描かれる労働者の魂と連帯感が沁みる。(S)

ちば合同労組ニュース 第64号(2015年11月1日発行)より

映画『ファクトリーウーマン』

映画『ファクトリーウーマン』

 フォード工場で男女同一賃金を要求した無期限ストの実話

a0132725_19123864

レンタルの無料クーポン券でなにげに見た映画が当たりでした。スカッとした気分になります。労働運動の意欲がわく映画です。お薦めです。1960年代のイギリスを舞台に男女同一賃金制を訴えて闘ったフォード自動車の女性工員たちの実話を映画化したものです。
ストーリーはこんな感じ。1968年、英国ロンドン東部の町ダゲナムにあるフォード自動車の巨大工場。約5千人の男性工員と187人の女性工員が働く。彼女たちはシート縫製を行う熟練ミシン工です。
工場では下着姿でのミシン仕事。たまに用事で男性が目を覆いながら入ってくると女性たちの冷やかしの言葉。いっけん明るく楽しい職場の雰囲気ですが、実は換気が悪くてシャツなど着ていられないほど蒸し暑く、雨が降れば雨漏りというひどい環境での労働なのです。
フォード社はけっして女性を技術労働者として認めません。「女だから」という理由で賃金は半分以下。残業代も払わない。ついに男女同一賃金を求めてストライキ決行となります。しかし会社はまったく取り合わない。なぜなら、これを認めれば世界中のフォード工場の女性労働者の賃金が倍になるからです。
最初はストライキといっても門前でプラカードを掲げただけで、お茶を飲んで時間をつぶし、雨が降れば家に帰っちゃうという感じです。フォード社もすぐにあきらめて職場に復帰するだろうと甘く考えています。
リーダーに選ばれたリタは団体交渉の場で、自分たちに協力してくれると思っていた組合幹部が実はお茶を濁して収束させようとしていることを知ります。会社だけが相手ではないことを肌で感じ、無期限ストを決意するリタ。
ストの長期化で座席シートの生産が滞り他のラインもストップ。最初は応援していた男性労働者の仕事もなくなり自宅待機に。怒りの矛先が彼女たちに向けられていきます。同じ工場で働くリタの夫とも気持ちがすれ違って……というストーリー。
主人公のリタを演じたサリー・ホーキンスが素晴らしい。すごく普通な感じ、というよりむしろ気弱な感じの女性です。夫に遠慮している感じや勇気を振り絞って演説したり、会社に対して啖呵を切る場面など、人間の弱さと強さ、信念と葛藤のせめぎ合いに引き込まれました。映画全体はコミカルな雰囲気なのですが主人公はそういうタイプではないのがまた映画の奥行きを感じさせます。映画の主人公として興味深いキャラクターです。でも、なかなか共感しました。
「組合幹部を信用するな」と最後まで彼女たちを叱咤激励したアルバートという主任のオジサンも良い感じ。
組合幹部から脅されても考えを変えません。「幼い頃、母親が働きに行って、懸命に仕事をしてもわずかな給料しかもらえず苦労してきた姿を見てきた」とリタに語るシーンがあります。
フォードの英国支社長の妻や労働大臣などのキャラクターもまあ悪くない感じです。
この映画、DVD化されていません。ネット上のレンタルか購入のみですが、機会があれば観て下さい。(S)

映画 『二十四の瞳』を紹介

『二十四の瞳』(松下奈緒主演・2013年版)

n0062_03_01b 安倍の70年談話や安保法案など物騒な雰囲気ですが、戦後70年ということで『二十四の瞳』を紹介します。
原作は坪井栄。作者の故郷・小豆島が舞台と思われます。1928年から敗戦翌年までの18年間が描かれ、新任女性教師・大石先生の赴任から始まる。12人の教え子たちはみな大石先生を慕い、彼女もまた「この子たちの美しい瞳をにごしてよいものか」と願う。しかし戦争の波は否応なく子どもたち運命を翻ほんろう弄する。戦地へ赴く教え子に「名誉の戦死などするな、必ず生きて帰れ」。声をひそめて伝える大石先生。

大石先生は敗戦後、再び教壇に復帰する。ラストは教え子たちとの再会シーン。12人の教え子は7人に。貧しく遊郭()ゆうかくに売られた者、消息を絶った者、病死した者、戦死した者、戦場で失明した者……大人になった彼らは、大石先生を囲み、小学1年のあの日一緒に撮った写真を見る。

心の奥にズシリと来る。この映画が反戦映画か否かなんて議論もあるが、どうでも解釈できる。大石先生自身は戦時教育を厭いとい教師を辞した。しかし教え子の多くが戦争で傷つき死んだ。個人の生き方や良心を超えた問題にも思える。
小林秀夫は「この戦争は一部の人たちの無智と野心とから起こったか、それさえなければ、起こらなかったか。どうも僕にはそんなおめでたい歴史観は持てない。僕は歴史の必然性というものをもっと恐ろしいものと考えている」と言った。
確かに資本主義には戦争を引き起こす歴史の必然性がある。しかし、これを覆す力もまたある、と私は思う。〝運命〟や〝歴史の必然性〟に立ち向かうことが労働運動に求められているように思う。

ちば合同労組ニュース 第62号(2015年9月1日発行)より

映画紹介 『信さん・炭坑町のセレナーデ』

映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』

n0061_03_02a『信さん・炭坑町のセレナーデ』という映画を観た。福岡の炭坑町が舞台で昭和38年(1963年)から8年間を描く。『フラガール』九州版といった感じでもあるが、ちょっと辛口な映画だ。

主人公はマモルという東京から福岡の炭坑町にやってきた小学生。母の故郷に2人で戻ってきた。襟付きの服を着て坊主頭でないマモルはいかにも東京の子で学校で浮く。そんなマモルがいじめられているのを信さんが助けてくれる。
信さんは早くに両親をなくし、炭坑で働く叔父夫婦に引き取られ、いつも疎まれ厄介者の扱いを受けていた。そんな信さんにやさしく接するマモルの母・美智代。この事件をきっかけに信さんはマモルの母に恋をする。

信さんの淡い恋や在日朝鮮人のリー・ヨンナムとの友情、信さんの妹・美代……しかし炭坑では指名解雇をきっかけに住民の対立が始まっていた。労働者の闘いを暴力団や警察が押しつぶす。これは三井三池争議がモデルで実際に跡地でロケもしている。映画ではスト破りにヨンナムの父親の姿があり、労働者たちがショックを受けるシーンもある。

『フラガール』はハワイアンセンターの成功物語に仕上げられていたが、この映画はちょっと違う感じだ。友情や家族愛の描き方もテンションが違う。ハワイアンセンターもできないし、炭塵爆発事故で信さんは死ぬ。最後はマモル母子も就職を機に炭坑町を離れる。寂しさが漂う映画ではある。
しかし炭坑町の人びとに対する眼差しは、『フラガール』よりも共感した。原作もあるので一度読んでみようか。(S)

ちば合同労組ニュース 第61号 (2015年8月1日発行)より

映画紹介–『ノーマ・レイ』

映画紹介『ノーマ・レイ』

n0059_03_02a

保守的なアメリカ南部のとある町の紡績工場で働くノーマ・レイ(サリー・フィールド)。高校を出てすぐに結婚するも夫を酒場の喧嘩で亡くしたシングルマザー。両親も同じ紡績工場で働いている。この工場には組合もなく労働者は酷使され搾取されるまま。年老いた両親は疲れきっていた。

ある日、この町にニューヨークからルーベンという男がやって来た。全米縫製繊維産業労働組合からこの町の工場に労働組合を組織するために派遣されて来たのだ。
ルーベンは、毎朝出勤して来る労働者にビラを配布しながら彼らが工場から不当な待遇を受けていることを知らせて組合に勧誘した。ルーベンと親しくなったノーマも労働者としての意識が目覚めていく。そして父の死……
ノーマに恋人ができたり、組織化がうまくいかず口論になったり、ノーマとルーベンは信頼関係を強めていく。

終盤、ノーマが「UNION」と手書きしたボードを掲げて立ち上がり、延々と続く機械音の中、1人ずつ労働者が機械を止めていくシーンは感動的です。
労働組合を結成するには職場投票で過半数が必要とされるアメリカの事情はありますが、労働組合の組織化と労働者の人間的成長を描いた良い映画だと思います。

ちば合同労組ニュース 第59号(2015年6月1日発行)より

1 2 3 4